2005/11/16

国立霞ケ丘競技場。

もうすぐキックオフ。
200511161857000.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/04

キャッチコピーどれにする?

昨日のエルゴラで知ったんですけれども、JFAが来年の代表のキャッチフレーズを公募するそうで。公募といいつつ、候補の中からの選択なんですけれども。えーっと、どれも微妙じゃないですか?

  • 頂点へ、全員で。
  • WIN NOW!
  • 世界を驚かせよう。
  • Make the HISTORY
  • SAMURAI BLUE 2006
  • うーん。個人的な見解としましては、来年はW杯の年。世界中にここで選ばれたキャッチフレーズが知られてしまうということを考えると、英文字のキャッチフレーズはありえないんじゃないかなぁと。特にMake〜は微妙かなぁと。まあでもそうはいっても、代表ゴール裏や応援弾幕には英語が溢れているから今更ってことなのかな?って別にポルトガル語にしろって意味じゃなくて、世界に出て行く言葉だからこそ、日本語のほうがいいんじゃないかな?ってことなんですが。100歩譲ってSAMURAIはありかなぁと思いきや、そのあとにBLUEかーっていう。そういえば、一生懸命代表をブルーなんとかって呼ぼうとしているテレビ局があったような?じゃあ日本語の二つは?というと、無駄に倒置法とか使ってるのがあんま好きじゃないしなぁってのもあったりして。

    とまあ、積極的にこれがいい!ってのが全く無い公募ではあるんですが、これはイヤ!があるので、それが選ばれないように投票しておこうかなぁと思う次第。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2005/09/07

    宮城スタジアムのアイーダ。

    試合終了直前、テレビから聞こえてきたアイーダの歌声にいろんなことを思い出したサッカーファンの方が沢山いるかと思います。宮城でのアイーダは切なすぎる哀歌としてずっと頭に記憶されていたわけで。ホンジュラスに勝ったということよりも、過去のトラウマが消えたことに対する喜びが大きい代表戦でした。

    ぶっちゃけ前半戦は、だらだらといろんなことをしながら、所謂ながら見だったんですが(って真剣に見なかった代表戦ってかなり久しぶりな気も)、後半柳沢の同点弾が入ったところからは、夢中になってみておりました。ヤナギ素敵すぎ。

    とはいえ、4失点してしまったのはこれからの課題。原因が何か?って話は沢山の方が書くと思うのであえて書きませんが、4バックで行きたいならば、Jリーグで4バックに慣れ親しんでいる選手をもっと代表に呼ぶべきなんじゃないかなぁと。あと、ヒデさんの集中力が途中で切れてたのがちと気にはなったけど、試合に出てないからなのかな?稲本は試合の中での波が相変わらずだけど、いい瞬間は誰よりも輝いてる素晴らしいボランチなんですよね。難しい選手です。中田浩二は(略)。

    ジーコジャパンで、明らかな格下相手の試合以外でこんなに点を取ったのって初めてなんじゃないかしら?と思うのですが、いかがでしょう?適当な記憶なのであてにはしないでください。点が入りまくる試合って大味になりがちだけれども、今日(の後半)は、息を呑む展開で面白かったです。

    満男は、その勢いで川崎戦でもゴールを決めておくれ。
    とりあえず、試合終了直後の率直な感想でした。といっても、90分しっかり見ていたわけではないので、このあとで詳細な感想を書く予定はあんまりないんですけど。

    | | コメント (0)

    2005/08/18

    イラン戦の鹿島戦士。

    改めて昨日の代表戦の雑感を。
    鹿島の選手が出ている場合は、大抵その選手を中心に見ることが多いのですが、イラン戦は小笠原のみの出場だったので90分を通して小笠原中心に観戦していました。

    前半の小笠原は、いい意味で無駄走りが多くて、とにかくスペースを見つけ出しては走りこんでいました。玉田が下がり気味になってボールを受けに来ていたら、FWの位置へ、ボランチが上がって攻撃に参加してきたら、中盤に出来た穴を埋めるように。かなり蒸し暑かったので、このペースだと後半もたないんじゃないのかなぁ?としょっぱなから心配するくらいの運動量でした。んでもって、この日の小笠原はシンプルなプレイを心がけていたんでしょうか?無駄に長くボールを持つことなくどんどんパスを供給していて、いいリズムでプレイしていました。前半に関しては、かなりよい出来だったのではないでしょうか?そのかわり、後半は酷い出来でしたが。後半に入ると、前半の同じような場面では走れていたところが全然走れなくなってしまって、自分から離れたところにボールがあると、次の動きにいかずにボールウォッチャーになっている姿も結構見られて。たまに、思い出したように全速で走るとそのあとのボールコントロールをミスったり。ここまであからさまなのに、なんでジーコは代えないのかな?とも思ったけれども、試合展開的にジーコが攻撃の選手を投入する確率は低いよなぁ・・・と勝手に納得したりして。後半30分を過ぎる頃には、プレイが途切れて他の選手が給水に向かっているときに、しきりにアキレス腱を伸ばしてみたりと足を気にし始めて、試合終了後、全体の挨拶が始まるまでの間は、他の選手は立っていたのだけれども、小笠原は座り込んで水を足にかけてへたっていました。土曜日までに回復するかちと心配になったんですが、大丈夫だと信じたいところ・・・。

    一方、本山ですが。ベンチの様子が見えない席だったので、試合中何をしていたのか?はわからないのだけれども、ハーフタイムのアップ時には、巻と組んでパス交換やシュート練習をしておりました。シュートの成功率がよろしくなかったのがちと気がかりではあったんですが、出場することができなかったので、余計な心配となってしまいました・・・。後半のアップのときは、茂庭と楽しそうにアップしていたのですが、かなり早い段階でベンチに引き上げてしまい、こりゃ今日の出番は無いなとその時点で覚悟は決まり・・・。といいながら、最後までアップをしていた茂庭、駒野、巻、楢崎は出番が無かったことを考えるに、ジーコが3枚目のカードを切るとしたら本山だったんかなぁと後になって思ったりもしつつ。アレックスが削られて倒れるたびに、ベンチから駒野が飛び出してアップしていたのが印象的でした。

    試合終了のホイッスルと同時に、本山はベンチで他の控え選手たちと喜びを分かち合い、そのあと戻ってきた選手と握手。そのあと、自分のユニフォームを手にして、ばたばたと埃でも払うかのようにしばらく扇いでいて、着るのかな?着ないのかな?と思いながらみていたら、おもむろにユニフォームを丸めて右のパンツのポケットにしまいこんでしまいました。挨拶時に本山のポケットが妙に膨らんでいたのはそのためです。場内一周のときには、見慣れたお手振りと拍手でご挨拶。本山はいつでも本山でした。

    そうそう、ジーコの挨拶なんだけれども、サポーター関係者、選手に感謝の言葉を述べた後に、深々と選手のほうにもお辞儀をしていたのが印象的でした。や、実はバックスタンドのお客さんにむかってしただけなのかもしれないけれども・・・。

    次は、ドイツでの好成績に向けて頑張っていって欲しいものです。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    写真で振り返るイラン戦。

    2005081701 2005081702
    日産スタジアムが今日だけ横浜国際競技場に戻った今日、ワールドカップ最終予選、イラン戦を観戦してきました。いろいろ思うことはあったのだけれども、今日のところはとりあえず、写真をぺたぺた貼ってみようかなと思います。

    2005081704 2005081706
    日本のペースで始まったこの試合、先制点を決めたのは、なんと加地さんでした。嬉しいというよりも、びっくり。ブラジル戦の幻のゴールはあったけれども、まさか本山より先に代表初ゴールを決めるとは・・・。

    そのあと、後半に入って大黒の追加弾が決まってほっと一息ついたところで、PK献上。そして、失点。そのあとしばらくはヒヤヒヤドキドキではありましたが、負ける気はあまりしなかった、かな?

    2005081705
    それにしても、玉田の弾幕多すぎ!

    試合終了後、川淵キャプテンとジーコの挨拶がありました。そのあと、みんなで場内一周。両ゴール裏で万歳していたのですが、報道陣多すぎで1Fの前のほうにいた人には何も見えなかったんじゃないかしら?
    2005081708 2005081709
    2005081710 2005081711

    入場時に何ももらえなかったので、川淵キャプテンの言っていた記念プレゼントってなくなっちゃったの?とちょっと寂しくなったりもしていたのですが、帰りに出口でもらうことができました。が、1人1つしかないのに、複数もらおうとする悪い人が大量にいて、全員に回らなかった様子。なんだかなぁと思いました。大量に取った人はオークションに出して売り裁いたりするんだろうなぁ・・・。写真だとわかりづらいかもしれませんが、チケットフォルダーです。ジーコのメッセージとサインが入ってるのが個人的にはとっても嬉しく。

    2005081712 2005081713

    とにかく。
    1位通過おめでとうございます!素直に嬉しいです。細かい話はまた後日。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2005/08/16

    イラン戦前夜。

    明日は、ワールドカップアジア最終予選、最終戦イラン戦です。どっからどう見ても、消化試合ではあるんですが、1位通過を目指して勝利にこだわって欲しいものです。って私が言わなくてもそんなことジーコも選手もよーくわかってることなんですけれども。1位通過=イランに勝てば、先日の東アジア選手権での惨敗で懸念されるFIFAランキングの低下に多少の歯止めはかかると思いますし。普段は別にFIFAランキングなんてどうでもいいし、参考にすらならないと思ってはいるけれども、W杯の抽選と関係があるわけで、これから半年は今より上がることはなくても、下がらないように勝ち続けて欲しいなぁと。

    明日のスタメンは、東アジア選手権、北朝鮮戦と同じメンバーのようですが、ジーコいわくベンチにいる全員に途中出場のチャンスはあるとのこと。ってその前に21人いるうち3人はスタンド行きなんですけどね・・・。1人はGKとして、あと2人が誰なのか?も気になるところではあります。っていうか、本山が今度こそ、たとえそれが消化試合であっても、ベンチに入れますように!そして、もう言い飽きてしまった言葉ではあるけれども、今度こそ、代表初ゴールを!

    個人的にとっても気になっているのが、明日の入場者全員に配るといわれているW杯出場記念品ってやつなんですが。最初にこの話が出てきたときに、キャプテンはTシャツという案を出していたけれども、あれから話も聞かないし(って私が気がついてないだけかもしれないけれども)、どうなったのかなぁ?と。記念品企画そのものがなくなったってことはさすがにないと思っているんだけれども。モノは何でもいいんで、記念に残るモノがいいなぁと思っています。

    あとは、明日急な残業が入らないことを祈るばかり。

    | | コメント (0) | トラックバック (1)

    2005/08/08

    東アジア選手権終了。

    大会の存在意義がいまいちわからないという声も結構聞かれた東アジア選手権が終了しました。まあ、存在意義はともかくとして、出るからには勝てと思うので、優勝できなかったことは残念極まりないというのが素直な感想です。といいつつ、昨晩の韓国戦の時間、鹿嶋から帰ってきてはいたのに県内をふらついていて生放送で見ることはなかったんですが・・・。やべっちFCで、ダイジェストを見た限りでは、本山は惜しいミドルシュートを2本打っていたようですが、それ以外ではいまいちだったのかしら?前半怪我をしたという情報もあって焦っていたのですが、無事だったようでなによりです。

    代表は一旦解散して15日に再度集まるとのこと。ということは、13日の練習試合には代表組がいるってことですよね?13日が楽しみになりました。今年は、柏の試合を全然見にいけてないので、柏チェックも出来るというのがまた嬉しくもあり。近藤が怪我をしてからずっと試合に出ていないのだけれども、それは干されているということなのか、怪我が治ってないのかってあたりも全然わかっていなく。中澤聡太は干されているだけ?練習試合なので、サブ組中心の対戦もあるかと思うので、そのあたりにも注目できたらなぁと思います。

    昨日のお話で書き忘れ。サポーターから金古選手への寄せ書きが贈られたのですが、私もちょこっと書かせていただきました。写真を撮り忘れたのがちと残念でもあり。小学生くらいの男の子が、「僕、金古になんていったらいいんだろう?」ってずっと悩んで親に相談していたんですが、彼はちゃんと言いたいことを伝えられたのかなぁ?と思いつつ、本人の前では呼び捨てしちゃだめだよーと心配したりもしつつ(余計なお世話)。

    2005080801オフィシャルショップのディスプレイに新たに作られたがちゃぽんのシークレット、金の小笠原と本山のフィギュアが飾ってあったんですが、なんというか、不気味でした。小笠原は、や○ざの組長の銅像っぽく見えるし・・・。本山は・・・。がちゃぽんに入っている紙を集めて応募すると抽選で当たるらしいので欲しい方は頑張って狙ってみてください。もしくは、クラブハウス店内でカラーカプセルヴァージョンとして、金のフィギュアも含まれたシリーズが置かれているのでそこで挑戦というのもよいかもしれません?
    この選手フィギュアシリーズ、確か開幕前に全選手分作るって話だったと思うのですが、未だに第1弾しかないところを見ると、このあと全選手が出てくる可能性はかなり低いのかしら?とりあえず、後半戦には第2弾が出てくるだろうとは期待しているのですが。第2弾で出てくるとしたら、隆行は確実で、あとは新井場、ソガ、主将、ノザ、うっちー、ナラさん、石川あたりなのかな?(なんとなくブラジル人選手は外してみました)。ソガとナラさんの出来がとっても気になるところです。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2005/08/05

    本山雅志。

    突然坊主にした理由は語られないままだけれども(本山の過去の言動から推測するに5年後くらいに語られるような気もしますが)、中国戦後のコメント、翌日の練習の話を見るに、本山が東アジア選手権に賭けていた気持ちがひしひしと伝わってきて、いつにも増して本山を応援したくなっています。

    現時点でレギュラーポジションをほぼ手中に入れているメンバー(といってもジーコのことだから今後何が起きるか?はわからないけれども)、海外組がいなければレギュラーなメンバーが今大会で求められているのは「プレイの質」、新しく呼ばれたメンバー、これまで出番がほとんどなかったメンバーが今大会で求められているのは、「可能性」なのかな?と勝手に思っているのですが、本山の場合は、「結果」なんだろうなぁと思うわけで。

    そんな中でも、がむしゃらに向かっていけずに、まず回りのこと全体のことに気を配ってしまうのが本山のよさでもあり、突出できずにいる弱さなのかなと思ったりしつつ。案の定、試合後のコメントでは、

    自分としてはバランスをていねいに考えた部分がありました。

    と予想通りの言葉。どんなときでもらしさを忘れないところをいいなぁと思うと共に、むずがゆく感じてしまうのですが、多分きっと彼はこれからもずっとそういう選手なんだと思うし、チームプレイにおいて彼のような存在が皆無になってしまったらそれはとっても危険なことだと思うので、そんな本山を応援したいなぁと改めて思うのでした。

    別のコメントでは、

    もし次のチャンスがあれば、がんばっていきたい。

    という言葉もあり、まあこれは、この前に「このメンバーでは」という枕詞がつくのかもしれないけれども、中国戦でのスタメン出場が最後のチャンスだったという意識が彼の中にあったのかなぁという気もしたり。

    が、翌日の練習には、1人前日のスタメン組から志願して控え組と一緒に参加したとのこと。胸のうちにある悔しさやこの大会にかける思いが伝わってくるような気がします。本心はいつも見えない本山なので、あくまでも気がする、だけなんですが。韓国戦で本山に出番がありますように!そして、前回の東アジア選手権での韓国戦のように果敢に仕掛ける姿が見れますように!と願うのでした。

    ところで。本山が坊主になった今、巻の髪の毛がうっとおしいなぁと思っていたら。
    ジーコがどうにかしろと言ったとか。もしや本山の断髪もジーコが関係しているのか?巻は何かで髪の毛をとめるって言ってたけれども、どうせなら小笠原が韓国にも持参してるような気がするバリカン、や、小笠原じゃなくても坪井は絶対持ってそうだしな、で是非、坊主の仲間入りを!と思ってしまったり。そういえば、玉田も柏で谷澤の頭を刈ってたけれども、玉ちゃん自身の坊主も見てみたいなぁなんて。すっかり坊主マニアです。

    | | コメント (2) | トラックバック (1)

    2005/08/03

    リスクを負わない戦いはつまらない。

    2点差を追いついた引き分けではあったけれども、ストレスがたまる試合でした。ジーコは最後まで戦う姿勢を見せたというけれども、私には一部の選手がミスを恐れて腰が引けているように見えて、なんだかなぁと。若い選手、代表経験の少ない選手が多い中で、広い視野で全体を見ることが出来る選手がほとんどいなかったのも、つまらないと思ってしまった一つなのかもしれません。多分、唯一全体が見えていた本山にはボールが集まらず、途中交代。結果を出せなかった試合で必要以上に擁護をするのは、いかがなものかと思うのだけれども、今日のスタメン選手の中で、プレイの精度と視野の広さ、スペースへの飛び込み、攻守の切り替えと様々な面で、優れていたように思えた本山がチームと上手くフィットしないまま終わってしまったのはとても残念でした。後半10分田中達也が巻にラストパスを出したとき、巻の向こう側でするりと動いてどフリーで待っていた本山の姿は見ていて虚しかったです。テレビ朝日の実況や解説は2TOPにばかり気が向いていて、選手にもテレビにも無視されてるなぁと・・・。本山ヲタの戯言なんですかね・・・。

    代表にどんなサッカーを求めているのか?ということも関係があるのかもしれません。代表はつまらなくてもいいからとにかく勝て!と思ってはいるものの、コンフェデでみせてくれたパスサッカーに、代表にも面白いサッカーを求めたくなってきてしまった欲がいけないのでしょうか。うーん。そうはいってもやはり、あまりにも今日のサッカーはチキンでかつ単調でドキドキ感が足りなかったなぁと思ったのでした。

    と、ついつい愚痴から始まってしまいましたが、スタメン全員入れ替えという衝撃的采配の中、未来への希望が見えた試合でもありました。まず、今野。彼のがむしゃらにボールを奪うプレイスタイルはA代表でも通用していて、これからが楽しみだなぁと思いました。フレッシュなメンバーとではなくて、例えば北朝鮮戦のスタメン組の中で、遠藤の変わりに今野が入ったらどうなるんだろう?とか、いろいろ妄想させてくれる選手だなぁと。田中達也のゴールもお見事でした。本山と大久保が代表初ゴールを生み出すのにこれだけ苦労している中であっさりゴールを決めてしまう田中達也は何かが違うのかな、と。正直、上述した周りとの絡みやもっと全体を見ろよという気持ちを含めるととっても複雑ではあるんだけれども、FWは点を取ってなんぼなわけで、彼を評価しないのはおかしいよなと。

    逆に、駒野と村井は90分の間でムラがありすぎて、ちと残念だったかな。開始早々の駒野には、ぶっちゃけ加地さんよりいいんじゃない?という期待を抱かせてもらったのだけれども、総合的にみたらまだまだだったなぁと。村井も、クロスの精度はアレックスより全然上だなぁと思ったものの、総合的には極めて物足りなく。うーん。巻も悪くはないんだけれども、何度もオフサイドにかかって、シュートが決まらないのを見ていると隆行とかわらんよなぁと思わざるを得なく。って巻よりも、交代で入ってきた玉田と大黒のほうが何してるんだろう?状態ではあったんですけれども。

    まあ、ラフなプレイ続出の試合で誰も怪我人が出なかったのでよかったのかなぁ。と思うことにします。ラスト韓国戦では、すかっとするような試合を見せて欲しいのだけれども、どうなるんですかね?

    |

    2005/08/02

    A代表初キャップ前夜祭。

    いつの間にか始まっていた東アジア選手権です。とりあえず男子の話。
    日本は、北朝鮮に敗れたものの、韓国と中国が引き分けたので、残り2試合を連勝すれば優勝できるとか(北朝鮮が連勝したらダメだけど)。ってことは、手堅く優勝を狙うのかしら?と思いきや、ジーコはスタメン総入れ替えを宣言。面白くなってきました。

    つまりは、サブ組常連の本山さんや坪井さん茶野さんはもちろんのこと、代表に初招集された今野、駒野、村井が明日は代表初キャップとしてスタメン出場濃厚というわけで。今ちゃんの運の強さに感心してしまったり。や、もちろん代表に選ばれたのは彼の実力だし、運という気は全くないんだけれども、実力だけではどうにもならないのもまた確かで、タイミングが上手くあう選手だなぁと思ったのでした。柏の永田のようにタイミングがずれまくる選手もいるわけで・・・。って、まあ大黒の代表デビューのときのようなシンデレラストーリーとしては今回は駒野のほうが適任なんでしょうけれども。

    というわけで、明日の中国戦、一気に大注目なカードとなりました。前回の東アジア選手権のときはぶっちゃけ一番つまらなかったのが中国戦だったんですけれども(本山好き基準)。世間的(っていうかマスコミ的)に注目が集まるのは、代表初キャップ組と先日の北朝鮮戦で初キャップを数えた、田中達也&巻の2TOPになるんでしょうけれども、こんなときだから、こんなときこそ、本山の大活躍に期待したいと思います。つまりは、代表初ゴールを!ということなんですが。マンチェスターユナイテッド戦、北朝鮮戦と連戦だった疲れがどのくらい残っているか?が気になるところではありますが、代表に残るための背水の陣。できる限りの力を発揮して欲しいものです。期待しています。

    話は変わってフジロックの思い出話。
    5日間、自然と音楽とアウトドアを満喫してきました。初日の夜がマンチェスターユナイテッド戦だったんですけれども、仲間とバーベキューを楽しみながら片手に携帯電話を持ってライブアントラーズチェックをしたり。のっけから本山のゴールに大騒ぎをしてしまいました。最初は、この5日間はサッカーを忘れると決めていたんだけれども、誘惑には勝てなかったというか。ライブアントラーズでは、本山の名前はもちろんのこと、青木の名前がよく出てきていて、映像を見るのがとても楽しみになったです。

    実は、キャンプをしていた場所の近くにテレビを見ることができる場所があって、北朝鮮戦をリアルタイムで見ることが出来る環境ではあったのだけれども、さすがにそれはいかがなものかと思いなおして、音楽を楽しむことを選択したのでした。それでも携帯は片手だったんですけれども、電波状態が悪くほとんどわからないままに終わってしまいました。

    会場では、現地からのレポートにも書いた通り、サッカーグッズを見にまとった人を多々見かけました。キャンプサイトでも、すぐ隣にFC東京のタオマフが洗濯物として干されていたり、浦和のタオマフをまいた人がいたり。普段は敵であるはずの他サポの方々ですが、母体が音楽好きになると、海外サッカー好きのほうが遥かに多いという印象があるからか、妙に親近感が沸いたりして。実際場内で見たユニフォームは、海外サッカーが中心でしたし(バルサ、インテル、ミラン、レアルが中心)。他に多かったのが、イングランド代表ユニで。クラブのユニならまだわかるんだけれども、代表となるとなんかちょっと滑稽だなぁと思ってしまったのは、フジロックにはいろんな国の人が集まってきているからで。英国から来たと思われるイングランド代表ユニの人が、日本人が大量にイングランドな格好をしているのをみてどう思ったのかな?とか考えてしまったり。考えすぎだとは思うんですけれども。

    空き時間にはボールを蹴って遊んだりもしたんですけれども、自分のあまりの下手糞さに改めてびっくりしたです。もっと練習しなくては!と思いました。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    より以前の記事一覧

    その他のカテゴリー

    ご挨拶 | サッカー・2005年J1 | サッカー・2005年J2 | サッカー・2005年天皇杯 | サッカー・2006年J1 | サッカー・2006年J2 | サッカー・2006年天皇杯 | サッカー・2007年J1 | サッカー・2007年J2 | サッカー・2007年天皇杯 | サッカー・2008年ACL | サッカー・2008年J1 | サッカー・2008年J2 | サッカー・2008年その他 | サッカー日本代表・2005年 | サッカー日本代表・2006年 | サッカー日本代表・2007年 | サッカー日本代表・2008年 | サッカー雑記・2005年 | サッカー雑記・2006年 | サッカー雑記・2007年 | ファンタジーサッカー | フジロックフェスティバル2005 | フジロックフェスティバル2007 | 大学サッカー・2005年 | 大学サッカー・2006年 | 大学サッカー・2007年 | 大学サッカー・2008年 | 川崎フロンターレ・2004年 | 川崎フロンターレ・2005年 | 川崎フロンターレ・2006年 | 川崎フロンターレ・2007年 | 横浜FC・2005年 | 横浜FC・2006年 | 横浜FC・2007年 | 横浜FC・2008年 | 高校&ユースサッカー・2004年 | 高校&ユースサッカー・2005年 | 高校&ユースサッカー・2006年 | 高校&ユースサッカー・2007年 | 高校&ユースサッカー・2008年 | 鹿島アントラーズ・2004年 | 鹿島アントラーズ・2005年 | 鹿島アントラーズ・2006年モブログ | 鹿島アントラーズ・2006年観戦記 | 鹿島アントラーズ・2006年試合展望 | 鹿島アントラーズ・2006年遠征記 | 鹿島アントラーズ・2006年雑記 | 鹿島アントラーズ・2007年モブログ | 鹿島アントラーズ・2007年観戦記 | 鹿島アントラーズ・2007年試合展望 | 鹿島アントラーズ・2007年雑記 | 鹿島アントラーズ・2008年観戦記 | 鹿島アントラーズ・2008年試合展望 | 鹿島アントラーズ・2008年雑記 | 鹿島アントラーズ・スタジアムグルメ