« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005/12/31

今年最後のご挨拶。

今年1年コメントをしてくださった方々、トラックバックを送ってくださった方々、メールをくださった方々、そしてブックマークをつけたりアンテナに入れたりでこのブログを読んでくださった方々、お世話になりました。リーグ戦終了後、ブログを開始してから1日も休まずに更新し続けていた記録を途絶えさせてしまったのだけれども、大きな理由は仕事だったんですが、仕事があるからサッカー観戦にもいけるわけで、葛藤はありつつも、オフシーズンは仕事優先で考えないといけないよなぁと思っていたりしつつ。来年も毎日更新が出来るかはわからないけれども、できる範囲でつらつらと書き綴っていけたらよいなぁと思っております。

鹿嶋に通いだした当初は、友達も知り合いもいない異国の場所にこっそりひっそり紛れ込むかのように通っていたのですが、今年に入ってからサポ仲間が増えて年末には忘年会なんてのも出来るようになってとても嬉しく思っております。来年はもっともっと沢山の仲間が出来たらいいなぁと。

忙しかった仕事も年内のケリはつけてお正月休みは手に入れたので、年末〜1月は、高校サッカー、インカレと学生サッカー三昧をして、サッカーを見る楽しみを思い出したいなと思っています。今年は、終盤戦に近づくにつれて、鹿島のことに気をとられすぎて、サッカーを楽しみ喜びを忘れてしまっていたような気がします。サポ活動に集中すること自体、それはそれで楽しいし問題はないのだけれども、そっちに力を入れすぎるとブログで精神論(もしくは応援論)ばっかり語りだしちゃったりで、自分的には、サッカーが大好きでサッカーの話を書き綴るためにブログを始めたはずなのに、なんかおかしいなって思うようになったりもして。まあ所謂1つの葛藤というやつですが。

で、シーズンも天皇杯も終わって今改めて考え直してみるに、今年は特に後半はサッカーを楽しめきれてなかったなぁと。なので、来年は鹿島を応援する気持ちに変わりはないんだけれども、それと同時にサッカーが好きって部分ももっと大事にしていきたいなぁと思っています。そんな年末。本当は、今年を振り返るまとめ記事もアップしたかったのだけれども、時間的余裕がなかったので、年明けにでも。それでは、皆様よいお年を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/26

冬の仙台遠征記。

2005122601
試合のことを振り返る元気が出てこないので、遠征記を先に。
予告通り、金曜日の朝に出発して新幹線で仙台入りしました。びゅうの格安ツアーで行ったので、往復MAXやまびこの1F席という制限はあったものの普通に新幹線で往復するよりはもちろん、土日きっぷよりも格安で旅を堪能することができました。仙台駅には、ベガルタ仙台を宣伝する看板がいたるところに見えて(その数、楽天と比べてもひけをとってなかったように見えたのはサカヲタの贔屓目?)、ここもまたサッカーの街なのだなぁとしみじみ。

レンタカーを予約してあったのでまずはレンタカーに乗って移動。温泉に行こうということだけは決まっていたのですが、どこに行くか?は天気と相談ということで当日まではっきりしていなかったのですが、車がスタッドレスタイヤをはいていることを確認した上で、天気がこのあと大きく崩れないことを祈りながら鳴子まで行ってみようということになり、鳴子へ。道中、仙台スタジアムの横を通ったときに撮ったのが、当日にアップした写真です。

2005122602
仙台スタジアムの先にある泉インターから東北道に乗って古川まで移動して、そこから一般道で鳴子を目指したのですが、一般道に下りてしばらくすると回りは見事なまでの雪景色でした。さらに空からはぱらぱらと雪が舞い降りてきていたりもしつつ、そんな中でも平然と走るスタッドレスタイヤの素晴らしさを実感しつつ、鳴子へ。

最初に東鳴子温泉に行ってまず一風呂浴びて、さらに鳴子温泉郷に移動。ここでお昼ご飯を食べてから、さらに温泉へ。すぐ近くにある2つの温泉郷なのですが、泉質が全然違っていて面白かったです。が、温泉を堪能している間にも雪が降りしきり・・・。寒い国に住んだことが無かった私は、うかつにも何も考えずに車のワイパーを作動させてしまったら、凍り付いていて冷や汗をかきました・・・。壊れなくてよかったです。鳴子では、名物のくりだんご(名物ではあるのだけれども、お店によって全然違う!)を食べたりして過ごしました。

結局、鳴子に行くのに時間がかかった上にのんびり過ごしてしまったので、そのあと松島でさらに観光という予定をやめて仙台に戻って仙台で海の幸を堪能。翌日の悲劇など微塵も想像することなく楽しいひと時を過ごしたのでした。

2005122603
で、2日目。
朝早く起きてさらに観光という案もあったのですが、疲れてしまっては戦もできまいということで、試合前の予定は、牛タンを食べるだけにして、食べたあとはそそくさとスタジアムに移動。仙台の牛タンは噂には聞いていたけれども、3年ほど前に食べたものとはかなり違ってしまっていました・・・。まあ、しょうがないですね。

スタジアムにつくと外はどういうわけか吹雪状態で、ピッチの上にもみるみる雪が積もっていき、一体どうなってしまうんだろう?という不安を抱えつつ、スタジアム散策を楽しみました。普段、カシマサッカースタジアムでは車の運転があることもあってアルコールを摂取することは無いのですが、この日は電車での移動ということもあって、熱燗をいただいたりしつつ(正確には熱燗を戴いているのをおすそ分けしてもらったんですが)。

2005122604ピッチ上では、吹奏楽の演奏やゴスペルのショーもあったんですが、キックオフまでまだかなりの時間があるときにメインスタンド前でやるイベントはかなり寂しいものがありました。鹿島側のゴール裏前でやったほうがお客さんがたくさんいるのになぁと思ってしまったりもしつつ。吹奏楽の演奏時にはかなりな雪だったんですが、そのあと無事天気は回復。写真は雪かきしている様子です。

が、しかし。雪が降ってる間よりもその後のほうが寒かった!特に、日没後の寒さは半端無くて指先はかじかむししんどかったです。そんな状況でも半袖(+手袋)でプレイをする大岩さんの姿にはただただ感心したり。本山も途中で手袋が邪魔になって投げ捨ててましたけど。その投げ捨てた手袋を拾いに走るはっつあんの姿に感心したりもしつつってどこ見てるんだか・・・。

試合のことはおいといて。

試合後はまず仙台駅に移動。新幹線の時間までまだ余裕があったので、さらに最後の悪あがきで仙台の海の幸を堪能してから帰路につきました。帰りの新幹線は、鹿島サポと大宮サポ(数は鹿島サポのほうが圧倒的に多かったのですが)の呉越同舟状態で、遠方への遠征が天皇杯の醍醐味ではあるけれども、こういうシチュエーションは結構しんどいよなぁと思ったりしつつ。

試合以外は、十二分に仙台を堪能した遠征でした。試合の感想は・・・、またそのうち書けたら書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/24

このくやしさを忘れない。

200512241717000.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/23

フライング。

偶然仙台スタジアムの横を通過しました。明日は勝つぞ!
.200512231141000.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/22

仙台へ。

師走の年末進行状態から抜け出せずに毎日酷く忙しい状況が続いていましたが、明日からやっと3連休に突入。前のりで仙台へ行って来ます。日本各地で大雪のニュースが流れていますが、仙台はそんなに酷い雪ではなさそう。といいつつ、明日も降るようなので油断は禁物ですが。とにもかくにも防寒第一で行ってきたい所存。

日曜日土曜日(曜日感覚が麻痺してる・・・)の鹿島の予想スタメンは、
GK:ソガ
DF:名良橋、岩政、大岩、新井場
MF:リカルジーニョ、フェルナンド、小笠原、本山
FW:野沢、アレックスミネイロ
ベンチは、杉山、青木、深井、誓志、隆行かな?ニュースもあまり見ていなくてさっきニッカンをちょっと覗いただけの予想なんで大外しの可能性も大ですが。

というわけで、土曜日、仙台スタジアムでお会いしましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/15

天皇杯。

先日、決勝までのチケットを購入。あとは鹿島が勝ち残るだけ!
来年新しくなるユニフォームに八咫烏と10個目の★もしくは大きな1つの★がつくことを信じて応援するのみ。

