« 味の素スタジアム。 | トップページ | 横河武蔵野×アルテ高崎。 »

2008/03/17

ジェフ千葉×清水エスパルス。

2008031501

J1第2節
2008年3月15日(土) 17:03 K.O. フクダ電子アリーナ(晴:14,566人)
ジェフ千葉1-2清水エスパルス
 【得点】8分藤本(清水)、38分巻(千葉)、84分岡崎(清水)

2008031502 2008031503
土曜日は、どこに見に行こうかなぁと日程表を眺めながら考えた結果、これが見たい!というカードが近場に見当たらなかったので、ならばサマナラカレーを食べに行くべとフクアリに行ってきました。スタジアムグルメの力は偉大です。

とはいえ、どちらのチームも今年初見、これから対戦していくにあたってどんなチームになっているのかな?という興味はもちろんあったので、上段に陣取って個々の動きよりもチームとしての動きを中心に観戦してきました。

2008031504 2008031505
千葉、清水ともに4バックで中盤の底に1ボランチを置く布陣だったのですが、2列目に4人をフラットに並べて1トップの千葉と中盤をダイヤ型にした清水では戦い方に随分と違いがありました。そして、どちらも鹿島の4バックとは違っているなぁと思ったのでした。当たり前といえば当たり前なんですけど。

まず、千葉ですが、もともと流動的な位置取りをするチームではあるのだけれども、今年は監督が変わって4バックにしているという話を聞いていたので、どうなってるんだろう?と興味津々だったんですが、両SBのポジショニングがアンバランスでそれによって一部の選手への負担が大きいシステムだなぁという印象を受けました。これはマークの問題もあるんでしょうけれども、4バックとはいえ千葉は千葉なのかもしれないなぁとも思いつつ。見ていて、危なっかしいなぁと思ったのが、1ボランチに入っていた中島選手の動きで。いいパスカットもするのだけれども、それと同じくらいミスもすることで中盤がばたばたしすぎてしまって、結果マイボールになっても全員が前を向けない状況を作ってしまっているんじゃないかなぁと。
一方の清水は、SBがあまり動かないことに驚きました。よくいえば、効率的な動きに徹しているとも取れるし、悪く言えば無駄走りをしない省エネサッカーというべきか。ルーキーの辻尾選手が右SBに入っていたのだけれども、FWだった選手らしくどんどん攻め上がっていくのかと思いきや、ここぞというとき以外は守備に徹していてらしさをあまり見ることができませんでした。清水の両SBがほとんどの時間守備に回っていることで、ボランチの本田選手はさらなる最終ラインのケアに回るという感じでこちらもまた大学時代の魅力とはちとかけ離れたプレイだったように思います。清水は6人が守備に徹して(伊東選手は一応サイドに入っていたように見えたのだけれども、反対サイドの藤本選手に比べてかなり守備的でした)攻撃は4人でどうにかしようとしている感じで、結局人数が足りてないのでフェルナンジーニョ選手の個人技に頼っているように見えたのでした。

2008031506試合は、清水のスーパーミドルシュート2発で清水が勝利。どちらも素晴らしいゴールでしたが、逆にそれ以外の場面ではほとんど見所がなかったのもまた事実で。瞬間的にフェルナンジーニョ選手がスタンドを沸かすプレイは魅せるのだけれども、次が続かないために脅威にまではなっておらず。とまあ清水のサッカーに対して、期待はずれだなぁという感想を持ったのですが、試合後の監督コメント及び選手コメントを見て、ある程度意識的にこういうサッカーをしていたことを知りました。確かに、動き回る千葉相手に同じペースで動き回るよりも惑わされずにどーんと構えたサッカーをするというのも1つの戦略なのかもしれないなぁと考え直しつつ、でもやっぱり特にアントラーズと無関係のカードを見に行くときには面白いサッカーを見たい!という思いが強いことを考えると、高いお金払ってこれじゃつまんないなぁとも思うわけで。今月来月の空いた日に見に行こうかなぁと思っている試合の予定をちょっと変えようかなと思ったのでした。

一方の千葉に対しては、馬場憂太選手が初スタメンということで、彼のプレイスタイルと千葉のサッカーが本当にマッチするのか?という興味が一番強かったのですが、泣けてくるくらいにマッチしておらず前半30分で交代・・・。彼のよさと千葉のサッカーが融合したら面白いものが見られるかも?という期待はあっさりと終了してしまいました。んでも、青木孝太選手が交代直前に魅せたヒールパスなんかを見てるとあれを感じてゴールに叩き込めるのは馬場憂太だよなぁとも思うわけで、今回は残念な結果だったけれども、またしばらくしてどうなったか?をみてみたいなぁとも思ったのでした。

だらだらと書いてしまいましたが、この試合で改めて同じ4バックでも随分差があるなぁということを感じつつ、翌日の東京V×鹿島戦に挑むわけですが、その話はまたあとで。

|

« 味の素スタジアム。 | トップページ | 横河武蔵野×アルテ高崎。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24197/40542586

この記事へのトラックバック一覧です: ジェフ千葉×清水エスパルス。:

« 味の素スタジアム。 | トップページ | 横河武蔵野×アルテ高崎。 »