« 久しぶりのファンサカ編成。 | トップページ | 攻撃サッカーはここにあった。 »

2005/07/03

攻撃サッカーは何処?

2005070201 2005070202
J1リーグ再開です。鹿島のゲームは明日なので、今日は味の素スタジアムに行って、FC東京×セレッソ大阪の試合を見てきました。正直セレッソは見飽きたんだけど、まあしょうがない?梅雨真っ最中なので、雨も覚悟だったんですが、運よく晴れてキックオフ直前くらいまでは西日がまぶしい味の素スタジアムでした。今日は、カテゴリー2なゲームだったので客の入りがいまいちかな?と思いきや、ちゃんと2万人入っていました。東京の2クラブでかなり動員力に差がついてきたなぁという印象。ヴェルディも頑張れー。

2005070203 2005070204
代表組の凱旋試合ということで、キックオフ直前には、加地コール、ニッポンコール、土肥コールで盛り上がるFC東京のゴール裏でしたが、茂庭コールがスルーされていたのが気になりました。って別にどうでもいいことですが。

さて、試合のほうですが、どちらも連戦を考慮した省エネサッカーしてないか?という印象を受けました。先のことは考えていなくても暑さからこういう展開になってしまったのかもしれませんが。それでも前半はFC東京の前の4人だけは走り回っていたんですが、ほとんどの時間で4人だけで攻撃していて攻撃の厚みがなくて、攻めはしても点は入らなそうなサッカー?石川直宏はペナ手前までの動きは素晴らしいのだけれども、ペナに入ってからのプレイが雑だよなぁとか、戸田と祐介の2TOPは裏に抜けるところまではいいんだけどやっぱりフィニッシュがなぁとかいろいろあるんですけれども。あ、栗澤はちょっと見ない間に成長したなーと思ったです。開幕の頃は怪我人が多い余波でスタメンを確保してたような印象だったんだけれども、今はしっかりスタメンを掴んでるなぁと。

FC東京の怖さっていうのは、攻撃に転じたときに、両サイドバックやボランチがどんどん攻めて来るところにあると思っていたんですが、今日は両サイドバックはほとんど攻めあがらず、ボランチもたまーにどちらかが攻めに行くもののそれはボランチがボール奪取をしたときだけで、そうじゃないときは、傍観者になってる時間が多すぎないか?と思いながら前半を見ていたんですが。後半、加地がやっと攻撃に参加したところで、あっさり2点。前半終了時点で、サイドバックとボランチが攻めてこない4バックなんて怖くない、と今日の記事に書こうかなーと思っていたのに、点が入るときはあっさり入るんだなぁと考え直してみたりもしたんですが。

2点を取ってからのFC東京が酷かったです。浅利を投入して守備的に行ったようなのですが、その浅利がまずPK献上。まあそれは事故としてもそのあとも、1点差になってしまったのに守るのに必死で攻められない。石川直宏は足吊ってるし。浅利が入ってからは、4バックがほとんど守備ばかりでさらに4バックに張り付くように浅利も入っていたので、実質5バックという感じのFC東京でした。そんなサッカーしてたら同点に追いつかれるんじゃないの?と思っていたら、FC東京側のゴール裏から、「戦え俺の東京〜♪」と、勝ってるときにはあまり聞かない印象のある応援歌が流れてきて、あーやっぱ、もっと戦えって思うよねぇと勝手に納得してみたり。が、戦いきれないFC東京は、ロスタイムに失点して終了。2点連続で入ったときはすっかりお祭り騒ぎだった味の素スタジアムが、お葬式のようにシーンとなって終わりました。

どちらのサポでもない私から見たら、当然な結果の試合だったなぁという印象を受けました。と、同時にこれが暑さによるものだとしたら、鹿島もHOT6は厳しい戦いを続けるんだろうなぁという気がしてきて、覚悟を決めないといけないなぁと思ったです。

2005070205加地さんは一部で噂の青白リストバンドをしてました。試合中は、上からさらに白いリストバンドをしてましたが。その加地さんですが、1点目のアシストは加地さんらしくないクロスで、どちらかというと、うっちーが得意とする斜め後ろからの(ふんわり)クロスで、そろそろうっちーのアシストもみたいぞ?と思ったり。2点目はシュートのこぼれ球をルーカスが詰めた模様。2点共に絡んだ加地さんです。が、今日の加地さんは守備的過ぎてちとつまらんかったです。対面にゼカルロスという恐ろしい選手がいたからだとは思うんですけれども、もっとサイドを駆け上がる姿をみたかったなぁ。

あと今日気になったのは、今野の動きで。三浦文丈とダブルボランチだったんだけれども、バランスがいまいちで、多分、文丈のほうがバランスを見て動いていたはずなんだけれども、今野もまたバランスを気にしすぎていて、結果、2人とも守備的になりがちで今野ってこんなだったっけ?と。守備ではいいところを沢山魅せていたんですけれども、攻撃に絡んだのは数回?ダブルボランチなのにワンボランチな動きだなぁと思ったです。それでも、運動量の豊富さや、どんどんボールを奪取していく守備は魅力的な選手だなぁと感心もしたんですが。

対するセレッソも古橋が不在だったから、だけではないと思うのだけれども、鹿島と対戦するときに感じる怖さが全然なかったのでした。やはり相性の問題なんでしょうか?鹿島が苦しみ続けている相手なのになぁと切なく思いながらみていました。それでも2点差を追いつけるあたりが去年とは違う今年のセレッソなのかもしれません。

|

« 久しぶりのファンサカ編成。 | トップページ | 攻撃サッカーはここにあった。 »

コメント

はじめまして。他チームファンですが、ココログつながりで訪れました。
サッカーに詳しくないので、解説してくれる人がいないとイマイチ楽しめてない自分にとって、こちらの観戦レポは大変参考になりました。いつも応援しているチームのブログばかり参考にしているので、つい贔屓目が強くなっていました(あたりまえなのかもしれませんが)。時には公平・冷静な目で見たレポを見るのも必要だなと感じました。そして自分も他チームを公平に見られるようになりたいと思います。日々精進しなくては。
どうもありがとうございました。

投稿: mama@MF | 2005/07/04 22:25

はじめまして、コメントありがとうございます。
私自身、贔屓目ありまくりだと思っているので、大変恐縮です。
他クラブのゲームの話を書くときには、思ったままを
書くと荒らされてしまうこともあるので、難しいです。
なので、歓迎のコメントをいただけてとっても嬉しいです。

あまり難しく考えずに目の前のゲームを楽しめたらそれが一番だと思いますよ。
他人のレポを読んで、そんな風に思う人もいるんだーと感心するのも楽しいけれども、
結局は、自分の主観が一番大切だし大事にすべきものなんじゃないかな?と思うのです。

投稿: ゆ。 | 2005/07/05 08:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24197/4804606

この記事へのトラックバック一覧です: 攻撃サッカーは何処?:

« 久しぶりのファンサカ編成。 | トップページ | 攻撃サッカーはここにあった。 »