トニーニョセレーゾに有終の美を!ってのはもちろんなんだけれども、小笠原の海外移籍話がスポーツ新聞をにぎわせるようになってきて、本山も海外を視野に入れていて、今のメンバーでのサッカーを見ることが果たしていつまでできるのか?ってのもあるわけで・・・。

今を大事にしたい気持ちがとっても大きい今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/14

さよならロテイロ。

Jリーグの来年の公式球が決まったそうで。2年間慣れ親しんだロテイロから、来年のW杯公式球、「+(プラス)チームガイスト」へ。選手達がどのくらいボールの種類を気にしているのか?はわからないのだけれども、例えば鹿島の場合、今年最高に美しかったナビ杯清水戦でのFKはペリアスでしたし、開幕前に北朝鮮戦で、小笠原がFKを決めたのはNIKEのトータル90だった(ような気がする。調べる元気無し)し、見ている側からすると、特にFK時の弾道はボールによって結構違うのかな?という印象があったりで。小笠原が開幕当初、代表では素晴らしいプレイスキックをみせていたはずなのに、鹿島ではさっぱりだったのは、ボールが違うから?と思ったような記憶も。

つまり何がいいたいかというと、代表とJで同じボールを使うのに大賛成ということなんですが。同じボールでもなおも代表とクラブでパフォーマンスに違いがあったとしたら・・・、んなことは考えないでおきたいと思うのでした。

新しいボールはやべっちFCでちらっと見ただけなんだけれども、とりあえずボールの回転は見やすそうかなぁと思いました。NIKEのボールは方向によっては回転してるのかしてないのかが全然わからないのが、見てる側としての不満でもあり、蹴る側としては意識してその方向にボールを置いてプレイスキックを蹴っていたという話も聞いたような気がするし、気になる要素ではあったのですが。実際の印象は選手達がプレイする姿をみないとわからないんでしょうけれども。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/13

移籍リスト。

2日続けて暗い話題ですが。移籍リストにマチの名前も載っていました。今日の合同トライアウトには参加しなかったようなのですが、既に移籍先のあてがあるのか、フクアリで開催される2回目に出るのか気になるところではあります。ファンとしては、どんな形であってもサッカーを続けて欲しいなぁと願うばかりなのですが。それがプロであれば最高なんですけども、現役続行を希望しながら解雇されてしまう選手は沢山いるわけで厳しい世界だなぁと改めて思います。

移籍リストや合同トライアウトの参加者を見ていると、今年は横浜FCの解雇っぷりが凄いなぁと思わざる得ないのですが、その中には今年三ツ沢でプレイする姿を見た選手たちも多く含まれていてとっても複雑な気持ちになります。地元横浜のクラブへの移籍を嬉しく思ったはずの高田保則だったり、後半は控えに回ることが多かったけれども、地味に仕事をこなしている印象の強かった小野信義だったり、いろんな意味で今年のルーキーで一番強烈なキャラだった久保田学だったり。その他、鹿島ユース出身の大友や、貞富といった名前もあり。

去年の今頃は鳥栖の解雇劇に驚いていたのだけれども、選手を大幅に入れ替えた結果、宮原がC大阪にレンタル移籍するまでは昇格争いに踏み込んでいたわけで、そういう意味では選手の大幅入れ替え=悪と決め付けることもできないのだけれども、でもやっぱりクラブを愛する立場として考えるならば、毎年のように選手が入れ替わるよりも、できる限り同じメンバーで戦っていけたほうが愛着もわくわけで。そういう意味では、鹿島はむやみやたらに選手を採用したり解雇したりをしないクラブでよかったなぁと思ったり。そういう面も鹿島のファミリーっぷりを産む1つの要因になってるんでしょうね。選手を大事にするクラブにはいい選手が集まるという法則がもっといろんなクラブに広まっていったら、選手達の雇用も安定して、安心して有望選手がサッカー選手になれるのかななんて思ったりもしつつ、その反面、厳しいサバイバル状態の職場だからこそ、必死になれるのかなぁとも思ったり。難しい話です。

とにかく。現役続行を希望する選手達がひとりでも多くサッカー選手を続けることができますように!と願う今日この頃です。阿部ちゃんの移籍先を筆頭に。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/12/12

トライアウト。

明日、長居スタジアムにてJリーグの合同トライアウトが開催されます。鹿島からはもしかしたら阿部が出るのかな?ちょっと詳しくはわからないのだけれども。で、他に気になる選手は、いないかなぁと思っていたら。今日になって、マチのフロンタとの契約満了、ヴェルディとの契約満了が発表に・・・。3度目のトライアウトになるのかな。出るって確定したわけではないけど、出ると信じて。新天地を見つけ出せるように頑張れ!と思いました。

マチ以外では、同じくフロンタと契約満了になった選手達の動向が気になるところではあります。匠や巌、木村などなど。去年の塩川のようにみんなに新天地がみつかりますように!

それにしても世知辛い季節です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/11

サッカーはエンターテイメント。

ヴァンフォーレ甲府の皆様、昇格おめでとうございます。

大木監督が何度も何度も選手、スタッフ、サポーターに向けて「おめでとうございます」と言っているのを見て、監督こそおめでとうございます!と思ってしまったというか。大木監督は日本人監督の中では、指折りの紳士さを持ち合わせた人だよなぁと思っていて、ってそれは一部の監督が恨み節やいやみを言うから余計にそう感じるのかもしれないんだけれども、試合後のコメントを見るのが好きな監督の1人でもあります。他に誰が好きかといったら、我らがトニーニョセレーゾはもちろん、オシムだったり、関塚さんだったりするんだけれども、その次にくるのが、大木監督と松本監督なわけで。や、逆意味で注目している監督もいるんですけど、まあ。

そんな大木監督の名言「サッカーはエンターテイメント。」
J1でも大木流エンターテイメントを魅せてくれると期待しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/10

また来年。

20051210
今年最後のカシマサッカースタジアムでの試合が終わりました。また来年!リーグ戦、カップ戦、全ての公式戦ホームゲームに行くことが出来ました。来年もできる限りホームに足を運べたらいいなと思っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/09

風林火山。

頑張れ、ヴァンフォーレ甲府!

J1昇格を心待ちしております。って柏も好きなクラブだけに内心とっても複雑ではあるのですが、今年一度も小瀬にいけなかったので、来年こそは温泉とほうとうを満喫したいなぁと。そして、鹿島は明日は天皇杯5回戦。今年一度も勝てなかった相手との対戦ですが、こちらも勝利を信じております。睡眠不足MAXな状態でカシマスタジアムに乗り込みます。明日、カシマサッカースタジアムでお会いしましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/03

終戦、そして天皇杯へ。

いろんな意味で今年の鹿島を総括した試合となりました。
明日からは、元旦目指して行きましょう!
200512031812000.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/12/02

選手は、今日も優勝の準備をしている。

負ける気がしなかった前半戦。
守りの要の相次ぐ退場劇に頭を痛めた中盤戦。
どうしても勝てなかった終盤戦。

1年間のリーグ戦の総まとめが明日あります。

NIKEの今年の広告にずっと乗っていた文章、「選手は、今日も優勝の準備をしている。」を胸に、悔いの無い試合を期待しています。

明日、カシマサッカースタジアムでお会いしましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/01

降格圏突入・・・。

ファンサカの結果。
前節終了後、とりあえずメンバーをその節の鹿島のスタメンにしておいて、そのまま編成するのを忘れてしまいました。資金に余裕があったのに満男を買い戻すこともなく・・・。最終節は、や、最終節も全員鹿島で!

GK 曽ヶ端 準      鹿島 3fp
DF 新井場 徹      鹿島 4fp
DF 羽田 憲司      鹿島 3fp
DF 岩政 大樹      鹿島 5fp
MF 本山 雅志(C)    鹿島 7fp
MF 青木 剛       鹿島 1fp
MF リカルジーニョ    鹿島 3fp
MF フェルナンド     鹿島 4fp
MF 増田 誓志      鹿島 0fp
FW 深井 正樹      鹿島 7fp
FW アレックス ミネイロ 鹿島 5fp

獲得fp:49fp
後期累計fp:882fp
イースタンリーグ:9,421位 ↓
年間累計fp:1,882fp
リーグ共通:23,884位 ↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »