2004/12/26

2004年を振り返る。川崎編。

20041226タイトルにJ2編と書こうと思ったんだけど、よく考えたら今年生観戦したJ2の試合は全部川崎戦だったということに気がついたので、川崎編にしてみました。

私が今年川崎フロンターレの試合を見に行こうと思った一番の理由が、相馬さんのプレイが見たかったからで。相馬さんがフロンタに移籍してなかったら、等々力に通い詰めることもなかったんだろうなぁと思うと何だかとっても不思議だし、相馬さんに感謝です。別に長年の鹿島サポだったわけでもないのに相馬さんにこだわっていたのは、所属のクラブとか関係なくずーっと応援してた選手だったからなんですけれども。相馬さんへの思いいれはまた別の機会に書くことにするとして、フロンタ話。

今年の川崎のゲームはとにかく面白かったってことに尽きるのかなと思います。先制されても負けない強さがあったし、拮抗してても相手の隙を確実に突く強さがあったなぁと。その立役者はといえば、もちろん攻撃陣のジュニーニョ、マルクス、我那覇ってことになるんでしょうけれども、彼らにいいボールを配給し続けた憲剛やアウグストの存在も忘れてはならないし、最終ラインを守り抜いた宏樹、寺田、箕輪の3人の守りの堅さもすばらしかったなぁと。

今年私が生観戦した川崎の試合は、J2リーグが12試合、天皇杯が2試合だったのだけれども、その戦績は11勝2敗1分という素晴らしい結果だったのでした。負けたのは大宮と鹿島のみ。引き分けが甲府。この3試合ともジュニーニョがいなかったので、ジュニーニョがいる川崎は全勝だったのでした。強いなぁ。

なので特に印象に残った試合を上げろといわれても難しいんですが、見ててしんどかったからという意味では、唯一の引き分けだった甲府戦は記憶に鮮明に残っています。大雨の中、瑞穂でのナビ杯を放棄して小瀬に行ってしまったわけなんですが、帰り道は瑞穂に無理してでも行けばよかったのかなぁと切なくなったり、なんだかいろいろ大変だったなぁということを覚えています。

選手個々だと、やはりなんといっても中村憲剛の成長というのが一番の話題になるのではないでしょうか。見るたびに成長してるわーと思わせてくれる選手でした。来年、J1でいろんな壁にぶつかるかもしれないけど、それを乗り越えてもっともっと大きくなって欲しいなと思います。憲剛に続いて成長が楽しみだなぁと思ったのが谷口君で。元々ボランチの選手なのに、DFをまかされて怪我人続出の第4クールではスタメンも結構張ったりして。来年また一段と大きくなることでしょう。

残念だったのは、まあわかってはいたんだけれども、相馬さんが怪我がちだったことと、町田忠道の出場機会がどんどん減ってしまってたこと。でも、試合には出ていなくても相馬さんがフロンタ戦士に与えたモノは物凄く大きかったんだろうなって思うし、来年J1で戦っていく上でも相馬さんの存在は大きいはずと信じています。マチは、とにかく頑張れ!それだけです。

来年のJ1の詳細日程が発表されていないのでまだわからんのだけれども、鹿島の試合とフロンタの試合が上手く分散開催してくれたらいいなーと願いつつ、場合によってはフロンタの試合をほとんど見にいけなさそうな予感もしてて、ちょっと残念なのですが、こればっかりは仕方がないかな。日程に奇跡が起きて等々力開催のゲームを半分以上見にいける可能性が出てきたらシーチケ買うんだけど。

来年は表立って応援できなくなるけど、フロンタの動向はしっかり抑えていきたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/15

川崎戦雑感。

川崎戦を見て思ったことをつらつらと。といってもまだテレビの録画放送は見てないので、スタで感じたことだけですけども。

サッカーって両チームのことを良く知ってたほうが何倍も楽しめるんだなぁということを痛感しました。鹿サポとして、イライラしまくってたのは事実ですけど、それとは別にサッカーって面白いなぁと思っていたのもまた本当の話で。自分に体が二つあったら、一つはサポシでひたすら応援しつつ、もう一つはメインかバックでじっくり観戦したかったなぁといつになく思いました。まだJの中には良く知らないクラブも多々あるので、もっと他クラブについて詳しくなりたいなぁとも思ったです。とりあえず、柏、FC東京、東京V、浦和、横浜F以外のクラブについて知りたいかな。

試合の中で個人的に一番見応えを感じたのが、後半に何度かあった本山VS憲剛のマッチアップで、ドリブル突破を図ろうとする本山にピッタリとついていく憲剛の姿にドキドキワクワク。以前、鬼木に憲剛のドリブルは本山のドリブルに似てるといわれてたことを憲剛は覚えていたのかな?本山の間合いをしっかり読んでて食らい付いてました。

前半の鹿島は、CDF2人に落ち着きがなくてドキドキしっぱなしでした。ここんところ、岩政の足元に落ち着きが出てきてるねーなんて思ってたのだけど、川崎戦の前半の岩政は1stステージの頃の岩政に戻ってたような。大岩も1失点目のイメージがでかすぎるのかもしれないけど、あまりいい印象はなく。後半以降はいつもどおりだったとは思うけど。

そんな中で、中田浩二は素晴らしいボランチだったなぁと思いました。怒涛の2バック状態のときに一番回りをケアして走りまくってたのが中田だったわけで。地味な仕事を確実にこなしてた印象。Vゴールはサッカーの神様が彼に与えたご褒美だったんじゃないかしら?と思ったり。

でもって、そんな中田と一緒にボランチの位置に入った小笠原もまた素晴らしかったです。小笠原の前にまだ4人いるということが(といいつつ、こんときは両サイドも上がってたから実質6人いたけど)、こんなに力強いこととは!と思いました。本人は、ボランチをやりたくないみたいだけれども、もっとこういう鹿島が見たいなぁと思いました。

FJは相変わらずボールの扱いが上手いなぁと思いました。後半の何分くらいだったか忘れたけど、左サイドでFJがボールを持っていて、隆行がペナ内に侵入してきてボールを欲しがったときに、川崎の選手が数人いたのにも関わらず、ボールを上手く浮かせて隆行の足元にすっぽりと納めたのにはびっくりしました。そのあと、隆行さんはあまりにも足元にきれいにおさまりすぎたせいか、ゴールに背を向けてしまいましたけど・・・。

野沢と本山が右サイドから攻めあがってくる姿も面白かったです。この2人の縦の関係は見てて気持ちがよいなと。過去に何度か書いた記憶があるのだけれども、横の関係だったときや、本山が前で野沢が後ろだったときには、むしろ相性が悪く感じられていたのが嘘のようにいいコンビネーションを見せるようになったなぁと。野沢に対して、がむしゃらさが足りないぞとか、テクニックばっかり見せ付けてないでもっと泥臭くいけーとか思ってたのが嘘のように思えるくらい、最近の野沢には頼もしさが出てきたなぁと思います。野沢をスタメンで見たいという気持ちもあるけど、ここはぐっと抑えてスーパーサブとしてこの天皇杯のヒーローになったらそれはそれで素晴らしいことなんではないかしら?と思い始めています。鹿島の10冠は野沢にかかってる!なんて。

一方、川崎は、DFに関しては、宏樹抜きでも川崎らしさを出せてるなぁと感心しました。谷口君の成長が素晴らしいということなんでしょうけど。最後、守備固め?で佐原が出てこないかなぁとドキドキしながら待ってたんですが、出てこなくてかなーり残念。佐原VS隆行が見たかったなぁ(何か間違えてる)。

両サイドは、長橋はよく言えば堅実、悪く言えばかなりチキンな動きだったので、後半以降に関して言えば鹿島としてはかなりやりやすかったと思うけど、前半はむしろ守りに入りまくりだったので、鹿島はもっと右から攻めろよー!とイライラもしました。一方の塩川は、執念の塊のような動きで怖かったです。川崎で一番運動量があったんじゃないかなぁ?後半、傷んだときに一度はラインの外に出たのに、這い蹲るようにラインの中に戻って来て時間稼ぎをしようとしてたのを見て、彼の勝ちへの執念を見せ付けられました。そんな彼を外に追いやろうとしてた隆行と小笠原にも同じくらいかそれ以上の勝ちへの執念があったんだろうけど。

ボランチ2人はよくやってたなぁと思います。最後、かなり足に来てたみたいですけど。憲剛はこれからまだまだ伸びる逸材だなぁと改めて思ったし、試合後のインタビューの中で、「鹿島の中盤の選手達はミスをしない。あんな選手になりたい。」と言ってたのを見て、憲剛ならなれるよ!と思ったです。つーか、鹿島の中盤の選手達はミスしまくりますけどね・・・。たまたま川崎戦ではあまりなかっただけで、川崎の1点目はフェルナンドさんの判断ミスからですし、中田さんは1試合に1度はファンタジーなパスをしますし、小笠原さんもぼーっとしてる時間がありますし、本山さんは勝手に休憩してますし・・・。

攻撃陣は、まず我那覇の調子がよかったのがポイントだったのではないかしら?先の札幌戦では空中戦でミスりまくりだったのに、この日の我那覇は強かったですし。でもって、いつも足の速いジュニーニョの隣にいるからあまり気がつかなかったんですけど、我那覇もかなり足が速いのですね・・・。驚きました。飛弾については既に書いたと思うけど、与えられた役目をよくこなしてたと思います。途中で鹿島DFにパターンがばれてオフサイドトラップにひっかかりはじめてましたけど。マルクスは怖かったです。怖かっただけにさっさと下がってくれてかなり助かりました。

とまあ、ポイントだけを書き起こしてみると問題があまりなかった試合だったように見えるけど、トータルとして言えば、J2相手に何やっとるんじゃ!ってのが本音だわな。しかも、そのJ2はエースから守りの要まで要所要所でレギュラーを欠いてたわけで。まあだからといって、ジュニーニョがいたら負けてたか?と言われたら、たられば論になってしまいますけど、それはそれでまた違った展開にはなってただろうけど、負けてたとは言い切れないのが勝負の世界なわけで。まあ終わってしまったことは仕方がないし、鳥取ではガンバに快勝してもらいましょう。我那覇と塩川の涙を背負って戦っていきましょう。勝ちたいという気持ちで勝っていきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ご挨拶 | サッカー・2005年J1 | サッカー・2005年J2 | サッカー・2005年天皇杯 | サッカー・2006年J1 | サッカー・2006年J2 | サッカー・2006年天皇杯 | サッカー・2007年J1 | サッカー・2007年J2 | サッカー・2007年天皇杯 | サッカー・2008年ACL | サッカー・2008年J1 | サッカー・2008年J2 | サッカー・2008年その他 | サッカー日本代表・2005年 | サッカー日本代表・2006年 | サッカー日本代表・2007年 | サッカー日本代表・2008年 | サッカー雑記・2005年 | サッカー雑記・2006年 | サッカー雑記・2007年 | ファンタジーサッカー | フジロックフェスティバル2005 | フジロックフェスティバル2007 | 大学サッカー・2005年 | 大学サッカー・2006年 | 大学サッカー・2007年 | 大学サッカー・2008年 | 川崎フロンターレ・2004年 | 川崎フロンターレ・2005年 | 川崎フロンターレ・2006年 | 川崎フロンターレ・2007年 | 横浜FC・2005年 | 横浜FC・2006年 | 横浜FC・2007年 | 横浜FC・2008年 | 高校&ユースサッカー・2004年 | 高校&ユースサッカー・2005年 | 高校&ユースサッカー・2006年 | 高校&ユースサッカー・2007年 | 高校&ユースサッカー・2008年 | 鹿島アントラーズ・2004年 | 鹿島アントラーズ・2005年 | 鹿島アントラーズ・2006年モブログ | 鹿島アントラーズ・2006年観戦記 | 鹿島アントラーズ・2006年試合展望 | 鹿島アントラーズ・2006年遠征記 | 鹿島アントラーズ・2006年雑記 | 鹿島アントラーズ・2007年モブログ | 鹿島アントラーズ・2007年観戦記 | 鹿島アントラーズ・2007年試合展望 | 鹿島アントラーズ・2007年雑記 | 鹿島アントラーズ・2008年観戦記 | 鹿島アントラーズ・2008年試合展望 | 鹿島アントラーズ・2008年雑記 | 鹿島アントラーズ・スタジアムグルメ