« いばらきサッカーフェスティバル2008。 | トップページ | ゲータレード ステーション。 »

2008/03/06

2008ゼロックススーパーカップ。

2008ゼロックススーパーカップ
2008年3月1日(土) 13:35 K.O. 国立霞ヶ丘競技場(晴:27,245人)
鹿島アントラーズ2-2 (PK:3-4)サンフレッチェ広島
 【得点】49分本山(鹿島)、52分野沢(鹿島)、80分久保(広島)、85分佐藤(広島)

2008030601今年初の公式戦。
ゼロックススーパーカップは公式戦ではあるものの、開幕前のお祭的要素の強い試合だと思っていて、それは「スーパーカップ」という名称から伝わってくる部分も大きいのだけれども、一応タイトルがかかっているので勝利を望みつつも、比重としては開幕前の仕上がり具合を先週の試合と比較しておきたい&代表組が合流した状態で改めてチェックしたいという気持ちが強く、それだけに開始早々10人になったことが無性に腹ただしかったのでした。岩政への2枚の黄色いカードが妥当だったのか?を論じるつもりは全くないんですけど。

勝敗については、試合後の小笠原のコメントが全てだと思ってて、たとえ不可解なPKで1点を失っても2-1で終われば済んだ試合だったのを追加点をあげられてPK戦に突入させてしまったのはアントラーズの問題であり、90分の間で様々な条件下で気が緩む時間帯というのをいかに少なくししっかり戦っていくべきか?という明確な課題が残った試合となりました。サッカーでは2-0というスコアが一番危険だといわれているのだけれども、そのことを改めて痛感した試合でもありました。昨シーズンは退場者が出たり、不可解なジャッジに悩まされたりしつつも、それすらも乗り越えて勝ち続けることが出来ていたわけで、今年もそういう強さを継続できるようにこの試合に対してしっかり反省して開幕に挑んで欲しいなぁと思っています。

主審については、ジャッジそのもの以上に試合を裁けないこと自体への不信感が強かったです。と同時に、試合後にピッチに乱入した人たちに対する怒りが尋常じゃなく。主審にも乱入した輩にも言いたいことは、「一度失った信頼を取り戻すのはとっても大変なことだ。」ってことで。家本主審に対しては、昨年何度か笛を吹いている試合を見て、さすがに研修後は随分まともになったなぁと再評価しだしたところでのこの失態に、やっぱりダメかという思いが強くなったし、乱入に対しては過去に何度もやらかしていたのが本田事件以降は自制が効くようになったのを見てきて、見直しはじめていた時期でのこの事件に本当に頭にきたしがっかりしたのでした。現時点で、クラブ側から乱入者に対しての処分は発表されていませんが、厳しい処分を希望します。主審についても乱入についても「反省」という単語を見かけたりしますが、「反省」という言葉や「情状酌量」という言葉が通用するのは初犯まで。再犯者にはそれなりの処分が必要でしょう。

試合前のバックスタンドでのビッグフラッグにもかなりがっかりしました。ホームスタジアムならともかく中立のスタジアムで明らかにアントラーズサポーターではない人が含まれるエリアにまで侵出するのはみっともないし迷惑なだけ。開幕前のお祭に来たつもりが、開幕前にこんなにどんよりとした気持ちになってしまってこの怒りをどこにぶつけたらいいのやら。そして、広島の表彰式や記念撮影にブーイングした心無い一部の人間に対しても怒りが収まらないのと同時に、広島にはなんの責任もないのに申し訳ない気持ちで一杯になりました。

試合から数日経ってもこんな状態で気持ちの整理がついていないのだけれども、それでも開幕は目前なわけで、選手達は開幕に向けて気持ちをしっかり切り替えていると思うし、自分も気持ち新たに開幕に挑めるようにしていかないといかんなぁと思っています。

|

« いばらきサッカーフェスティバル2008。 | トップページ | ゲータレード ステーション。 »

コメント

表彰式のときのブーイングは審判に対してだと思いますが…それでもあのタイミングでやるべきではなかったですね。情けなくなりました。
ビッグフラッグの件については、バックスタンドにいたのでいま初めて知りました。余所でもっとひどいことやったチームは確かにありますが(アウェイスタジアムででバクスタ占拠とか…)、だからってやっていいわけではありませんし。

投稿: 通りすがり | 2008/03/06 02:15

国立で観戦しました。ビッグフラッグの件はウチがアウェー扱いなので仕方がないのかなと個人的には思いましたが、ウチのスタンドからはブーイングでしたね。
1点目のPKにつながったプレーについては私も「え?あれがPKなの?」という感じでしたが、あの1点でもまだウチが負けてた訳なので、しっかり守りきれば良かったのはその通りですね。同点になった段階で「こりゃ勝ったな。」と思ってしまいました。
表彰式の時にブーイングがあったのですか?気がつきませんでした。PK戦での判定は誤審ではないとは言え鹿島側から言えば納得しかねる判定だったので気持ちは分からなくないですが、ウチが悪い訳ではないので残念ですね。その意味では2ヶ月前の天皇杯決勝でのウチのサポは素晴らしかったと改めて感じました。
今年はウチはカシマに行くことはないですが、来年はぜひカシマで試合をしたいですね。

投稿: ゆみしん | 2008/03/06 22:30

>通りすがりさん。
表彰式のときのブーイングが審判に向けてなんだろうなぁってのはわかりつつも、だからといって表彰式を妨害してよいというわけではないって感じですね。選手が(というか多分スタッフが)気を利かせて挨拶に来たせいでブーイングが収まってチームコールになったけれども、広島が表彰されている瞬間にずーっと鹿島アントラーズコールってのも間抜けだなぁと思いつつ。

バックスタンドのビッグフラッグは最初随分広げて出してるなぁくらいに思ってみてたら、アウェイ寄りの席で必死に抵抗している人の姿を見つけて、真ん中を余裕で通り越してたことに気がつきました・・・。

選手と一緒にサポーターも成長していけたらいいんですけどねぇ。

>ゆみしんさん。
表彰式のときのブーイングは上記の通りで、一部のサポがブーイングし続けてたというのが正確なところでしょうか。
誤解されたくないという意味では、あくまでも「一部」であってみんながそうだったわけではないということ。表彰式の妨害にならないように、表彰式が始まったら感情を抑えて静かにしていた人ももちろんいたわけです。
これは自戒も込めてですが、一部が全部にならないようにしたいなぁと思いつつも、一部が目立つという現状もまた受け入れないといけないんだろうなぁと。
また近い将来対戦できる日を楽しみにしています。

投稿: ゆ。 | 2008/03/07 22:42

そうなんですよねえ。
天皇杯決勝の時の広島さんの態度が素晴らしかったので、今回は負けてもしっかり出来ればよかったのに、1サポーターとして申し訳なかったっす。

投稿: ANDOH | 2008/03/07 23:28

本当に、天皇杯のときのことを思うと胸が痛かったです。
現地では、「広島に非はないんだから、ブーイング止めろよ」的なことを怒鳴りまくってました・・・。
そして、開幕戦はそんなゴール裏に戻る気になれず指定席観戦でした。サポシシーチケ組なのに。クラブが処分をちゃんと発表するまでゴール裏から離れるつもりなのですが、まさかいつまでも戻れないなんてことはないですよねぇ・・・。

投稿: ゆ。 | 2008/03/11 23:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24197/40389871

この記事へのトラックバック一覧です: 2008ゼロックススーパーカップ。:

» ゼロックススーパーカップ鹿島アントラーズ対サンフレッチェ広島戦観戦 [ゆみしん徒然の書]
 国立競技場で開催されたゼロックススーパーカップ鹿島アントラーズ対サンフレッチェ広島戦を観戦した。結 [続きを読む]

受信: 2008/03/06 22:31

« いばらきサッカーフェスティバル2008。 | トップページ | ゲータレード ステーション。 »