« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »

2004/07/31

五輪代表壮行試合。

スタジアム観戦しようかHUB観戦でお茶を濁そうがギリギリまで悩んだのだけど、結局HUB観戦で。青木がいない五輪代表なんて・・・。ってわけではないのだけれども。
FWが全員点を入れて文字通りの「壮行」試合になってよかったなと思いました。FWの選手たちにはいい自信がついたのではないかと思いました。ソガも無難にこなしててっていうか、あんま仕事なかったけど、よかったかな。アテネでも頑張ってください。やばかったなぁと思ったのが、ナオ。このままだと本番で出番ないよーっていう。頑張れなお。
今野が無事に復活しててよかったです。そんな感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/30

ジェフ-レアル戦。

テレビでやってたので見てみました。
フジテレビのあのCG技術はなんなんだ???ピッチの上にいろんなものを表示してたけど、あれってリアルで表示してたんじゃなくてCGだよね?現地であれが見れたならそれはそれで感動だけど。んでもって、あまりにもあんまりなジェフの扱いに失笑。思わずジェフに肩入れしてみてしまったではないですか!といいつつ、ラウールのゴールも心待ちにはしていたのだけど。それにしても贅沢だよなぁ。ラウールとモリエンテスとロナウドでスタメン争いって。中盤にしたって、といまさらながらレアルのスター集め度に感心してしまったよ。それでも無冠になるのがサッカーなんだけども。
ああいうプレマッチって観客よりも出てる選手が楽しんでるような印象を受けました。楽しいだろうなぁ、テレビでしか見ないようなスター選手と一緒にサッカーできるなんて。そう考えると中国でサブ組として試合にもほとんど出れないでいる選手なんかは、プレシーズンマッチに出してあげたいよなぁと思うわけです。その裏には、もうちょっと選手交代しようよーというジーコへのメッセージも含まれているわけですが。
それにしても日本で行われた試合なのに、かなりな数の日本人がレアルのユニフォームを着てレアルを応援してることに、わかってはいても改めてびっくりしました。ジェフを応援しろとは思わないのだけれども、中立に海外の名門クラブと日本のクラブが戦うのを楽しんでる人の数が予想外に少ないなぁと思ったというべきか。まあ、レアルだからなおさらなんだろうけども。つーか、ゴール裏のジェフサポ少ないし。ってジェフはあれがデフォルトか。来月頭の鹿島のバルサ戦とバレンシア戦はどんなことになるのかしら?んでもって何が悲しいってゴール裏の報道カメラマンの数で。レアル陣地側は常に無人に近かったような・・・。まあこれが現実だ。サッカーダイジェストよりもワールドサッカーダイジェストのほうが部数が多い現実。まあ、週刊と隔週刊の違いはあるけどさ。
そういえば、ジェフのサッカーを久しぶりに見たんですけど、若手が生き生きしてて良いですね。隣の芝生は青く見えるわけですけど、数年後、や2,3年後のジェフはかなり凄いことになってそうな予感がしました。まあ、鹿島も負けないけどな。
その鹿島の若手増田誓志といえば、今週のサッカーダイジェストでのインタビュー記事なんですけれども、ミツオさんミツオさんの連呼に笑いました。そこまで慕われてるミツオさんはどんな気持ちなんだろう?んでもって、私の記憶が正しければ、確か増田はイヤーブックかフリークスかで「小笠原さんや青木さんの動きに注目してみています。」といった発言をしてたはずなんだけれども、このインタビューの中で、青木という文字は一文字も出てきませんでした。青木さんにはもう興味がないですか、そうですか。頑張れ青木!頑張ってください青木剛!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/29

アジア杯イラン戦。

いろいろ思うことの沢山ある試合でした。まあ1位通過が必須だったことを考えたらしょうがないのかな。それでもやっぱり敢えて言うならば、ジーコには交代枠を使い切って欲しかったな、と。拮抗した状態での選手交代が難しいことは百も承知ですけど。次の試合までに中2日しかない状態で主力の体力温存ができなかったことがこの先どう影響するか?ってのがね、気になるわけだ。後半になってから速攻されまくってたのってDF陣の足が止まってたからってところにも原因があっただろうし(一番の原因はボールを奪われる中盤にあったんだと思うけど)。
なんて良識的なことをいいつつ、やっぱり一番イライラしたのが中村俊輔とアレックスなわけで。あの2人のサッカーが好きではないみたいです。や、中村俊輔に関しては脱帽せざる得ない凄さを持っていることは認めているのだけども、1分の輝きのために残りを全部我慢しないといけないのがイヤなんだよな。強いサッカーが見たいけど、それと同じくらい見てて楽しいサッカーが見たいです。
昨日の本山さんは与えられた仕事をきっちりとこなしてたという印象。強引にでもシュート打って欲しかったけど、それ以外はまあよかったんではないでしょうか。それでもやっぱり、そろそろ本山雅志の代表初ゴールが見たい!のだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/28

とりあえず。

バロン来たー!と、
うちのパソコン(のネットワーク)治ったー!とだけ言っておきます。
過度の期待は禁物。だけど、期待してしまうのがサポの宿命。宿命は素直に受け入れるがよろし。
今から外出&そのままどっかでサッカー観戦。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マジっすか?

バロン鹿島入りのニュースが報知のほうから聞こえてきましたが。昇格争い真っ只中の甲府からエースストライカーが来るんですか?甲府は施設面などでJ1昇格の条件を満たしてないという話を聞いたことがありますが(実際はどうなのか?までは調べてないからわからんけど)、そのあたりとは無関係なのかな?

っていうか、今年一度バロンを見ているんですけども、ほとんど印象に残ってない=全然怖くなかった!という事実はとっても大事な気がするのです。あの日、川崎は結構ヘロヘロだった気がするのだけど、脅威になってなかったもんな。記憶に残ってない、ともいうのだけど。故に、手放しで喜べない現状。でも、選手ってのは調子はもちろんだけど周りとの相性ってのもあるしな、どうなるのか?は正式に入団が決まってプレイを見てからでもおそくないわけで。もごもごもご。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/27

早く2ndステージ始まらないかなぁ。

昨日は、アジア杯のタイ戦のビデオを見るつもりが、気がついたら1stステージのFC東京戦を見てしまいました。そして、ほぼフルメンバーが揃ってる状態の鹿島(新井場がOMFだったけど)にドキドキ。人が揃ってるって素晴らしい!小笠原がちょこっと本山にボールを預けて、それを受けた本山が狙い澄ましてスルーパス出してそれに、ん?誰があわせるんだ?な鹿島が好きみたいです。
んでもって、ファビオジュニオールが懐かしくなってしまいました。この人一点目さえしっかり決まればあとは笑っちゃうくらいゴールを決めてくれると思うんだけどなぁ。4月に練習見学に行ったときに見たファビオの強烈なシュートが未だに忘れられないだけなのかもしれないけど。とにかく早期の復活を心から祈るのでした。そして、彼が復帰した暁には、ん?FWのスタメン誰だ?

そのあと勢いづいて横浜FM戦も見始めたわけなんですが。ぼんやりと見ながら、なんで私は横浜サポじゃないんだろう?と改めて考えてみたり。スタジアムに行くのに家を出てから40分もあれば自分の席につけるのに!なんてね。でもやっぱ、あんな見づらいスタジアムだったら毎試合見に行きたい!と思わないだろうし(三ツ沢開催の試合に集中して通いそうな予感)、まあでもやっぱなによりも、仮免スタートくらいの気持ちで見始めたはずの鹿島の魅力にメロメロになってしまったことが全てなんだと思います。鹿島の魅力を知る前に横浜をしっかり見ていたら、今私が青木ブームになってるのと同じように隼磨ブームになってたかもしれないし、と思ったけどやっぱそれはないな。青木は青木だから応援したくなるんだな。やっぱ全ては偶然のような必然だったんですかね。
一方の川崎は?といえば、川崎も魅力的なクラブだし試合見てて面白いと思うのだけれども、鹿島には勝てないんだよな。2番目に好きなクラブであることは間違いないのだけど。そしてJ1昇格を心から願っていることには間違いないのだけど。サポーターの応援の雰囲気も大好きなんだけど。鹿島にはないアットホームさとかさ。あとはやっぱ地元意識ってのも若干あるのかもだけど。川崎市民歴は5年しかないんだけどね。でもって横浜市民歴が4年半になったんだけども。茨城県民歴は0年だ。

話は戻って神戸戦。前半、名良橋のユニフォームが派手に破けてた気がしたのですが、気のせいでしょうか?今年のユニって破けやすいのかなぁ?小笠原が前に破けたときは背番号が見えなくなって着替えを余儀なくされていたけども。んでもって、夏になるとあのユニの下に何も着てない選手が現れることに微妙に衝撃を受けたりして。透けてますよー。ま別にいいんだけど。とりとめがなくなってきたので、今日はここまで。明日はアジア杯イラン戦です。楽しみー。といいつつ、リアルタイムで見れるかちと心配でもあったり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/26

アジア杯と五輪代表

24日にカシマサッカースタジアムに行ったということは、つまりはその日に放送があった日本代表のアジア杯タイ戦をリアルタイムで見れなかった私です。とうとう本山<青木、じゃなかった本山さん個人<鹿島になってしまったんでしょうか?私の中は。まあ実際のところはといえば、ちょっと油断していたというのもあるのですが。本山投入はどうせ後半の30分くらいだろ?と甘くみていただけという。で、そんくらいには余裕で家につくだろう、と。が、土曜日の夜の首都高は工事渋滞でレインボーブリッジを渡るのに予想外の時間がかかり、そのあとも何度か工事に出会ってそのたびに時間をロス。結局、リアルタイムでみれたのは最後の10分だけでした。うわーん。渋滞に嵌ってるときに、味スタ組(=家でアジア杯観戦組)から「本山出てきたよ!」とメールを貰ったときのショックといったら、もう!いつもなら大喜びなタイミングなのに、今日ばかりは、「はやすぎ!!!」みたいな。本山さん、結果は出せなかったけどそれなりに役には立ってたようでよかったです。実はまだビデオも見てないのでコメント不能なだけなんですが。
で、昨日25日は、五輪代表の壮行試合オーストラリア代表戦。ぐだぐだでしたね。もう攻撃陣は、平山大久保田中の3人で固定していいよ。なんて。あーでも、平山はいつのまにか首からなんかぶらさげるようになったくせに、相変わらずファウルが多くてちょっとイライラ。もうちょっとファウル癖を治して欲しいなぁ。彼のファウル癖が直ればもっともっとチャンスは大きくなるはずなのにな。あと昨日の試合は、ナオがダメダメだった印象。現状を考えるにナオはこのチームでは流れを変えるスーパーサブの役割を担ってるわけなのだから、開き直ってその役割に徹して欲しいのだな。頑張れナオ。DF陣もダメでしたね。柏の3バックに負けてるよ?みたいな。あの輝いてた五輪代表はどこにいってしまったのかしら?国内での壮行試合はあと1試合のみ。一刻も早く輝きを取り戻して欲しいと思ったのでした。じゃないとみる気なくなるからさー。

さて、話は変わって、朝のJ-WAVEですが。今週のCMメッセージに登場したのは、茂庭と田中達也でした。2人が無事であることを祈るばかりです。っていうか、茂庭面白すぎです。あんなの朝から聴かされるとびびりますって。テンションが一人だけ真夜中というかなんというか。無理やり文字にするならば、
「おはようございます!!!!!!!!FC東京の茂庭照幸でっす!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」って感じ。来週は誰かなぁ?A代表組だと隆行、中田浩二、土肥あたりがまだ登場してない?五輪組だと、青木亡き今、あ、ソガがいるじゃん!あとは徳永か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/25

深井ディ。

早起きをしてポンキッキーズ21を見ました。お目当てはじゃかじゃかじゃんけん。登場したのは鹿島アントラーズのちびっ子深井正樹でした。なんというか、中途半端だったなぁ。微妙に投げやりだけど、微妙に照れがあって、それでいて面白さがちと足りないというか。でもきっとそれは普通のサッカー選手がやった場合の普通の姿なんだとも思いました。野澤が面白すぎるわけで、ナオがかわいすぎるだけなんだ、と。と考えるとやはり前週の谷澤を見逃してしまったのはかなり痛いミスだったなぁと思うわけで。totoのCMだけであれだけ笑わせてくれる谷澤が1分間もテレビに出てたら、ねぇ。見たかったなぁ。

で、メインイベントはといえば、カシマサッカースタジアムでのナビスコ杯予選、鹿島アントラーズVSヴィッセル神戸なわけで、今日も車で出撃してきました。今日は、テレビの生中継の放送席に程近い席(=つまり一番高価な席&出場しない選手に近い席)でまったり観戦だったのですが、さすが一番いい席だけあって、試合がよく見えました。サポシで見るのとは全然違うのね。2ndステージは全部サポシの予定だけど、カードを選んでまた高価な席に繰り出そうかなぁとちょっと思いました。

で、試合の感想。
前半はかなりいやな予感の漂う展開でした。開始早々の平瀬のオフサイドに最初のイヤな予感を覚えたわけで。ポゼッションは勝っているのだけど、一旦ボールを失うと神戸の速攻に追いつけてなくて、いつ播戸や小島にやられてもおかしくない状況。特に名良橋&本田のお年寄り組が速攻のたびに戻り遅れてて、見ててちょっとイライラ。増田が最終ラインまで下がって守備してる姿を何度も見かけました(あれだけ走らされてなお攻撃にも果敢に絡んでいく増田は偉い!と思ったよ)。で、結果、上がりっぱなしになりがちな名良橋の反動で新井場が下がり目にいることが多く。まあ何度か左からもいい攻撃してたけどね。で、いい形は作れても点を入れられないでいるとあっさり相手の速攻にやられてしまうのが鹿島という印象があるのでねぇ。このままだとやばいなぁと。
が、良く見ると、明るい兆しも。今日は平瀬がいつもと違っていた!1トップ気味だったというのが大きいのかもしれないのだけれども、出来る限り我慢して真ん中に居座ってたのでした。平瀬が平瀬じゃなくなってる!みたいな。で、ソガのフィードが異様な成功率をみせて、的になった平瀬に当たりまくり。的自体の精度は所詮は平瀬なので所謂セカンドボールが味方にちゃんとわたってるか?といえば、それは結構微妙だったんですけども。でもこの形が最後までしっかり持てばみんなの足が止まりだしたときに絶好機は必ず来るはずだわ、と期待させてくれる絵ではありました。あとはチャンスをしっかり得点に結びつける決定力さえあれば・・・。ここまでが現地での前半の感想。
家に帰ってテレビの放送を見直してみたら、現地で感じたほどヤバイ雰囲気もなく、むしろチャンスを一杯作ってたように見えたのだけど、その裏にはフジテレビのカメラが速攻においてかれてるという事実もあったはず。ほんと、播戸と小島は怖かったって。まあ、もう一人怖かったレアンドロンが負傷退場(鶴)して変わりに出てきたのがキングだったのが幸いだった、かな。んでもって、カンジョが控えだったのも。前半レアンドロンが元気なときにカンジョもいたらもっと怖かっただろうなぁ。。。

そして、後半。前半気になってた名良橋の上がりっぱなし状態が解除されて、両サイドのバランスがよくなっていました。本田も前半より引き気味で守備にも参加し始めたので前の4人にかかる守備の負担が減ったような印象。そして守備の負担が減った分、攻撃へのパワーが増大。凄くいい形になっていました。ハーフタイムにセレーゾはいったいどんな指示をしたんだろう?と気になったのだけれども、たいした指示はしてなかったようですね。うーん、謎。
で、こっからは怒涛の攻め。素晴らしかったです。気持ちよかったです。欲を言えば増田にも点が欲しかったけど。とはいえ、1点目の増田のヒールパスはお見事でした。アイスランド戦で同じようなヒールパスを出しながら、FWの某さんに決めてもらえなかった本山さんのことを思い出したよ。深井はしっかり決めて偉いぞ!その直後の増田のダイレクトボレーはほんと惜しかったなぁ。あ、そうそう、それより前、野沢がペナで倒されてPK貰えなかったとき(あれはどう見てもPKだよなぁ。)、テレビには映ってなかったけど、凄い勢いで副審に抗議してる増田に男を見ました。あ、あとピッチ上で何度も小島とやり合ってる姿にもびっくり。小島に何か個人的恨みでもあるんかな?ってくらいしつこく小島につかっかっていく増田。本山さんの先輩だからですか?なんて。
終わってみれば、鹿島の快勝で決勝リーグ進出決定。よかったよかった。
でも。前半無失点で終われたのは、相手が神戸だったからというのもまた事実なわけで、修正すべきところはまだまだ沢山あるよなとも思った試合でした。新井場の神セーブは凄かったけど、あれきっかけを作ったのが新井場のクリアミスだからな(笑)。と、青木の話を書いてないじゃないか!青木はですね、深井の代わりに入ったんだっけか?20分くらいピッチの上にいたはずなんだけど、どこの位置でどんな仕事を指示されて入ってきたのかが全然わかりませんでした。ボールのタッチ回数も途中から入った割にあまり多くないし。フレッシュなんだから走り回れや!と思ったり。一度だけセンターラインから長めの距離をドリブルで運んでいったけど、あれしか見せ場がなかったなぁ。頑張れ青木!お願いだから頑張ってください!

野沢と増田についてもうちょっと。一般的なイメージだと本山のバックアップが野沢で小笠原のバックアップが増田なんだと勝手に思い込んでいたのだけど、この日の動きを見る限り逆なんだなぁと思いました。というと語弊があるかな。んと、増田は本山が常に求められてるであろうスペースへのフリーランがしっかり出来る子だし、パスを受けたら簡単にワンタッチで返してさらに上がっていく姿に本山を見たし、本山が怒られてる守備さぼりを増田はしっかりこなしてた!(というと本山さんに悪いので言い直すと、この前のオマーン戦で見せた本山さんの守備と同じような守備を増田はしていた!にしておきます。)ついでにこれは受け継がなくていいんだけど、審判への抗議と当たりに負けて倒れてしまう体も(笑)。小笠原さんが目標です!と公言してはばからない増田なのに、今はその小笠原さんに近づくことよりも小笠原さんと一緒にプレイすることに目が向いてるのかなぁ?一方の野沢はゴールへの執念だったりボールのキープ力だったりは本山というより小笠原だなぁと。テクニックに走りすぎてボールを奪われる癖が無くなったら野沢はいい選手になると思いますよ。現状野沢には、中村俊輔や京都の松井に感じるイライラをね、まだ感じてしまうわけなんだけれども、このイライラがなくなったとき、野沢は凄い選手になってるよ、きっと。

あ、MVPの深井もよくやってたと思います!あれだけの動きがいつも出来るなら、大久保や田中達也に劣ってないよ!そんな感じ。んでもって、思ったのが、前線に2人走り回る選手が出てくると鹿島は輝くのかもしれないってこと。FWの一人が鈴木になるならば、もう一人は深井や中島がいいなぁと思ったし、OMFは本山が出れないときは、野沢よりも増田のほうが面白いんじゃないかなぁと思ったし、逆の場合は、増田より野沢のほうがいいなぁと思いました。本山がFWに入る場合のOMFは、小笠原と深井か増田で!みたいな、ね。セレーゾは身長のバランスでFWの二人を選んでる印象があるけど、でもって確かにポスト役は大事なんだけど、それだけじゃないぞと思ったのでした。2ndに向けての補強が隆行一人と聞いて軽く凹んでいたのだけど、ちょっとだけ明るい光が差してきたような気がした試合でした。

あとは青木が覚醒するのみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/24

一安心。

今野の怪我が大事ではなさそうなので、一安心です。
が、坪井の件があるのでまだ油断は禁物なのだけれども。今野が無事にアテネにいけますように!
中国の奥地に出張中のA代表の皆様は元気に日々を過ごしているようでよかったです。が、現地の反日感情はかなりなもののようなので、このまま何事もなく北京に移動できることを心から祈っております。つーか、このままだと中国が嫌いになりそうだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/23

下のを書いてから。

今野離脱のニュースを見ました。ううううう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J-WAVEの呪い!?ジョンカビラの呪い!?

毎朝、J-WAVEでやってるJ-WAVE GOOD MORNING TOKYOという番組の中のJ・LEAGUE From The Pitchというコーナーを聴きながら出勤するのが習慣になっているんですけれど、このコーナーの終わりに流れるJリーグのCMに恐ろしい法則が発令中なのです。先週元気な声でCMに出演していたのが、浦和の坪井、今週元気な声で出演しているのが、FC東京の今野。来週は誰が登場するのでしょうか?ガクガクブルブルです。本当は、朝から本山や小笠原の声が聞ける番組ってことで楽しみにしているんですけど、2人続くと次は?と考えてしまうのでした。

その今野ですけど、骨には異常がなかったようで、とりあえず一安心。とはいえ、筋肉は痛んでるようなので、五輪に間に合うのか?はまだわからない状況なのがとっても不安でもあります。もう今野無しの五輪代表なんて考えられないっちゅーの!しかも、青木も啓太も五輪代表にはいないっちゅーの。心配です。

さてと、明日はナビスコ杯なわけですが。今季初めてナビスコ杯見に行きます。今年の頭には考えられなかった決断です。半年前の私だったら迷わずナビスコ欠席&代表戦をHUB観戦ってコースを選んでたと思うもの。出動する車にはカーナビもテレビもついていないので、ナビスコ杯に行くと飛ばして帰ってきても代表戦が半分くらい見れない予感がするわけで、それでもカシマに行こうとしてる自分が可笑しいです。もうそろそろ代表厨の看板を下ろすときなんですかね。そういえば、先日友達をサッカーに誘ったら(8月の自分の予定を伝えた、とも言う)、「すっかり代表厨からJリーグ厨ですね。」というお返事をいただきましたよ。代表をもっと楽しむために見始めたJのはずなのに、ミイラ取りがミイラになったという典型ですね。ゴル裏で青木のユニ着て野次飛ばしてる人がいたらそれは私です。って嘘ですけど。(^-^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/22

U-23代表韓国戦

この世代4度目の日韓戦(韓日戦?)ということで、わくわくしながらテレビ観戦しました。俺たちの青木はいないけど(泣)。青木ー!!!頑張れ青木ー!!!最近すっかり青木マニアです。
結果は0-0だったけれども、去年の7月に国立で見た同じカードに比べると日本は良くなってるなぁとは思いました。思ったけれども、このままじゃオリンピックやばいぞとも思わざる得ない内容でしたね。それでも、前日に見たA代表よりはストレスを感じなかったけど。っていうかだな、今ちゃん!怪我は大丈夫なんでしょうか?五輪絶望とかそんなことないですよね?あなたがいなかったらメダルはおろか予選敗退確実になってしまいますよ。鶴鶴鶴。今日帰国して検査しないと結果がわからないとのことなんだけれども、心配で心配でもう!なんつーかもうほんと、このチームには思い入れがあって、それは頼りなさからくるものだったりいろいろなんだけれども、過去の五輪代表チームに対して一度も抱いたことの無いような感情がいっぱいあって、そのチーム最後の大会としてこのオリンピック本選はねぇ、万全の体制で望んで欲しかったのだけれども。頑張れ今野!

試合のほうはですね、DFは後半途中まではよかったと思います。中盤で奪われてもそのあとの戻り&位置取りが素晴らしかったおかげで相手を自由にさせてなかったというか。ただ、最後のほうは暑さからか足が止まってやばい場面も見受けられましたが。ちょっとした出足の違いや最後の一歩が出るか出ないかでここまで違ってくるんだなぁと痛感。あと、A代表と比べて積極的にタックルに行ってるのを見て、あーこれがサッカーだよなーと思いました。前日のオマーン戦で感じた違和感ってぶつからないでじりじり下がって守る一方だったところにあったのかなと。んで、積極的なタックルの裏にはタックルを仕掛ける選手に対するフォローってのが重要になってくると思うのだけれども、それが(足が止まりだすまでは)しっかり出来てるチームだなぁと思いました。韓国の速攻がちょっと出遅れるとしっかりペナに5人のDFが戻って守ってる姿がねぇ、イイ!と思ったのでした。それでいて、3人のFWが常にチャンスを狙っているから引きすぎっていう印象も受けないっつーの?昨日のようなフォーメ&守備だとボランチと攻撃陣の間に距離が出来てしまいがちだと思うのだけれども全然そんなことなかったのがいいなぁと。とまあベタ誉めしちゃいましたけど、点が入らないのはいくないわけで。点が入らないと負けないけど勝てないのだよ。勝たないとメダルはないのだよ。頑張ってください。大久保さん田中さん。

日韓戦だったこともあってか試合中熱くなってる選手の姿を見受けたんですけれども、特に田中マルクス闘莉王さん!そこで熱くならずにプレイで熱くなりましょうよ。んでもって、大久保さんは審判に無駄に絡みすぎじゃないですかね?本山さんじゃないんだから。そんなことを思いました。んでもって熱くなった選手をクールダウンさせる役割を果たせる選手は今回の場合はキャプテンマークつけてた那須なのかな?って今気がついたのだけれども、茂庭、闘莉王、ソガって熱くなりやすいやばめの人ばっかりなのね、那須の周りって。大変だー。

話が前後してしまうけど、試合の感想の続き。阿部ちゃんがまだいまいちチームになじみ切れてないような印象を受けたのですが、どうなんでしょう?ってこのチームにかなり長いこといるはずなのにね。おかしいなぁ。下手糞だけど必死にボールを追い掛け回すチームという印象が最終予選で染み付いてしまってそれがまだ抜けてないからそう見えるだけなのかな。彼はクレバーなタイプですからねぇ。んでもって、啓太のことを考えたら、彼は信頼性の高い動きをしないと見てるほうは納得できないわけで、だけど昨日は結構インターセプトされたりもしてて、パスミスもあったしまだまだ不安定な印象。動きの少ない啓太でした。頑張らないと本当に小野にスタメン奪われますよ。

あといけてないなぁと思ったのが、松井。あの時間にあの位置で入ってやるべきことが全然出来てなかった印象。このチームはトップ下が機能しないのではなくて、トップ下というポジションそのものが不要なチームなのか?とも思いましたが。そのあたり見極めるために小野がトップ下に入った布陣を見てみたいのだけれども、小野の合流が遅れるようで残念です。まあでも練習時間はあるから本番で見れるかも?

逆に頑張ってるじゃんという印象を受けたのが石川直宏。守備の徳永、攻撃の石川というイメージが強いのだけれども、守備がよくなってる印象を受けました。その分攻撃では見せ場をつくれなかったけど、ドリブルで右サイドをかけあがる姿はあいかわらずのナオでした。徳永と石川2人を見ててそれぞれに対してまだ足りないなぁと思う面はいろいろあるのだけれども、この2人がいると加地さんが干されてしまうのも仕方ないのかなぁとも思いました。だからといって、五輪後ナオが即A代表のスタメン!とは全然思ってないんだけど。

まあとにかく目下の課題は決定力ですね。週末の試合ではFW陣がばしばしと点を取る姿が見てみたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/21

アジア杯初戦。

定時ダッシュしておうちでのんびり観戦しました。のんびりといいつつ、気がつけばかなり興奮しながら見てたような・・・。皮肉なことにここ2試合生観戦した代表戦よりも集中して試合を見ている私がいました。結局のところ、私がMなのかもしれません。圧勝モードよりも、いつやられてもおかしくないギリギリのところで闘う姿に萌えてしまうというか。所謂、手に汗握るという状況が好きなのですね。や、違うなぁ。文句の付け所満載な状況が好きなだけか。だから、客離れが目立つと言われてる今の鹿島の状況にも何の違和感も覚えず溶け込んでしまったのですかね?なんてことはおいといて試合の話。

90分イライラしっぱなしの試合でした。前半なんて日本から見て右サイド、オマーンから見て左サイドでしか試合してないのな。テレビでいうと手前半分でしかサッカーしてないの。暑さ対策の省エネサッカー?それならますますサイドを有効的に利用して人ではなくボールが動くサッカーをすべきだろ?っていう。

日本ボールを奪う →
アレックスへのマークがきつい →
加地のマーク相手が攻撃的選手だったためアレックスに比べると加地のほうがマークが緩い →
じゃあとりあえず加地にボール預けるべ →
加地のマークは攻撃的選手。加地がボールを奪われるとオマーンの速攻開始

これの繰り返しという印象。セルジオ越後が加地のこと責めてたけど、加地だけが悪いわけじゃないだろうと思ったのでした。加地に負荷をかけすぎたアレックスにも同じくらいの罪はあるよ。そしてサイドチェンジをろくにできないMF陣にも。といいつつ、やっぱ両サイド首!首!首!つーかさ、中盤にいい選手がいっぱいいるんだから(ベンチにも)、3バックにしてこの2人を競争無きスタメンにしとくこと自体に問題があると思いました。はっきりいって、昨日の試合だけで言うなら、新井場&うっちーのほうが全然いいよ?なんてな。

そして、理解不能だったのが中村俊輔の動き。あ、その前にゴールだけは誉めておかないと。あれは、まさに中村俊輔らしい素晴らしいゴールだと思いました。拍手。が、それ以外はほんとクソ。ボールキープできないわ、FWにいい球だせないわ、って言うかその前に位置取りが謎なときがかなり多いわで、一言でいうなら役立たず。あれでMOMもらえるんだからいいよなって感じ。私は組織的な攻撃サッカーが好きなのだ。せっかく欧州組がほとんどいないんだからさ、3バックやるなら、左藤田、右西にして、トップ下に小笠原を置いて、小笠原は名波になれるか?とか見てみたいなぁ。でも、中国は暑いのでした。小笠原さんは無事なんでしょうか?

一番笑ったのが、FW西の登場。ジーコがマジだったということを知りました。つーかだな、柳沢が同行しない時点で誰でも言いからJのFW召集しとこうよ。大黒でも我那覇でもなんなら西澤でもいいからさ。FW登録されてる本山ですら本職じゃないのに西投入で、実質0トップだもんな。あり得ない。あ、鹿島ではあり得る世界だけど。
と思ったのだけど、本山が玉田のバックアップ、西が鈴木のバックアップと考えるならば、実は後者のほうがプレイゾーンが被るという事実にも気がついてしまったのでした。それはもちろん鈴木がサイドに(略)。
そういえば、昨日の鈴木は倒れまくりで笑えましたね。女優が見てる前で俳優の本領発揮ってところですかね?そして、後半25分〜40分までの15分間は女優と俳優の2トップですよ!あり得ない。しかしファビオの調子如何では2ndで見ることになるかもしれない風景でもあるのだけど。ふぅ。

次、ボランチ陣。福西と遠藤って相性どうなの?どうなの?というのがここ数試合の感想。Wボランチってタイプの違う二人が入ったほうが機能するような印象を最近よくうけるのだけれども、この2人はなんか被るのだよな。片方がコントローラ的役割をするなら片方は汗かき屋のほうがいいわけで、ぼそぼそぼそ。中田浩二さんも山田卓也さんも帯同してるわけですし、ここはこの2人にこだわらないで別の組み合わせも試してはどうですかねぇ?

川口は素晴らしかったと思います。あれがこの大会中ずっと維持できればいいのだけれども。それが心配。
3バックはうーん、なんかチームワークっつーか意思疎通っつーかそういうのが足りない印象を受けました。中澤を活かしたいなら、松田の起用も考えて欲しいのだな。右にマコが入っていたけど、マコはここが本職じゃないわけで、んでもってベンチにいる茶野はここが本職なわけで、ごにょごにょごにょ。あー、別にJでやってるポジションがすべてだって思ってるわけじゃないんだけれども、「不慣れなポジションで」っていう枕詞が出てくるのがむかつくだけなんだけどさ。別にトルシエ信者じゃないけど、トルシエんときはそんなこと言わせなかったよね、っていう。

最後に本山。ドリブルで突破したあとのシュート、決めて欲しかったです。その前のボレーもなんだけども。ここんところ公式戦でゴールが無い本山の姿が見えてしまいました。多分今年のJ開幕直後の本山なら入れてただろうなぁ。FWとして出場しての無得点状態も絶賛継続中なわけで、うーん。頑張ってください。最終ラインで守備をしてセルジオにびっくりされてたけど、そのあと同じような位置で不用意なファウルをしてしまうあたりも本山だなぁなんて。ハンガリー戦でさささと2得点への足がかりを作っておきながら、最後の失点の遠因を作ってしまった本山雅志です。でも、加地へのロングパスと西へのスルーパスはさすが本山雅志といった感じでした。試合に出れるだけでも幸せなんだってことは重々承知してるのだけれども、それでもやっぱり本山はFWではなくてOMFで見たい!と思ってしまうのは、本山オタのエゴなんでしょうか?

次はタイ戦でしたっけ?本山雅志のゴールが見たい!なぁ。青いユニフォームで、WYやシドニー予選のときのような素晴らしいゴールをもう一度!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/20

夏休みサンクスフェア

昨日から鹿島アントラーズは、「夏休みサンクスフェア」ってことで連日選手のサイン会&握手会(ってオフィシャルには書いてあったけど、握手はかなり積極的にいかないとしてもらえない雰囲気だった気が)。初日は、増田誓志&田中康平のルーキーコンビ。どんくらい人が集まるんだろう?って見当が全然つかなかったんで、早朝に家を出発しようと企てていたのですが、車の運転手の派手な寝坊により普通に朝出発になってしまいました。しょぼーん。それでも、行ってみたらまだ間に合うくらいの列の長さだったので、とりあえず列に並んでみました。

10時にショップが開店してそれから順に商品を1000円以上購入して整理券を貰ったんですけども、自分が買えたのが10時半近くでそのあと10時50分くらいには整列しろって整理券に書いてあったので、練習見学をする時間が15分くらいしかありませんでした。しょぼーん。せめて列が鹿ガーデン側にあれば、練習をしているグラウンドは逆側だけど遠目にでも練習見れるのになーと思いつつ、日当たりの問題とかもあるしと勝手に納得(10時50分からの列は鹿ガーデン側でしたが)。んでも、遠路遥々鹿島まで来てひたすら並ぶだけというのはちょっとなぁと思ったのも事実で。何時間も並ぶくらいなら、サイン会は諦めて練習見学をたっぷりしたほうが楽しいなぁと思いました。なので、この夏にあと1,2度は練習見学に行きそうな予感がするのですが、よほどの人(小笠原とか小笠原とか小笠原)が担当じゃない限りは、列はスルーして練習見学を優先させようと思ったのでした。

サイン会は11時からの予定だったのですが、練習が長引いて、さらに康平が居残り練習に参加してたせいで実際に始まったのは12時近かったような。しかも10時50分に来て整列する必要は全然なくて整理番号は関係なく並んだ順にサインが貰える仕組みだったので、ギリギリまで練習見てればよかったなーと後悔。まあこのあたり、勝手を知れただけでも今回は収穫だったととらえるべきなのか?

練習のほうはですね、見に行ったときはちょうどハーフコートでのミニゲームの真っ最中で、次のナビスコで先発すると思われるノンビブス組と控え+コーチ+髭+αなビブス組が戦っていました。ノンビブス組のメンツは、多分、

     平瀬
       深井
  野沢     増田
    青木 フェル
新井場 大岩 金古 名良橋

って感じだったかと思いますが、深井、野沢、増田はかなり入れ替わっていた印象。新井場は比較的後ろに残り気味で、その分名良橋が前に飛び込みまくりでした。注目すべきはやはり青木なわけで。青木はパスを貰うとすぐ叩いてしまうので全然ボールキープしてなかった印象。ミニゲームだからキープする必要が無いといわれればそれまでなんだけれども、あまりにもバタバタしすぎてて落ち着きがなさすぎなんじゃね?と思ったのもまた事実。頑張れ青木!お願いだから頑張ってください青木様!
すごいなぁと思ったのが、新井場のパスで、せまいピッチに人がうじゃうじゃしてる中、ちょっとした隙をすばやく見つけて縦にきれいなパスを出していました。うっとりしました。うっとりしたのだけど、そのあとそのパスをしっかり受けてフィニッシュに持っていく選手がいなかったのが残念だったかな。新井場に合わせられるようにレベルアップ頼みますよ?といいつつ、あのパスにあわせて本山&小笠原がきれいに繋いで、その隙にボランチから中田浩二が飛び出してきてどかーん!なんてシーンを勝手に妄想して楽しんでみたりして。
ミニゲームのあとは、クールダウンするためにグラウンドを片道速く走って帰りはゆっくり歩いて戻ってくるという練習だったのだけれども、気温がかなり上がっていてお日様も顔を覗いてたこともあってか、選手たちはかなり苦しそうでした。
このあとチームに分かれて、セットプレイの練習だったりシュート練習だったりが始まったのだけども、ここでタイムアップ。ぐすん。
あ、ミニゲームの間、羽田は反対側のハーフコート上でかなり激しく別メをこなしていました。前回練習を見に行ったときに腰痛明けの本山がやってた練習と同じような内容。かなりな汗をかいていた様子。休憩時間に笑顔で給水する羽田の姿に、復活のXデーが近づいてきたような予感を覚えました。甘い考えなのかもしれんけど。次練習見に行くときは、全体練習に部分参加じゃなくて全部参加してるといいなぁ。

さて、話をサンクスフェアに戻します。
サイン会は、笑ってしまうくらいに事務的な流れ作業となっていました。200人もの人を相手にするんだから大変なんだとは思うけど、もうちょっとなんっていうかうーん。これだったら、正直、練習終了後に個別にファンサしてもらったほうが嬉しいような・・・。それでも、サインにお礼を言った時にこちらの目をしっかり見て「はい」と答えてくれた増田誓志に十分癒されたんですけども。さすが、次期広報部長!?

サイン会後は、帰宅する選手たちがファンサをしている様子を見学。サインペンもサインをしてもらうものも用意してなかったのでサインを貰いようがなかった、ともいいますが。簡単に気がついた範囲での個別の行動。
新井場=ファンが呼びかけるも小走りで逃走(泣)。
池内=丁寧にファンサ。あまりのかっこよさにため息を漏らしてる人多数。
本田=池内ファンサ中に登場も誰も呼びかけずそのまま帰宅・・・。
以下、ファンサを丁寧にしてた方々。
青木、金古、大谷、内田、増田、深井、小澤あたりだったかな。ずっとその場にいたわけではないので、漏れてる人も多数いるかと思います。サイン会後なのに、丁寧にファンサしてた誓志はすごいなぁと思いました。ファンサ番長が留守の間は、俺が番長だって感じ?
青木がファンサ中も声をかけられる毎に挙動不審になるのが可笑しかったです。んでもって、サインしてるときは練習中にみせる渋めのいい顔をしてるのに、写真をお願いすると次の瞬間、名鑑で見かける(名鑑や記念写真でしか見せない?)青木スマイルを披露。笑った顔とそうじゃない顔にここまで差がある人も珍しいなぁと思いました。どっちがすきかといえば、どっちも捨てがたいんですけどね。ええ、最近すっかり青木マニアです。一年前はあんなに嫌いだったのにー。人間面白いものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/19

谷澤だJ!

Jを再び見るようになったのは、今年に入ってからのことなのです。
ってことは、このblogの最初のほうで何度も言ってることなのだけど、改めて言ってみたり。で、今年の頭、「今年はJリーグ見るぞ!」と決意したときに、本屋さんでJリーグ名鑑を購入していたのですが、すっかりその存在を忘れていて、先日家の掃除をしていて見つけたので、のんびり眺めてみることにしました。

結論。
谷澤が面白い!
以上です。

というのは、あまりにも失礼?でも、名鑑の写真といい、集合写真といい、谷澤が気になって仕方がないのです。ある意味柏レイソルの顔的存在だよなぁと思うのでした。彼ほど個性的な人はなかなかいないよ。と2日続けて谷澤ネタで引っ張ってみました。見た目とキャラだけで引っ張るのはあまりにも失礼なので、プレイにもちょっとだけ触れておくと。彼のドリブルは、くねくねうにゃうにゃしてて面白いなぁと思っています。世間でドリブラと認識されてる選手たち、本山はもちろん、新井場、石川直宏、松井、大久保、田中達也、とまあ誰でもいいんですけど、その誰とも違うなぁというのが谷澤ドリブルの印象。「うなぎドリブル」というのはうっちーの専売特許だと認識しているのですが、うっちーは鹿島であんまりドリブルをみせてくれないので(青森でやった親善試合ではがんがん上がってたみたいですが)、谷澤のドリブルもうなぎみたいだなぁと思うのです。うっちーのそれと谷澤のが同じなのか違うのか知りたいので、うっちーには頑張ってドリブルして欲しいのでした(何か間違えてる気がする)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/18

ナビスコ杯。

日立台に行きたい!という理由だけで、昨日のナビスコ杯はかなり見に行きたかったんですが、諸事情により見送り。しょぼーん。結果もしょぼーんだったようなので、暑い中でかけてしょぼーんとするよりはマシだったのかな?と自分を慰めております。何気に鹿島の公式戦はここんところ連続でいってたので寂しかったりもしたのだけれども。
で、結果ですけども。次節、勝たないと確実には決勝トーナメントにいけないことが決定しましたね。や、本当は、引き分けでも柏次第ではOKだし、負けても柏の結果と神戸の得点次第ではOKではあるのだけれども、ここは絶対勝つという心意気を見せてもらわないとサポとしては納得いかないのだな。というわけで、チケットが全然売れてない神戸戦ですが、カシマまで行きますよ。

日立台での試合の裏で開催されていた川崎フロンターレのファン感謝デーも行きませんでした。まあ、真のフロンタサポの人に悪いよなってのも多少あったりなかったりしつつ、相馬さんがこないというのが一番でかかったんですが。といいつつ、最近フロンタでは19番様が気になって仕方が無いのも事実で。柏→京都と戦力外になりながら頑張ってる19番様が今以上に大活躍できますように!レベルアップした暁には、鹿島の19番様と(略)。

っていうか!じゃかじゃかじゃんけん見逃したっつーの!最近、家のPCがネットに繋がってないせいで全然ネットチェックしてなかったつーの!めちゃくちゃショックですよ。totoのCM以来、谷澤が気になって仕方がないっていうのに。見たかったなぁ。谷澤のじゃかじゃかじゃんけん。彼なら野澤越えも簡単だと思うんだけど、どうだったんだろう?そして。次回は鹿島の選手が登場???誰だ?個人的には青木希望なんだけど、野沢が妥当なのかなぁ?でも、野沢だとキャラ的には無問題だけど知名度に若干問題あるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/17

黒髪のピンチ!

今日の東スポに
『日中練習で本山が訴えた頭痛に「黒髪は暑さに不利」説浮上』」
という記事が載っていました。染髪しないパーマかけない主義の本山さんの運命やいかに?

私個人の趣味としては、あからさまな金髪やかなり明るい茶髪(今年はじめくらいのやっと君程度までが許容範囲かなぁ?)、それ以外の派手な色の髪はあまり好きではないのですが、熱射病対策といわれてしまったら何もいえなくなるよなぁと思いました。試合見たり、練習見学したりするのに、自分自身は動いてないのに、帽子をかぶっていてもかなりしんどいのに、ピッチ上の選手たちは大変だよなぁと思うわけで。それでもやっぱり、本山さんの黒髪はなんとか維持して欲しいと願うのでした。あ、小笠原さんの去年頭の金髪はかなりな衝撃でしたね。あそこまでいくと金髪でも最早何も言うことはありません。髪型で思い出したのだけど、JEFの阿部ちゃんのあの髪型はどうなの?どうなの?って話は書いたっけ?あそこまで襟足にこだわるなら、いっそのこと少しずつまとめてリボンでもつけたらいいのに!と思いました。嘘ですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/16

アテネオリンピックサッカー日本代表

オリンピック代表が発表されました。

<GK>
1 曽ヶ端準(鹿島)
18 黒河貴矢(清水)

<DF>
2 田中マルクス闘莉王(浦和)
3 茂庭照幸(FC東京)
4 那須大亮(横浜FM)
12 菊地直哉(磐田)
15 徳永悠平(早稲田大)

<MF>
5 阿部勇樹(市原)
6 今野泰幸(FC東京)
7 森崎浩司(広島)
8 小野伸二(フェイエノールト)
10 松井大輔(京都)
13 駒野友一(広島)
14 石川直宏(FC東京)

<FW>
9 高松大樹(大分)
11 田中達也(浦和)
16 大久保嘉人(C大阪)
17 平山相太(筑波大)

<バックアップ>
22 林卓人(広島)
21 北本久仁衛(神戸)
20 前田遼一(磐田)
19 坂田大輔(横浜FM)

昨日の私の予想と見比べてみると。
キーパーは川島が落選。フィールドプレイヤーは、啓太が落選、変わりに森崎弟。あとは予想通りとなりました。川島はまあ今までの起用度からしてもダメだろうなぁと思ってるところもあったのであれなんだけど、啓太の落選が個人的にはかなりショックでした。そっかー。このチームを見始めた頃は、啓太の下手糞さに何度も腹がたったのだけれども、今年に入って最終予選が終わってからの啓太は頑張ってるなーと思い始めてただけに、残念です。この無念は浦和で果たしてください(鹿島戦以外でね。)。阿部ちゃんは好きな選手なのだけど、このチームの魅力はスピードある展開にあると思っていて、阿部ちゃんがボランチに入るとそのスピード感がちと劣るなぁと感じてたんだけども、暑いアテネではまたそれが違った結果を産むのかな?

つーか、このチームはキャプテンマークをつける人が尽く外れていく運命だったんでしょうか?羽田、森崎和、鈴木啓太と。本戦ではソガがつけるのかな?もしくは阿部ちゃん?このあとの親善試合&壮行試合で壊れて本選に出れないなんてことのないように頑張ってください。

バックアップのほうはといえば、根本を入れてたのは完全に希望でしかなかったので駒野が計算できた今落選は仕方ないんだろうなと思いました。前田がしぶとく残ったのはちょっとびっくりかな。バックアップという位置からして複数ポジションを器用にこなせるところが評価されたのでしょう。北本もDFなら比較的どこでも出来るってあたりがバックアップに選ばれた理由?近藤じゃダメでしたか、そうですか(しつこい)。

こうやって眺めてみると、隼磨はなおに負けて、青木は阿部ちゃんに負けたってことなんかなぁ?負けてるもんなぁ。青木は。でも隼磨は決して負けてないようにも見えたんだけど、プレイスタイルが2人結構違うから、このあたりは好みなんだろうな。ワールドユース組で生き残ったのは、4人かー(バックアップ入れると5人)。シドニーのときに比べると少ない印象を受けるのだけどどうかしら?谷間の世代と言われながら、でもって、ユース組の合流でパワーアップしたと言われながら、最後の最後に生き残った世代って感じ?選ばれたからには日の丸を背負って頑張ってきて欲しいのでした。特に攻撃陣はここで小野とすばらしい連携を見せるとそのままA代表への道も開けてきますからね。小野の創造性豊かなパスにばしばしと反応していって欲しいなぁ。田中達也と大久保の競争になると思うのだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/15

豊田スタジアムっていいよね。

オリンピック代表の親善試合、実質代表生き残りをかけた選手同士のサバイバル合戦は後味悪い結果となってしまいました。って負けてしまった直接の原因を作ったのは、曽ヶ端さんなんですけども。それを差し引いても点が取れないという事実はまた確かなわけで。

ま、でも組織でどうこうしていくってのは、明日メンバーが絞られてから練習を積み上げていくんだろうから、あんま気にしなくてもいいのかな?って思ったりもしたので、昨日は、テレビの前でのんびりたらたらと個々の動きに注目してみてみました。

スタメンは当落ラインギリギリの選手メインでってことだったのだけど、根本や北本の姿は無く。昨日の場合、出なかった選手は大きく分けて当選確実故に出場しなかった選手と、落選確実故に出場しなかった選手がいたと認識したのだけれども、キーパーはおいといて、根本と北本は落選決定ですか?うーん。鹿島の色が益々薄くなってゆく。

逆に昨日出てこなかったので当選確実と思われるのが、今野、大久保、那須、徳永あたり?まあ妥当なのかな?徳永はどうなの?ってのは多少あるのだけども、二つのポジションを起用にこなすユーティリティっぷりが評価されてるんだろうからまあそんなもんなのかな。

で、出てきた選手たちを見て思ったことをば。
まず、FW陣。高松と前田(ボランチで入ってたけど)はかなりやばいですね。高原次第では2人とも落選の可能性アリかも?坂田が微妙だなぁと思いました。というのは、昨日に関して言えば田中達也よりよかったと思ったもので。でも、山本監督的に田中達也は落とさないだろうから、そうなるとちょこまかしてるのが3人そろってもしょうがないってことで、大久保田中を残して坂田が消えちゃうのかなぁ?と。平山はなんだかとっても鹿島のFWっぽいですね。チャンスメイクには顔を出すのに本人から得点の匂いがしないあたりが。ハンドの反則をしなくなっただけでもよくなったじゃーん!と思ってしまったんですが、当落という意味ではどうなるんでしょうか?

MF陣は、まずトップ下に関しては、山瀬は出場時間が短くてちょっとかわいそうだったなぁ。松井は中村俊輔よりはいいよね(笑)。でも、なんかやっぱり足りない感じ。3トップにしてOMFイラネって言われても文句は言えないだろうなって程度。勝ち残りは一応松井か?
ボランチは、啓太が着実に上手くなってるなぁと思ったんですが、どうでしょう?といっても、他の選手と比べてではなくて、あくまでも「啓太として」なのが問題ではあるのだけれども。昨日も何度か、高い位置でのパスカットに成功して攻撃の芽を作ってたし、統率力と可能性という二つの意味で啓太には残って欲しいと思いました。どうなるかな?
次、両サイド。駒野はいい選手ですね。登録人数が限られてるオリンピックには必要不可欠の存在なのではないでしょうか?森崎は森崎でした。左サイドは人がいないってだけでポジションが用意されてた森崎だけど駒野に目処がたってしまったので、どうなることやら?が、最大のライバルだった根本が不戦敗(もしくは不戦勝!?)だったので明日にならないとよくわからんです。右サイドはなおがいまいちでしたね。駒野のほうがよかった。けど、駒野は一人しかいないので、森崎となおのどっちがいいか?ってことになると、右サイドは徳永にもできるという意味ではなおが不利?

DF陣は、出た選手はみんなそれぞれよかったんじゃないかなぁ?中でも菊地がよくなってた印象。阿部ちゃんがリベロに入ってたけど、4バックなら阿部ちゃんリベロも大丈夫かも?と思いました。3バックだとまだ怖いという印象が抜け切れてません。という意味では昨日は阿部ちゃんリベロの3バックもちょっと見たかったな。

GKは、出場機会を貰ったのが川島だけなので、生き残りがどうなるか?はよくわからんのだけれども。個人的には川島派なので、昨日の出来に山本さんが満足して彼を選んでくれたら嬉しいな。でもなんとなくバックアップメンバーにしかはいらなそうな予感。

というわけで、勝手に選んでみました。15人+4人。高原次第では16人になるかもですが、とりあえず15人で。
GK:川島
DF:闘莉王、茂庭、那須、徳永、菊地
MF:今野、松井、啓太、駒野、阿部、石川直
FW:田中達也、大久保、平山
BKP:黒河、森崎浩、根本、高松
さ、どんくらいあたってるかな?あ、高原がNGだった場合は、高松が15人に入ってBKPに坂田で。羽田がいればなぁ・・・。ふとそんなことを思いながら書いてみました。明日には真実がわかりますね。楽しみです。

A代表は中国に旅立ったそうで。気をつけて頑張ってくてください。
FWは今回、柳沢さんが外れたせいで3人しかいないとのこと。って本山さん本職FWじゃないんですが?いいんですかぁ?まあ、本山さんの出場機会が増える可能性が高くなったということで、アテネ組がA代表に合流する前のラストチャンスってことで頑張って欲しいと思いました。中国で代表初ゴールをお願いしますよ。

昨日書き忘れてたことを思い出したので、最後に。
横浜国際競技場で見かけたカップル。男が戸田、女が柳沢のユニを着ていました。戸田と柳沢という組み合わせに爆笑してしまった私は、明からにAAアントラーズに犯されてると思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/14

代表戦が楽しめない。

インド戦のときも書いた気がするのだけど、以前に比べて代表戦が楽しめなくなってる私がいます。好きな選手がピッチにいないから?そんな理由も考えたのだけども、でもそれを言ったら、本山が怪我で欠場してた試合も十二分に楽しめたし(ってすっかり鹿サポになってしまったのだから当たり前なんだろうけど)、(元鹿&町田忠道以外の)選手のことすらよくわからんかった川崎の試合も最初から楽しんでた私がいたわけで、やっぱピッチにいる11人の戦士は11人で戦士なわけで個々に好きな選手がいたとしても、それとこれとは話が別なんだなと考え直してみたり。

じゃあ、なんで楽しくない?やってるサッカーに魅力を感じないからかしら?んでも、昨日の後半のボランチがドドドと上がってくる攻めは好きなんだけどなぁ。サイドから裏に抜けていく攻撃も好きなんだけどなぁ。おかしいなぁ?と考えてみて、はっと気がついたのが、ボールをやたら持つ人が複数人いる状態にイラついてる自分の存在。鹿島の試合ですら、小笠原が持ちすぎるとイライラしてしまうのに、その小笠原以上にクレクレとくねくね動いた挙句にボールをコネコネして最後複数人の相手に囲まれてボールを奪われる人がいるのがさ、つまんないなーと。玉ちゃんのようにボール持ってもゴールに向かうぞ!ってのが伝わってくる人なら持ちすぎなくらいでも気持ちいいんだけど、なんかよくわからんけど、コネコネクネクネ迂回するような保持の仕方をする人を見るとむかつくんだな。10番様と14番様なんですけどね。

点にはならなかったけど、終了間際に柳沢と鈴木が絡んだゴール前のシーンは痺れたもんな。ワンツーパスがびしっと決まってくのって見てて気持ちよいのだ。スルーパスとワンツー命になりかけてる私がいます。パスサッカーやってるように見せかけてドリブル仕掛ける選手がたまに現れて、そしてFWの後ろからドドドと攻めが起きる感じが好き。高い位置でパスカットしてそっから速攻で繋いでゴールに結びつけるサッカーが好き。まんま鹿島のサッカーですけど。でも、鹿島のサッカーってジーコのサッカーのはずなんだよなぁ。根本は同じはずなんだよなぁ。ジーコは世論と目先の勝利にこだわって自分のサッカーを捨ててしまったの?や、そんなことはないんだよな。3バックにはなっても、本質は一緒なんだよな。やっぱ10番様と14番様がキーパーソンなんだよな。10番様の変わりに小笠原か本山、14番様の変わりに新井場、ついでなので15番様の変わりに中田浩二が入った(これは15番様がどうのっていうよりも、Jではかなり攻撃的な4番様の個性を生かすためには15番様以外の人と組んだほうが面白いじゃんっていう理由からなんだけど)ジーコサッカーを見てみたいなぁ・・・。我侭な話ですけどね。それでつまらなかったら、私の推測が間違えてるってことなんだけどさ。

そういえば、試合後のコメントで後ろから追い越すサッカーをやりたいといったような話が出てたかと思うのだけども、それならば、CBにはぜひとも松田直樹を!と思ったのは私だけではあるまい。まあ、そうすると上に書いた4番様の攻撃的布陣ってのと矛盾してしまうんだけれども、それはそれこれはこれ。

なんだ。まだまだ代表大好きなんじゃんね、私。ずっと私はジーコのサッカーが嫌いなんだって思ってたんだけど、嫌いなのはジーコのサッカーそのものじゃなくて、ジーコが選手起用に変なこだわりを持っていることなんだって気がつきました。これは10番様と14番様だけじゃなくて、加地にもいえそうなのがちと悲しいのだけども。加地には頑張って欲しいと思ってるんだけどねぇ。今の加地はねぇ。

とまあ14番様の悪口を並べてしまいましたが、昨日は祖母の死を隠してのプレイだったそうで。ご愁傷様です。それとこれとは別なんだけども。

最後に本山さんと小笠原さんと中田浩二さんのお話でも。試合開始前アップのときは、本山、藤田、柳沢、中田浩二でボールを回していました。小笠原は茶野、あつくんあたりとアップしてたような。すみませんくわしくは覚えてません。ベンチに戻ると最初は横並びに座ってたのですが、国歌斉唱で起立すると、小笠原はベンチから微妙にはみ出て、ベンチを作ってるプレハブ?の柱部分によりかかってけだるそうにしていました。その後、ベンチでは、藤田、三浦淳宏、土肥、楢崎がワンセットになって座っていて、隣のブロックに左から本山、西、柳沢、松田、中田浩二、茶野、小笠原だったかな?松田と中田のコンビ復活にうるうるしてしまいました。ベンチでも楽しげに談笑してた感じ。本山さんは両手で頬杖ついたり足を組んだり落ち着かない様子で、隙あらば土肥や西と談笑してました。前半の終わりくらいに軽くアップをはじめたのだけど、小笠原さんは試合の様子が気になるのか、そもそもやる気がでないのかかなりやる気なしモード。今日は出番がないと知ってたのかな?それともやる気が出てなかった?
ハーフタイムは、やっぱり似たようなメンツでアップしあってたような。後半が始まるとサブ組はまたベンチ観戦に逆戻り。並びは前半と同じ。やっと君のゴールが決まるとベンチから体を乗り出してオーロラビジョンに映るリプレイを確認した後、ピッチ上の誰よりも嬉しそうにガッツポーズを決めていたのは本山さんでした。その後こう着状態が続くと本山さんはベンチから降りてじかに座ってストレッチしてました。そのうちストレッチも終わっておなじみの体育座り。
サブ組のアップが始まって、途中、柳沢と玉田が交代すると、本山さんはベンチに駆け寄って玉ちゃんにちょっかいを出していました。お疲れちゃん攻撃?そして試合終了。ホイッスルの音にまた万歳をしてよろこぶ本山さん。ピッチに泣き崩れるアレックスを慰めにいったり、玉ちゃんの頭をぐしゃぐしゃにしてみたり、コブシぶつける挨拶をしてみたりとっても忙しそうでした。最後に再びアレックスを抱擁。一方、その頃、小笠原は里内さんと水の掛け合いをしてじゃれあっていました。今日一番楽しそうだったなぁ。表彰式が終わって記念撮影のときにはちゃっかり前のいい列を確保してる本山さん。でもほとんどの時間上を向いたり横を向いたり目の前の賞品に気をとられたりで正面を向くことがなかったので、どの写真も変な顔で写ってるに違いない。
以上、鹿サポ(というか本山マニア)以外にはまったく面白くないベンチサイドリポートでした。

しかし、本山さんを始めサブ組の面々のメンタルの強さには頭が下がります。みんな自分のクラブに戻れば一流プレイヤとして元気なときはスタメンが当然な人たちばかりなのに、代表ではベンチを暖めるばっかりで出番も少ないってのに、笑顔を絶やさずにモチベーションを維持しながら帯同してるんだよなぁなんて考えてしまったり。それでも、自分はかなわないって人が同じポジションにいればまだ諦めもつくんだろうけど、決してそうじゃない人も多々いるだろうになぁ。本人たちが頑張って代表に参加してるんだから外野はとやかく言うまい、と思うのでした。思った矢先に、なんで交代ないの???と怒り出すのも私なのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/13

いざ横浜へ。

因縁の地(大袈裟)、横浜国際競技場に行って来ます。たかがサポの私ですらドキドキなんですから、当事者の本山さんはどんな気持ちなんでしょうか?なにはともあれ、不本意な退場を命じられた地での大活躍を期待します。出場時間は短いと思うけど、その短いチャンスを有効的に使ってくださいね?19番を背負って応援します。嘘ですけど。代表で番号が固定されるまでは番号無しで応援します。

そんな代表ですが、今日もスタメンは坪井→マコになる以外は同じスタメンでいくようで。久しぶりに代表の松田さんも見たいんだけどなぁ。無理かなぁ?無理は承知なんですけど、本山&小笠原で両ウィングってのも実は見てみたい形ではあるのだな。まあありえないんだけど。トルシエじゃない限り。

今の代表組が代表としていられるのもアジア杯までで、そのあとはアテネ組が合流してきますね。本山さんの場合、田中達也や大久保さんが当面のライバルになるのでしょうか?あっさり負けそうだ。ぐすん。負けないためには、アジア杯でとにかく結果を出さないといけないわけで、頑張れー。あとアテネ組で即A代表に入りそうなのは、石川直宏、阿部ちゃんあたり?今野はどうなんだろ?でも、A代表もボランチだけはいっぱいいるからな。茂庭も一時期召集されてたけどどうなるのかしら?闘莉王は面白いけど、A代表には怖すぎるしなぁ。ま、先のことより目先のことですね。まずは今日だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/12

サテライト。

Jリーグにおけるサテライト戦の定義というのが実はまだよくわかっていません。トップの試合に出れない選手の育成の場くらいに認識してるのですが、だからといって制限があるわけではないんですよね?野球のように1軍2軍がはっきりしてるわけではないので、このあたりの差がいまひとつわかってないのでした。
なんでこんなことを気にしたのかといえば、今度見に行ってみようかなと思ってるからで。もちろん鹿島戦なんですが、鹿島の選手は全員わかるのだけれども、ユースの子たちになるとまだ全然わからんのです。昨日のサテライトはほとんどユースの選手で構成されてたみたいなんだけど、それはトップが中断期間なのと、次のナビ戦2試合は代表組がいないからそもそも選手層が薄いのが理由で、私が行こうかなぁと思ってる8月はまたちょっと様子が違うのかな?
人がそんなに集まってない場所でまったりサッカー見るのも楽しそうだなぁと思ったのでした。多分そんな経験は、まだ私が実家にいた頃(つまりは子供の頃)、日本リーグの試合を西ケ丘で警備の目をかいくぐって中に侵入してみて以来だわ。当時、読売クラブと日産の試合くらいしか人が入ってた記憶がなかったのでした。そう考えるとJリーグって凄いなぁ。

話は変わって。
最近、毎朝J-WAVEを車で聴きながら通勤することが日課になりつつあるんですが。今週のJリーグのCMは、本山雅志さんと坪井さんでしたよ。代表バージョンです。いい一週間が送れそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/11

ネタ無し。

今日はサッカーと縁の無い一日だったのでネタはないのでした。あ、お友達と呑んだのでそんときにEUROの話は盛り上がったんだけれども。私の周りにはオランダ派が多いのですが、昨日はルイコスタの話のほうが多かったような。決勝リーグのルイコスタはすばらしかったもんなぁ。代表はこれで引退しちゃうらしいけど、サッカー選手人生はまだまだ楽しんでほしいなぁと思ったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/10

スロバキア戦

実は、まだ見てないんですが。
結果だけ見ると、なんとアントラーズファミリーの2人が点を入れたようで。代表で鈴木、柳沢って名前が得点欄に並ぶのっていつ以来?レアにならずこれからはこれが当たり前!になる時代は来るんでしょうか?や、きてくれないと困るのだ。多分。得点シーンだけはスポーツニュースで見たのだけれども、柳沢のボールを奪ったあとの落ち着きっぷりがよかったです。あそこで慌てふためかない男だよな、柳沢敦は、と思いました。

本山さんと小笠原さんは見せ場がなかったようで。本山さんはまだ10分ちょっとあったからあれだけど、小笠原さんは出場時間が少なかったからな。ジーコはそこまで中村俊輔を信用し、彼に頼ろうとしてるのかなぁ?中村俊輔に何かあったときのことを考えて、親善試合(に限りなく近いカップ戦)ではもっと小笠原のことを使って欲しいのだな。我侭な話ですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/09

キリンカップ

気がつけば今日からキリンカップなのでした。ナビスコや2ndのことばっかり気にしててすっかり忘れていたよ。代表厨失格です。合宿の様子は一応気にはしてたんだけども。今日もまた3バックの布陣でいくようですね。そして、アントラーズファミリーはといえば、黄金のサブ組とでもいうべきか、笑ってしまうくらいにサブばっかりなわけですが、そんなかで唯一スタメン指名された隆行さんは、結果を残せるのでしょうか?なんか練習試合ではダメ出しされまくってたように見えたのですが。今回のキリンカップは直後のアジア杯を見すえてるってことなんで、メンバーチェンジはあまり激しくはないんかなぁ?本山さんと小笠原さんと中田浩二さんにも出場のチャンスは回ってくるんでしょうか?柳沢さんは心配しなくても出場できると思いますけど。中村さんの調子がどうなのか?ってのが全然わからんのですけど、この人の場合、波が激しいですから、悪かったときは粘らずにさっさと見切って小笠原さんなり本山さんなりと交代してくださいね?ジーコさん!藤田もいるんだっけ?あれ?まあいいや。

といいつつ、今日は用事があるのでリアルタイムに試合を見れないのがとっても残念だったりするのでした。携帯で速報をチェックしまくりそうな予感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/08

2ndステージ。

2ndステージの予定表を見ながらどの試合見に行こうかなぁ?などと悠長に考えたりしてみました。といっても、カシマスタジアム開催のゲームに関しては、勢いでシリーズチケットを買ってしまったので全部行くつもりなんですけども。って本当に全部行くんだろうか?私は。ってことで、要するにアウェイのゲームどうするべ?ってことになるんだけれども、でもって隙を見て川崎のゲームも見たいぞ、特に優勝決定戦なりJ1昇格決定戦なんてのはかなり見たいぞってことで、睨めっこ。
最初に悩んだのが、8/21。長居に行くという選択肢と三ツ沢で神奈川ダービーを見るという選択肢があるのだな。当初、気持ちは長居にかなり傾いていたのだけど、翌日に保土ケ谷でサテライトがあると知ってちょっと揺れてます。どうしようかなぁ?つーか、2ndはカシマスタジアム開催試合と等々力開催試合が被りすぎなのが鬱です。5試合被ってる・・・。ここんところ等々力開催5連続出席だったのに、後半戦はあまりいけなそうだなぁ。頑張って5試合ってところ?まあしょうがない。

ま、でもこうやって悩んでる時間が一番楽しいのもまた事実なわけで。
これに他の用事が重なってきてだんだん思うようにいかなくなるのもデフォな話なわけで。待ったりのんびり楽しみます。

そういえば、昨日隆行いつから出れるの?出れるの?と書いていた私ですが、さっきようやく彼が代表だということに気がつきました。要するにナビスコ2試合とは無縁だ、と。んでも、中島の怪我が軽かったみたいでよかったです。17日はやっぱ見に行くべき?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/07

ほぼ独り言。

時間の無駄遣いだからゲームは止めようと思っているのに、またサカつくをやってしまったダメな私です。一日に一年以上はやらんぞ!という誓いだけはなんとか守られてるのですが。今日こそは、やらないで他にやるべきことに時間を割くぞ、と。

EUROが終わって欧州の移籍市場が動きまくってますね。デコはバルサかー。CLとEUROで強豪をなぎ倒した力でレアルも倒していくのかな?8月には来日するのかしら?んでも、チームの若返りだ、お前はもういらないよーと放出したクライファートと歳1つしか変わんないじゃんね。そういえば、クライファート自身はどこに移籍すんのかな?リーガに残ると見せかけてここにきてプレミア説が有力?一方、フィーゴは絶賛売出し中みたいで。LIVE DOORの社長さんいかがですか?って話が飛躍しすぎだな。ダービッツはインテルなのか。わけわかんなくなってきた。日本人はどうなってんの?稲本は?中田は?柳沢は、日本代表の合宿に参加してていいの?半年で結果出すなら代表を強行で拒否してでもイタリアに今すぐ飛ぶべきじゃないのか?そんなんで、半年後に鹿島に戻ってきてもなー。

日本でも中断期間ってことで微妙に移籍や監督交代の動きはあるようで。鹿島の補強はまだー?点が取れるFWはまだー?監督交代はないだろうけど。わくわくするような移籍があるといいなぁ。とここでまた、19の話を書くと(略)。が、目下の問題としては、ナビスコ予選あと2戦をしっかり勝ち残るためのOMFとキーパーだよな。小澤に不安を覚えてしまうのはしょうがないことなのかしら?川島が控えにいる(といってもここんところ楢崎の怪我でずっとスタメンだけど)名古屋はいいなー。なんて。OMFは誓志とフェルナンドにして、ボランチに青木と新井場?っとつい無意識に4バックで考えてしまったよ。3−5−2だと、金古・大岩・内田ー新井場・フェルナンド・青木・名良橋ー増田ーFW2人って感じ?石川が勿体無いから、個人的には真ん中が石川・新井場・フェルナンド・名良橋になったほうがドキドキできるかな?や、でもここはやっぱり青木の覚醒を期待したいので新井場右で石川・フェルナンド・青木・新井場で!って別に青木と新井場は逆でもいいけど。なんなら、青木と新井場を真ん中にしてフェルナンドを外して名良橋でもいいけど。なんだ、3−5−2にすれば代表で人いなくてもなんとかなりそうじゃん!楽観楽観。あ、出場停止のこと忘れてるじゃん!ダメじゃんねー。大岩と名良橋がいないのかー。ってことは、石川・金古・内田ー新井場・フェルナンド・大谷!?・青木???よりは、石川・金古・池内ー新井場・フェルナンド・青木・内田が現実的か?ここんところ練習レポをちゃんとチェックしてないので、どうなってんだろ?わかんねー。4バックだと、石川・池内・金古・内田ー新井場・青木ーフェルナンド・増田で落ち着くのか。って3バックと同じメンツじゃんね。とここまで書いて、岩政の存在を忘れてる自分に気がつきました。反省。石川・金古・岩政ー新井場・フェルナンド・青木・内田ー増田ー中島・深井でOKかな?隆行さんはまだ出れないんだよね?自己完結。よかったよかった。そして岩政ごめんよー。磐田戦の感動を忘れてたわけじゃないんだよー。くまーの下にいた君の姿もちゃんと見たよ。でも、フェルナンド・青木のWボランチってやっぱ不安だなぁ(ぼそっ)。と、今度は中島の怪我に気がついてしまったよ。FW誰やるの?田中??隆行さんー!

ナビスコの出場停止情報を見るのにJリーグのページにいったんだけど、C大阪の大久保さんってトップでは飽き足らずサテでも出場停止なのな。さすがだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/06

サッカーがない日。

毎日なんらかのサッカーネタが満載だった6月(っていうかEURO?)が終わって、久しぶりにサッカーと無縁な一日を送りました。といっても、夜なにげなくサカつくをやりだしてしまって夜中に我に返ってやめたりもしてたんですが。まだ一番新しいサカつくを買えないでいるので(金が無い)、古いので我慢してます。新人獲得で、羽田やうっちー、大谷、青木が出てきちゃうやつです。何日か前に新規でやり始めたんだけども、まだ羽田とうっちーが出てきません(泣)。大谷は獲得しちゃったのだけど、青木には逃げられました。青木の癖に!(難癖以外の何者でもないけどな。)
今回は、気がついたら選手が鹿と海豚ばっかり!状態にするってのが目標なのですが、まだまだ先は長いです。って根本的にルールを間違えてるんですけども。スカウトが隆行を連れてきたんだけど、資金不足に泣きました。海豚は康と匠を獲得済です。今回も全然強くならなそうな予感。せめて3冠は無理でも1冠くらいは取れるチームに仕上げたいなー。フォーメーションは3−5−2で始めたのだけど、4−4−2に戻してしまいました。慣れって怖い。リアルな鹿さんはこれから3バックに積極的にシフトしていくのかな?3バックだと本山と小笠原の共存ってところでいらぬ心配をしなくてはいけないのが大変です。私が心配してどうなる問題でもないんですけど。あんなにジーコの4バックを嫌っていたのにおかしな話です。でも、3バックの面白さに慣れたら慣れたでまたすぐイイ!と言い出すわけで、別に4バックに固執する気は全然ないんだけどね。川崎の3バックも面白いと思っているわけで。って、川崎の面白さは2トップ1シャドーと見せかけた怒涛の3トップにあるんだとは思っていますが。とにかく。面白いサッカーが見れればそれでいいやってのが最近の私のスタンスです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/05

EURO終焉

EURO2004が閉幕しました。今日ばかりは録画じゃいかんと思って早朝飛び起きて見ました。伏兵ギリシャの優勝でした。ギリシャの戦い方に対して、ぶつぶつと文句を並べてる人も多いらしいですけど、予選グループ&トーナメント形式の勝負事だからねぇ、それに見合った闘い方をしたギリシャの勝ちってことなんじゃないのかなぁと思ったのでした。つーか、負けたくせに文句言ってるスター選手に幻滅ですよ。文句は結果出してから言え。と思いました。
だからといって、国内のリーグ戦でギリシャのような戦い方をするクラブがいたとしたら、強くても応援したくなるか?っていったらまた別なんだろうなぁと思ったEUROでもありました。やっぱね、なんだかんだでサッカーは面白くないといけないと思うのです。小笠原満男と本山雅志が求めるサッカーを私はあくまでも支持していきたいのです。ってまだまだ全然実践できてないけどな!

結局、スペインは最悪の予選グループに属してしまったと解釈してるんですけども、まあ贔屓目だわな。決勝トーナメントに残ってたとしてもあのままじゃ勝ち残ることはできなかっただろうし。トーレスのルーニー以上の爆発を夢見てたんですけどねぇ。ポルトガルもね、二度もギリシャに負けてれば何もいえないよなぁ。でも、フィーゴとルイコスタの姿を見ていたら、勝たせてあげたかったというのも事実。ポルトガルの敗因は、ラスト10分切ってからの焦りにあったなあと思いました。ギリシャの足が止まってきてここからチャンスだぞってときに、笑ってしまうくらい焦ってるポルトガルを見てあーだめだな、と。ロスタイムに入ってからイングランドに逆転勝ちをしたフランスには落ち着きがあったもんな。ポルトガルは黄金世代と若手が上手く融合してるといわれてたけども、最後の最後で若手の弱点が出たというべきか?そもそも国民性なのか?どっちなのかはわからんのだけれども。

そういえば、GW頃、日本のU-23代表がギリシャのU-23代表とあとギリシャ選抜という謎のチームと試合してたことを思い出したのですが。ギリシャなんてヨーロッパじゃ無名に近い国に勝てないのかよーとイライラしたもんですが、今となって考えれば妥当な結果だったってことなんかなぁ?あんときギリシャ選抜にいた選手でEUROに出てた選手はさすがにいないのかな?B代表だって話だったけども。つーかその前に、あんときの監督とA代表の監督は同じ人なのどうかもよくわからんで書いてるんですけどね。ま、ギリシャのオリンピック代表がどんくらい強いのか?はオリンピックになればわかることだし今気にすることではないわな。その前にイタリア倒さないと始まらないのが日本なわけだ。

とりあえず、寝不足な日々からは解放されるわけですが、J1も中断期間に入り、J2も次節で短めの中断があってまあその分代表の動きはあるんだけれども、まあちょっとばかり物足りない7月になります。本山オタは今日からスポーツニュースで代表合宿の様子をチェックしないとだわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/04

オールスター

実は、すっかり忘れてたんですけども。テレビをつけたらやっていたので見たのでした。前半は、カズ&ゴンの2TOPというハンデを背負ったJ-WESTが押されまくりだったのですが、ありえないPKという演出を経て気がつけば逆転。最後は三浦淳宏の芸術的FKで同点とお祭りとしては面白い流れだったのではないでしょうか?演出に利用されてしまった那須は若干かわいそうだったけども。まあしょうがない。ついでにいえば、決定機を無視された闘莉王さんも不満そうでしたが、あれは実況が煽ってただけで多分闘莉王さんは生まれ持った顔がああいう顔なんだとも思いました。

MVPの石川直宏は初々しくて爽やかでまたまたファンを増やしてしまったのではないでしょうか?あの笑顔にはやられますね。でも、赤いユニフォームが笑えないくらい似合ってなかったと思ったのは私だけではないはず。今後移籍するにしても、浦和、鹿島、名古屋はやめといたほうがよさそうな予感のする似合わなさでした。逆に、阿部ちゃんは全然違和感なかったなぁ。赤もいけるんじゃん?玉ちゃんも。今野も。茂庭も。って要するにそれだけなおだけに違和感を覚えたんですが。

逆にJ-WESTのユニフォームは、青色が基調といっていたけれども、グレイのほうが目立ってたきがしました。でもって、それは鹿島の練習着なのでは?という色だったような。派手なEASTに比べるとかなり地味でしたね。こちらは似合わねー!とびっくりするほどの選手もいなく無難だった気がします。って何故かユニフォームの話になってしまいましたが、一番どうでもいい話な気がしてきたのでここでやめときます。

みんな無理なプレイをせずに楽しんでるといった意味では、もっとときめくような個人技を見せて欲しかったなーとも思ったんですけども、今の日本人にはあれくらいが限界なのかな?公式戦ではありえないようなフェイントとかさ、トラップとかさ、見たいじゃん?まあそうするためには、ロナウドなりジダンがいないといけないんでしょうけど。相手をおちょくってるかのようなパス回しとかさ、見たいなぁ。みんな目先の車や100万円にとらわれずにもっと魅せてくださいよ!でもって、選ぶほうもそういう選手を選んでほしいなぁと思ったのでした。まあ投票に対する愚痴は本山オタの負け惜しみにしか聞こえないと思うのであれなんですが。本山はともかくとしても、やっと君も選ばれてないんだもんなー、ぶつぶつ。そんな中、しっかり選ばれる小笠原満男という人は、凄いなぁと思うのでした。まあ、選ばれるべきタイトルや賞はJで貰ってるんですけれども、その裏ではいわゆるキャバ組だったり、代表で不貞腐れてると指摘されたり、鹿島でも試合によっては態度がよろしくないと言われたり決して明かりの下にだけいる選手ではないと認識してたんだけども、それはきっと私の思い過ごしで、普通に小笠原満男という人は、日本を代表するサッカー選手の一人なんだなぁと思ったのでした。

ところで、最近ゴールを外す高松の顔を見るとむかつくんですが、何ででしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/03

神奈川ダービー

今日は、等々力に秀樹がやってくる!ってわけで?横浜ダービー観戦に。
川崎市民を大量に招待しているらしいという噂は聞いていたのだけれども、その前の山形戦、甲府戦あたりもフリーペーパーに招待券はさんでたわりに動員には大して影響がなかったので、今回もそんな大変なことにはならんだろうとたかをくくって行ってみたら、あまりの人の多さにびっくりでした。
キックオフ40分前くらいに到着したのだけれども、メインスタンドはもちろんバックスタンド2Fも川崎寄りだとゴール裏のほうまでいかないとまともな空席がなく、しょうがないので、アウェイ側へ。それでも、バックスタンド2Fゴールラインギリギリという席しか空いてませんでした。(結局、最後には、アウェイ側のゴール裏1,2Fに空席が目立った以外はほぼ満員状態な等々力でした。入場者数:18,131人は招待客が多かったにせよ、川崎にしては快挙?)

ダービーっていうくらいだから、どちらのサポも大量に押しかけて大盛り上がりか?と思いきや、横浜FCのサポの少なさにちょっとびっくり。F・マリノスにはあんなに沢山の人が集まってくるのに。タレントがいないから?J2だから?強くないから?フリエを応援していた人たちにとって横浜FCはどうでもいい存在なのかな?いろんなことを考えてしまったよ。でもって、隣の川崎のクラブの試合ばっか見に行かないで、地元横浜のクラブの試合ももっと見ないと!と思ってしまった私でした。でも、大事なのは試合の内容だからな。川崎のリピーターになってるのはそこが大きいもの。スタジアム自体はうちからは三ツ沢のほうが近いし、行きやすいからね。なので、今回は横浜FCのサッカーってのにも注目だったわけなんですが。
対する川崎も観客数が増えたのには特に比例してるわけでもないようで、前回の札幌戦と同じくらいだったかな?私の位置にも多少の問題はあるとは思うのだけれども、川崎サポって人数が少ないときのほうが声が出てる印象を受けます。人数がそろうとそれだけで安心してしまってボリュームダウンしてるっつーか。まあどこのサポも同じなんだろうけど。

で、肝心の試合内容ですが。川崎側の視点で見ると、ボランチがばたばたしてる印象でいつもに比べて球の収まりが悪い感じ。頑張れ鬼木。横浜FCのDF陣のジュニーニョ封じが上手く機能してて、ジュニーニョの突破をなかなか許さなかったため、決定機が訪れずにいたのだけれども(突破したと思ったらオフサイドトラップに結構引っかかってたしね。シュートの本数ほどいい形だったとは思わなかったのだな。)、そこを打破したのが我那覇。得点ランキングに名前を連ねるFWが2人いるって素晴らしいですね・・・。んでも、対策されると動けなくなるジュニーニョに柏のゼホベルトを見たような気がしたのも事実。来年川崎がJ1に上がったとして、勝てるかどうか?ってのはこのあたりの修正にかかってくるのかな?現状だとまだ柏のほうが強そうなのだな。あーでも、川崎にはハーフタイムの魔術師関塚さんがいるから、個々の戦力だけで単純に比較できるものでもないのだけれども。
で、その魔術師が後半ちゃんと修正してきて、追加点をさくっと上げてしまうのが今の川崎の強さなんだろうなぁと思いました。んでも、あわや失点?の場面(ファウルでノーゴールになったシーン)を見てると、まだまだ守備陣に穴があるのも事実で。この穴、J1のチーム相手にしたらとことん突かれてしまうだろうなぁと思うわけで。川崎快進撃の裏には他チームの不甲斐なさも確実にあると思うのでした。厳しいですかね?とはいえ、J2で確実に頭1つ抜けてますね、今の川崎は。このままいけば、順当に昇格するんだろうなと思ってます。それだけにここは1つ上を見てJ1でも勝てるチーム作りを是非!と思ってしまうわけなのだけれども、J1に昇格してきたら、川崎は敵なのだからそこまで心配する必要はないじゃんねーと自分突っ込み。5戦連続でホームの試合を観戦したせいか、明らかに情が川崎に移ってきてます。はは。でも、魂は簡単には売らないよ。

対する横浜FC。城がキャプテンマークをつけて頑張ってるクラブという印象しかないんですけども。見終わった印象も、「城のいるチーム」でしかなかったです。しかも、出場停止とかでメンバーがベストじゃなかったことを差し引いても、城が孤軍奮闘といえば聞こえはいいけど、居場所なくうろうろしてて、たまーに決定的な場面ができるとしっかり外す(ここだけは全然変わってないのな。)という。私の記憶にある城よりも、視野が広くなっていて、周りを良く見てる印象は受けたのだけど、でもそれがいい方向に作用してるのか?はかなり微妙でした。まあ、今横浜FC自体が調子悪いみたいだしな。調子がいいときに改めてみてみたいなと思いました。

神奈川ダービーは、サポの数も点数も川崎圧勝で終わりましたが、次の三ツ沢での試合も都合がついたらいきたいなと思いました。思ったので日程を調べてみたら、鹿島が長居の日だ。う。困ったなぁ。長居に行きそうな予感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/02

合併とか減資とか。

プロスポーツ界がいろいろと揺れてるみたいなんですけども。プロ野球のお偉いさんが、「金さえあればどうにでもなるってもんじゃねーぞ、プロ野球には伝統と格式があるんじゃ、ゴルァ!」と吠えてるのをみて、呆れ果ててしまいました。そんなこと言われてまで、球団買い取ろうとかしないでさー、存続の危機に陥ってる鳥栖を救ってあげてよ。>ライブドアの偉い人。

伝統とか格式とかも大切だとは思うのだけど、伝統があるから借金しまくっても倒産してもOKってのはまた違うしな。その辺、もうちょっと考えて欲しいのだな。ま、プロ野球のことはどうでもいいや。合併なり1リーグ制なりご自由にどうぞ?

サッカーって、金持ちも貧乏も楽しめるスポーツってのが面白いなぁと思うのです。プレイする側はもちろんなのだけど、クラブを経営する側にいろいろと個性があったりするのもそれはそれで面白いっつーか。金持ちクラブが金をばんばん使いまくって補強しまくる横で、貧乏クラブが生え抜きのユース選手中心に虎視眈々と優勝するチャンスを狙ってるってのがありなのがサッカーだなぁと。

新人選手の獲得もね、プロ野球はドラフトという制度で球団格差が酷くならないように守ってるけど(その影で希望かなわず泣く選手も多々)、サッカーは自由だもんね。それでも、実力格差が財力と必ずしも比例しないってのがサッカー界の面白いところで。まあ野球はそれだけ個人の能力に依存してるスポーツで、サッカーは個人の能力だけではどうにもならないスポーツだってことなんだろうけど。

熊谷の完全移籍が公式に発表されてしまいました。
仙台強くなるよ、きっと。この前私が見た仙台は、財前が一人で引っ掻き回しただけの仙台だったけど、
そこに優秀なボランチが加わったら、かなりいけそうな気がするよ。だから、仙台をJ1に引っ張り上げるべく、頑張ってください。まだまだ一花も二花も咲かせることができる選手だって信じてますから。
そして、熊谷移籍で自動的に?怪我さえなければとりあえずスタベンまでは保証されることになってしまった青木さん!これまで以上に頑張って、「熊谷がいれば・・・。」とサポに嘆かれないようにしてくださいね?とかいって、大谷に抜かれたりして?それはそれでアリか??アリなのか?

さらに。羽田がとうとう全体練習に一部合流だそうで。嬉しいです。早く羽田がピッチに立つ姿を見たい、見たい、見たい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/01

なんだよー(゚-゚)

松田も名波も、ついでに永田もいないじゃーん!
キリンカップの代表メンバーの話です。
イングランド遠征と同じメンバーに見えるのだけど、気のせい?あ、小野と稲本以外ですけど。面白みがないなぁ。まあ、今いい感じになってきてるからしょうがないんだろうけど。でもって、面白くない!といいながら、メンバーが入れ替わったら入れ替わったで、本山さんの名前が消えたりすると大騒ぎになるのもまた事実なので、私の戯言だと思って無視してください。

鹿島からはアイスランド戦後半に出てたアントラーズファミリー+中田浩二が選出。5人にパワーアップしたアントラーズファミリーが見れるのかなぁ?セルビアモンテネグロ戦の後半は。ううう。まあ、今回は稲本小野がいないから、中盤は小笠原、本山、中田浩二、遠藤で構成されるならばそれはそれで大歓迎なんだけど。あ、でも遠藤は今回はスタメン組かな?システム的にも。福西と遠藤がスタメン組な気がしてきました。で、前半はどうせ3−5−2だろうから、本山小笠原はサブ、と。ぷーん。サブでもスタメンでもいいから与えられた時間で結果を出すことが大事よね。ね。

あ、そうだ。ファンタジーサッカーの報告を忘れてました。結局、最終節で順位を若干下げてしまったんですが、なんとか県内50位以内でゴールイン。来期は、ローカル関東リーグに進出です。第2節からの参加で、889fp。1試合平均80fpちょっとでした。初めてにしては頑張った?新井場&本山が出場停止だった第7節以外はすべて度合いに差はあれど鹿島中心の編成でした。ガイジンは、ファビオ、マルキ、グラウ、エメルソンを適当に使ってたんですけど、誰一人爆発したときに遭遇できず。ガイジン信じられない病です。あとは、嫌いな選手は絶対に使わないくらいかなぁ?自分的縛りは。2ndステージも頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あれれ?

昨日の日記を書いた直後にU-23代表メンバーが発表されたんだけれども、隼磨はずされてましたねぇ。ポジション的に石川直宏と駒野(ついでに徳永)がいるから、隼磨はいらないってことなのかな?そっかー。ボランチにばかり気をとられてたけど、右WBもかなりな激戦区だったのね。左サイドならまだ人員的にも余裕があるように見えたのだけど、隼磨は左はどうなの?マリノスあんま見てないからわかんないや。外れたといえば、もう二度と呼ばれないだろうとは思っていたけれども、柏の近藤も何事もなかったかのように呼ばれていませんでした。柏のヤング3バックって意外と頑張ってる印象があるんだけど、山本監督から見たらまだまだってことなんだろうな。まあ失点多いから当然といえば当然なんだけれど。っと、永田さんはA代表様でしたね。すみません。近藤と聡太が用無しってことですね。はい。近藤頑張れー、聡太も頑張れー。聡太と書かずに中澤と書いても誰にでも中澤聡太のことだとわかるくらいになるまで頑張れー。

鹿島のお話。
柳沢さんのレンタル移籍が決まったようで。今度こそ死ぬ気で頑張ってきてください。まじで。あと、熊谷の仙台への移籍が確定したのかな?うわーん。これはショックだ。

そうそう、パソコンの調子が悪いので今週は家で時間のあるときは溜め込んだDVDを見てたりしたんですけれども、昨日は、久しぶりに「6月の勝利の歌を忘れない」を見てしまったよ。なんどみても面白いDVDです。この頃の松田は本当にかっこよかったなぁ、男としても選手としても。しみじみ。松田の代表復帰で代表の雰囲気が益々よくなるとよいな。松田&中田浩二は大事だよ。いろんな意味で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »