« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006/02/28

水戸戦雑感。

水戸戦の話を3日も引っ張ってますが、最後に選手個々の感想を中心につらつらと思ったことを。

まず守備陣。CBの3人は守備面ではまあよかったかなと思いました。といっても、水戸があまり攻撃的ではなかったので、どこまで参考になるのか?は微妙でもあったのですが。って失点シーンはいただけなかったですけれども(最後マークを外したのは青木だったような気もしますけど)。大岩は相変わらずの読みのよさでインターセプトを結構していたのですが、岩政も去年よりも前に出てボールを奪取する場面が増えていたような。CB陣だけではなくて、他の選手も守備面では一歩先に飛び出して攻撃の芽を摘むというプレイを積極的にしていたように思います。が、出来ていたのは相手が水戸だから?という気も若干しつつ。水戸に対して失礼だとは思うんだけれども、攻撃時にダイレクトにパスをぽんぽん繋いできたりはしないので、速攻がはまったとき以外は攻撃に怖さがなかったというか。

が、攻撃面、つまりボールを奪ったあとのプレイには疑問符が頭を駆け巡ったりもして。って今日に始まったことではないのだけれども、岩政の足元から前に蹴りだされるボールに込められた意図がいまひとつ伝わってこないというか。印象や先入観というのも確実にあるんだろうけれども、とりあえず蹴り返しているように見えてしまうのが残念だなぁと思いました。じゃあ大岩と羽田はよかったのか?といわれると、得意なはずのロングフィードが上手くいってなかったりで、まだまだかなぁと。

SBにはスタメンで内田篤人と石川、石川が下がってからは左サイドに新井場が入ったのですが、内田篤人に関しては、既に書いたので省略。どんどん経験を積み上げて成長していって欲しいです。左サイドについては、新井場のほうが守備面では安心してみることができるし、攻撃面では石川のほうが魅力的なんだけど、でも2人が同時起用される場合には、新井場が前になってしまうのは、石川が2列目に入ると2列目のポジションチェンジが出来なくなるから?と思ったり。石川は無駄な動きがなくてよく言えば、効果的に攻撃参加していたのだけれども、もうちょっとフリーランをする姿を見たかったなぁとも思いました。左サイドにボールがあるときは、パスを出したあともさらに攻撃参加していて、素晴らしかったんですけれども。石川と新井場のコンビネーションは、一緒のチームであまりプレイしてないんだろうなぁと思わざるを得ない(同じポジション同士なのだから大抵の場合、別々のチームで紅白戦とかを戦っているでしょうし)息の合わない場面(パスの強さや長さで)も見られたものの、やろうとしていることは見えてきて、上手くはまったらいい攻撃パターンになるんだろうなぁとも思いました。

次、ボランチ。青木は、特に前半は前に後ろに走りながらも右サイドのケアに結構神経を使っていたように見えました。余力がある中で他の選手のカバーにも回れるなら問題ないんでしょうけれども、右サイドを気にするあまり自分がすべきプレイをちゃんとできないでいるんじゃないか?って思ってしまう面もありつつ。ってこれは、篤人の隣に入った岩政にも言えることなんだけれども。弱い部分をカバーしたい気持ちが強くなりすぎて、本来のバランスが崩れてしまうのはちょっと怖いなぁと思ったです。って、後半になるとあまり気にならなかったので、最初だったからなのかなと思うことにします。逆に誓志はまだ慣れないだろうポジションで、自分のやるべきことに対して忠実にかつ積極的に取り組んでいたように思います。ただ、ボランチというポジションを考えると、いい動きをするだけではなくて、ボールをキープしてためたり散らしたりという役割も必要になるわけで、もっともっと頑張って欲しいなとも思いました。左右のサイドに大きく展開する力なんかはやはりまだまだ青木のほうが上だなぁと。

次、2列目。新井場の2列目は無難なんだけど、怖さが足りないんだよなぁと思いました。まあでも急遽やらされただろうポジションだということを考えるとよくやっていたんじゃないかなぁとも思います。でもやっぱり、サイドバックで見たい選手なんですけども。水戸の選手との接触で2度もピッチの外に出ざる得なくてちとかわいそうでもありました。相方の深井は、間違いなくこの日のMOMだったのではないでしょうか。攻守に渡って積極的に動き回っていたように思います。不満を言うならば、本山と入れ替わってFWの位置に入ると怖さが弱まってしまうことで。今年も一応FW登録だけど、FWで試合に出る機会よりもMFで出る機会のほうが多いんだろうなぁと思ったです。

最後、FW。田代は動き、高さ、強さは素晴らしかったのだけれども、ボールを受けてからの遅さが気になりました。ペナルティエリアの中にいながらシュートで終われないのはいらいらがたまるっつーか。もたもたしているうちに相手に囲まれてしまって苦し紛れにヒールパスを出したりもしてたんですが、まだまだ回りが見えていない面もあるのかなと思いました。って野沢やアレックスに慣れてしまってるからこそそう思うだけで、決して悪いわけではないと思うのですが。でもって、逆に言えば、今の田代にボールを受けたあとの速さが備わってきたら凄くいいFWになるだろうなぁという期待も多々。本山は、ごちゃごちゃしがちな中でいいパスを通したりピッチにできたスペースを埋めたりと効果的な動きはしていたものの、本山が入ったことで宮崎キャンプを通して積み上げてきたアウトゥオリのサッカーをさらに進化させているのか?混乱させているのか?がよくわからなかったです・・・。小笠原が戻ってくるとさらにわからなくなるのかもしれませんが。この日の本山は前半から相手に削られてしまって足を引きずりながらのプレイが続いていていたりもしてちょっと不安になったり。その上ピッチコンディションがよろしくなかったこともあって、ドリブルがあまりよろしくなかったです。それでもやっぱり、戻って来ていきなりスタメンで出れるだけのモノはあるよなぁとも思うわけですが。

途中出場組は、際立って目立った動きをしていた選手はいなかったのだけれども、みんなそれなりによくやっていたかなとは思います。全体的にいえることはシュート打て!でもあるんですが。康平が倒された場面はかなり惜しかったです。

不満も多々あった試合だったんですけれども、去年の水戸戦も似たような感じだったし、これから開幕に向けて最後の調整をしっかりかけてくると信じて開幕を待とうと思った試合でした。あ、パスミスが結構目立っていたのだけれども、それがピッチコンディションのせいなのか、新しいボールにまだ慣れないのかがよくわからなくて、それがちょっと心配でもありました。代表の試合を見ていても新しいボールにまだ慣れて無さそうな印象を受けますし。まあ、それは鹿島だけじゃなくてみんな同じ条件なのだから、いいわけにはできませんけど。

とにかく。開幕はもう5日後に迫っているわけで。日に日に気持ちが開幕に向かって高ぶっている今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/27

攻撃サッカーを見ることができるのか?

PSM水戸戦での攻撃面の感想。

2列目の選手が昨年よりもサイドにいるなぁというのが一番目立っていたのだけれども、2列目にスタメンで入っていたのが新井場と深井だったというのも気になるところで。アウトゥオリのサッカーがそうさせているのか、この2人だからそうなるのかが見ている限りではまだよくわからなかったというのが正直なところです。まあでも監督の指示なんでしょうけれど。2列目がサイドに寄ることで昨日書いた通り、ボランチは前方向に去年以上に出て行かなくてはならなくなっていました。これまでは、小笠原と本山が2列目に入る場合、頻繁なポジションチェンジが目立っていたのですが、昨日はたまに入れ替わっているものの基本的には、深井が右サイド、新井場が左サイドにいる時間が長かったように思います。縦のポジションチェンジとしては、深井と本山が何度か入れ替わっていたのですが、それが戦術的なものなのか、本山が下がって受けにいくことによる流れの中での変化なのかがわからず。ボランチとFWの間にどうしてもスペースが空くので、そこに本山が入り込んでいって(田代もやっていましたが、本山のほうが目立っていたと思います)ボールを受けると今度は前が空くので、特に左サイドから攻撃を仕掛けるときには、深井がFWの位置に入って前を埋める感じ。逆のパターン(新井場がFWの位置に入る)はほとんどなかったように思います。

サイド攻撃が目立っていたという話も昨日書いたのですが、最後サイドをえぐってクロスを上げるときには、ゴール前に常に3人の選手が張っていました。その組み合わせがFWと反対サイドのOMFとは限らないというのが面白いなと思ったところで。相手の守備形態によってはかなり混乱させることもできるのではないでしょうか?ただ、昨日は、そのあとがよろしくなかったんですが。クロスを受けてダイレクトで次のプレイに繋ぐなり、シュートを打つなりすればよいところで、雨でボールが足につきにくかったってこともあったかとは思うのだけれども、なんかコネコネしているうちに相手DFに囲まれて終わってしまうという場面が多かったように思います。ダイレクトプレイが得意な柳沢、野沢、小笠原やトラップで相手を交わせるアレックスがかなーり恋しくなりました。逆に言えば、彼らがまだいるじゃんっていう慰めにもなったんですけれども。

あと、去年と変わった!と思ったのが、セットプレイ時(攻撃のとき)で。去年までは(体格だけ考えたらゴール前で競いまくりのはずが)ボランチにいても右サイドバックにいてもかなりの確率でお留守番役だった気がする青木が、お留守番じゃなくなっていたのでした。そうなると、コーナーキックのたびに青木の動きに注目しまくりだったんですけれども、それらしい動きはしているものの青木にあわせれば得点入ったよー的魅力はまだ感じることができず。これからどんどん経験値を上げて競れる男になって欲しいなぁと思いました。そういえば、昨日のスタメン組には右足でプレイスキックを蹴れる選手がいなかったので誰が蹴るんだろう?と思っていたら、本山が蹴っていてびっくりしました。コーナーキックの大半はショートコーナーだったんですが、1本まともに蹴ったのが結構いい感じだったので、もっとちゃんと蹴るところを見てみたいなぁと思ったり。位置によっては青木が蹴ったりしないのかな?とこっそり期待もしてたんですけれども・・・。左足は石川が蹴っていたのですが、石川が交代で下がったあとは深井が蹴っていました。

とりあえず思いついた範囲で書いてみました。が、他にもいろいろあった気がするので思い出したらまた追記します。個々の選手の感想もまた後日。って言っている間に開幕がやってきそうですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/26

1週間後を楽しみに。

先週、仕事の納期を無事守りきり、サッカー生活に帰ってきました。ギリギリPSMに間に合ってよかったです。

というわけで、今日はカシマサッカースタジアムで、プレシーズンマッチ、鹿島アントラーズ×水戸ホーリーホック戦を観戦してきました。約2ヶ月ぶりのカシマスタジアムでした。

今日は、個々の仕上がり状態も気にはなったのだけれども、それよりも、アウトゥオリサッカーがどんなものなのか?に注目して観戦。結論から言うと、90分じゃわからないことだらけでした・・・。が、それだと話にならないので、自分なりの解釈を適当につらつらと書きたいと思います。

今日、一番感じたのは、ボランチが求められている仕事が多いなということで。攻守に渡って走りまくりだった気がします。そのせいか、鹿島の選手の中では体力があるはずの2人が最後かなーりバテ気味だったように思います。2人のボランチのうち片方が前目にいたら片方が後ろにいるというのは変わらないのですが、DF陣が結構前に出てくるので、そのときにCBとSBの両方のカバーを臨機応変に(見えただけできっと細かい決まりごとがあるのだと思われるのですが)、こなした上で、攻撃時にはゴール前まで走りこむという感じ?当然2列目の選手が飛び込んできたと思うような場面で、それがボランチの選手だったのが新鮮でした(今までもなかったわけではないけど)。本来ならさらに文字通り舵取りの役目も果たさないといけなかったんでしょうけれども、今日の両ボランチは攻撃の起点になってボールを散らすという意味では若干物足りなかったかな。FWで入っていたはずの本山が変わりに下がってその役割を担っている時があったように思います。そんな両ボランチを見ていて、アウトゥオリは小笠原をボランチで起用しようとしてるんじゃないか?と思ったです。小笠原が誓志の位置に入れば、今日の動きにプラスしてタメも出来るなぁと。ただ、小笠原が入った場合は、守備の負担が相方にさらにかかるのかもしれませんが。逆に、中後はかなり頑張らないと厳しいだろうなとも思いました。

で、その攻撃時のボランチの動きと関係してくるのですが、SBが攻撃に参加した場合(って参加することのほうが多かったんですが)、同じサイドの2列目の選手かFWの選手もしくは両方が同じサイドに開いて最大3人の選手が同じサイドに張り付く瞬間ができるんですが、その直後、誰かが(主にSBが)中に切れ込んでいって、そのタイミングでボランチの片方もペナルティエリアまで走りこんできて、一言で言うと攻撃に厚みがあるようには見えました。今日の場合、そのあとに問題があってなかなかシュートまでいかなかったんですけれども。

逆に、サイドからではなくて中から攻撃を組み立てる場合、最終ラインからまん中にボールが出たときにボランチが攻撃的に行くのか2列目の選手が下がってもらうのかで意思疎通ができずにお見合いしてしまう場面も。このあたりの修正は開幕までにはなんとかなってると信じたいところ。

そして、今日の一番の注目は右サイドバックに入って90分フル出場を果たした内田篤人。最初のうちは恐る恐るサイドを駆け上がっているようにも見えたのですが、時間が経つにつれ回りからの指示も当然あったんでしょうけれども、徐々に思い切りよくサイドを駆け上がるようになり、見ていて清々しかったです。残念ながらサイドをフリーランしているときになかなかボールがこなかったりもしたんですが、かなりなスピードでサイドを駆け上がる姿はかなり魅力的でした。しかも、足元の技術がしっかりしているのか雨の中ボールコントロールが上手くいかない選手が結構いた中で(誰とは言いませんが)、安心してボール捌きを見ることができました。このまま開幕スタメン間違い無しだろうなと思ったです。まだまだ拙い部分も多々あるかとは思うけれども、試合で見たいと思える選手でした。どんな選手になるのかとっても楽しみです。

長くなってしまったので、攻撃に関しての感想はまた明日にでも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »