« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006/11/26

横浜FC優勝&昇格内定おめでとう!

2006112601横浜FCの選手、スタッフ、サポーターの皆様、J2優勝並びにJ1昇格内定おめでとうございます。等々力からの帰り道、武蔵小杉の路上で本日の結果を知ることとなりました。正直、今日等々力に行かずに鳥栖に行ってしまおうかと何度も悩んだんですが、結局、等々力で鹿島の試合を観戦しておりました。

今年1年間、鹿島の試合が無い日に横浜FCの試合があると、行ける限り足を運び(一度だけ日立台に浮気しましたが)、気がつけば18試合生観戦し、そのたびに強く逞しくなっていく横浜FCの姿にどんどん惚れ込んでいってしまったわけですが、来年は敵。三ツ沢で対戦できることを祈りつつ(鹿島は最近動員見込めないんで日産にしないでください。まじで!)、今日は自分のことのように喜ばせてください。

そして、城選手お疲れさまでした。私がここまでサッカー大好き(Jじゃなくて代表だけど)になったきっかけを作ったのは間違いなく城選手と昨年現役を引退した前園選手の影響が大きかったように思います。スペインから帰国後、J1で結果を出せずJ2の横浜FCに移籍したときには、どうなってしまうんだろう?と思ったりしたんだけれども、その横浜FCをJ1に上げて引退ってのがかっこよすぎて泣けてくると共に、本音を言うともう一度J1で戦って欲しいという気持ちもあり、だけど、試合後足の痛みで動けなくなっている姿も見ていたので、これ以上無理しろとも言えず、とっても複雑な心境なのですが、

「あんたは男だ!」

とだけ言わせてください。

2006112602一方、本日引退セレモニーを行った鬼木選手、今までお疲れさまでした。長橋選手と今野選手も。鬼木選手の泣いている姿を見て貰い泣きしてしまいました。そのセレモニーをじっと見守る本田選手と柳沢選手の姿もとても印象的でした。新入団選手が続々と発表される裏では引退する選手もどんどん出てきて、この季節はとても切なくなるわけですが、こればっかりはしょうがないんだろうなぁ。今月末には契約しない選手も発表されるわけで・・・。こうやってセレモニーをひらいてもらえるまで現役を全うできたということはとってもすばらしいことなんだと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/11/21

国立霞ケ丘競技場。

国立霞ケ丘競技場。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/14

フロンターレからの手紙。

今日、おうちに帰ってポストの中を覗いてみたら、川崎フロンターレの後援会から封書が届いていました。J2時代に「後援会に入るとチケットが2枚ついてくるから2試合以上行くなら入ったほうがお得だよ」という言葉に誘われて入会して以降、J1昇格後も更新し続けていて、年に数回会報が届いていたわけなんだけれども、今回の封筒はちょっと厚くて何が入っているのだろう?と開封してみたところ、会報、来年度の更新及びシーズンチケット購入のお願いと共に、共にというかこっちがメインなんだと思うけど、社長と選手会長の連名でのお手紙が入っておりました(ついでに新しくスポンサーになったヨドバシカメラマルチメディア川崎ルフロン店の割引クーポンも。ヨドバシカメラはマルチメディア横浜店が横浜FCのスポンサーになったりと積極的にJリーグに絡んできていて好印象だったり)。しかも、両者の直筆サイン入り。去年までがどうだったか?全く記憶が無いんですけれども、直筆サインにちと慄いたのでした。

2006111301 2006111302

会報のほうは、鬼木選手の特集。増田忠俊選手の引退が報道された日に鬼木選手が表紙のフロンターレの会報が届くという事実になんとなく運命を感じてみたり、みなかったり。

以前にも川崎フロンターレの地域密着営業のお話を書いたけれども、後援会(ファンクラブではなくて後援会というネーミングなのも重要なのかも?)の会員に対するケアの丁寧さも見習うべきところが多々あるのではないかしら?と思った次第。まあ、今回の場合、チケットの値上げや区分けの見直しがあったから普段以上に丁寧にせざるを得ないという部分もあったんだとは思いますが。

開店休業中にいきなり復活して他所の話かよ!と突っ込まれそうですが、すげーと思ったので書いてみました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/11/04

敗戦の次はどこに向かうのか?

一日経って。
今日は元気なら天皇杯なり関東大学リーグなり観戦に行くつもりでいたのだけれども、とてもそんな気分にはなれなくて家でぐったり。今月というか夏以降か、このパターンで無駄に1日を過ごしてしまったのは何回目だろう?と考えていたらちょっと切なくもなりました。鹿島に振り回されすぎている。振り回される生活は楽しくて仕方がない反面、生活のバランスが崩れて身の崩壊も招きかねない。そろそろ自分の身の振り方を見直す時期が来たかなと思っていたりもします。熱狂的な方とは意見が一致しないのは重々承知ですが、鹿島があって自分があるのではなくて、自分があって鹿島がある状態に戻していかないといかんな、と。本当は、勝ってこのセリフを吐きたかったんだけど・・・。

結果論を語るのは格好悪いしみっともないと思っているけど、あえて。ファイナルを迎えるにあたって「純粋な気持ち」で臨めなかったのが悔しかったです。口では気持ちを切り替えてと散々言ってきたけれども、この1ヶ月リーグ戦を捨てた戦いを見せ付けられ、いい加減高い金出して遠征に行くのがバカらしくも思え、ここで勝って次は?負けたら次は?という先への不安が頭の隅に常にあったのは確かだし、ファイナルってこんな複雑な心境で迎えるものなんだろうか?と悩んでしまう部分もあったし、それがしんどかったです。で、そんな状態から解放された今は、この先どうなるんかな?という不安が一杯だったりするんですが。

ブログで自分語りをするのは好きではないんだけど、と前置きしつつ、もともとなんでこんなにサッカー中心になってしまったんだろう?ってところから始まって、無理な遠征はしない方向でという自分の中のルールをいつのまにか破って公式戦は全部行ってやるというスタンスに変わって、今に至るわけなんだけれども、原点を見失ってるなと。好きなものにのめりこみすぎるのは、自分のよいところでもあり悪いところでもあって、周りからは「真面目なんだね。」といわれることも多々あるわけなんだけれども、それで過去に何度か生活が崩壊していったこともあるんで、壊れる前に手を打たないといけないなと考えていて、でも決断できない弱さがあって、そんな状況でナビスコのファイナルがあって、半強制的にここで一区切りつけて、次のスタンスを決めていくべと思っていたわけなんだけれども。負けてしまったためにまた自分の中の気持ちが揺れてしまっているのでした。試合後の様子、それは泣いている選手もそうだし、それをむかいいれるゴール裏の個々の温度差もそうだし、自分自身の行動もそうだし、全てひっくるめてなんだけど、自分が次にどうするべきか?がわからなくなってしまったというか。

うだうだ長いだけでウザいですね。とりあえず、中途半端な気持ちでいるのが一番よろしくないと思うので、しばらくブログの更新はやめます。二度と更新しないかもしれないし、8日には何事もなかったかのように更新するかもしれないし、自分でも今はよくわからんのだけれども、限界が来る前に気持ちを整理して末永くサッカーと、鹿島と付き合っていくためにじっくりゆっくり考えていこうかと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/11/03

国立競技場の感想。

予想通りではあったけれども、沢山の鹿島サポーターがスタンドを埋めていました。

最近のリーグ戦の客の入らなさっぷり、アウェイでの人数の減りっぷりを思うと、まだこんなにスタジアムで応援する気持ちのある仲間がいたんだってことを再認識。サポーターならチームがどんなときでも応援しに行って当たり前、だなんて偉そうなことは言う気は全く無くて、これらの人々を毎試合積極的に動かせるようなチームに戻って欲しいなぁと思いました。

後半の10分前後だったと思うのだけど(時計が見えないので大体しかわからない)、自分もゴール裏にいて大声出しているのにコーナーキックでのoioiアントラーズの迫力に鳥肌が立ったんですよ。最初のチャンピオンシップの国立で初めて鹿島の応援風景を見て、地鳴りがするような迫力にすげーと圧倒されたあの雰囲気には及んでないのかもだけど、それに近い何かがあの瞬間あったように思うのです。

試合については、書く元気が出たらそのうち。今は、試合終了後見せた選手達の涙が次のステップにつながりますように!という思いで一杯です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国立霞ケ丘競技場。

国立霞ケ丘競技場。

決戦まであと一時間。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/02

明日はナビスコカップ決勝戦。

決戦前夜、もう一度決勝までの軌跡を振り返ってみました。決して楽して手に入れた決勝のきっぷではなくて、ギリギリのところで踏ん張ってやっと手に入れたきっぷ。明日も、ギリギリの中で結果を残してくれることを信じて国立競技場に行ってきます。

アントラーズらしい試合に期待。

それでは、明日国立霞ヶ丘競技場でお会いしましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/01

大分屋台村潜入記。

いっそのことこのままナビスコカップ決勝まで現実逃避モードで。柏×横浜FCのこともまだ書いていないのだけ
ど、まあ。

というわけで、今回は、九石ドームのホームゴール裏の裏にある屋台村に潜入してきたのでその写真を。

2006110101 2006110102
2006110103 2006110104
2006110105 2006110106

一気に貼りましたが、規模としては博多の森のそれと同じくらい。メニューも所謂屋台メニューと名物料理が並んでいて、博多と大分、場所は違えど似てるなぁという印象を受けました。この日は、暖かかったこともあってなのか、それとも地元の方々はあまり外ではだんご汁を食べないのか、だんご汁の売れ行きがよくなかったように見えました。で、一番人気だったのが、焼いているお兄さんの笑顔がまぶしい?地鶏焼き。何を食べたらよいか迷ったときは並んでるところにとりあえずいっとけの法則でいただいてきました。とても美味しかったです。

一番気になったのが鳥のモモ肉が丸々揚げてあるやつで、かなり食べたいと思ったのですが、鳥ばかり食べられないので断念。次回こそ。関東では見かけない料理だなぁと思いました。

こんなステキな屋台村なのですが、アウェイ側ゴール裏にある売店は悲しいくらいシンプルなもので、隔離柵にいる警備員さんにお願いすれば屋台村に誰でも潜入できるのですが、知らないと出来ないわけで、なんかちょっともったいないなぁと思ったのですが、アウェイ側のサポが大挙して押しかけてしまうと人が溢れてしまうくらいのスペースなのでしょうがないのかな?

スタジアム外でも関あじ、関さばをはじめ様々な大分グルメを堪能して帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »