2008/12/12

2連覇。

かなり出遅れましたが、鹿島アントラーズの皆様2連覇おめでとうございました。

今年は、生活(っていうか職場)環境が変わったり忙しくなりすぎて家でパソコンの前に座っている時間が激減したりで、全然ここの更新をしないままに終わってしまったのですが、たまに忘れつつもできる限りスタジアムからのモブログだけはアップして生存アピール?だけはしたりで、いざパソコンの前に座ってみても何から書いたらいいかよくわからなくなってますが、とにかくリーグ優勝できてよかったです。選手、スタッフの皆さんは例年になく長いオフに突入したようですが(まだまだテレビ出演とかいろいろ仕事もあるみたいですが)、しっかり休んで来年さらなる大きな目標に向けてよい出発が切れることを期待しております。

2008年シーズンはいろんなことがありましたが、それはまたそのうち振り返ることにして、1年で一番サッカー観戦が忙しくなる年末年始までしばらくサッカーから離れて地に足ついた生活をしようかなと思っています。といっても、12/20にはインカレが始まるんですけど。今年のインカレはリーグ戦無しの一発トーナメントなのでどの試合に行くか迷いまくりですが、でもって応援する大学が出ていないのでまったり観戦モードになると思いますが、年に1度しか見られない地方の大学を中心に色々と見てまわれたらなぁと。高校サッカーも市船中心に、でも偏り過ぎないようにいろんな会場に足を運べたらなぁと思っています。

って結局何にも中身が無い書き込みになってしまいましたが、とにかく今年1年お疲れ様でした。ってことを書きたかったので書いてみました。

| | コメント (1)

2008/04/25

知名度チェック。

溜め込んだ観戦記の記事が全然追いついてないんですけど、気分転換に雑談を。

J's GOALの中に、「この選手はだれ?クラブ別対抗戦」という参加型のクイズページがあって、このページ自体は次節対戦するチーム同士、両チームの登録全選手の顔写真を見て誰かを当てる問題の正解数を競って勝ち星をあげるらしいのだけど、現在のところアントラーズは下から2番目にいて、つまりはアントラーズサポーターはあまり参加してないらしく・・・ってことは逆に解釈すれば、選手ごとの正解率は他サポから見た鹿戦士の知名度(ただし名前そのものではなくてあくまでも顔)に近い数値になってるんじゃないか?と思って、正解率順に選手を並べてみたくなりました。最初に言っておくとオチは無いんですけど、鹿戦士の顔の売れっぷり具合を知るのも面白いかなと。ただ、4択のクイズなのだけどブラジル人選手は他の選択肢が日本人だったりすることで、知らなくても正解率が上がってしまうので省いてみました。以下、結果。

98% ・・・ 曽ヶ端
97% ・・・ 篤人、本山、小笠原
96% ・・・ 岩政、有三
94% ・・・ 野沢、伊野波
93% ・・・ 大岩
92% ・・・ 慎三、誓志
91% ・・・ 小澤、新井場、中後
90% ・・・ 青木、金古
87% ・・・ 竜太、當間、川俣、杉山
86% ・・・ 小谷野
85% ・・・ 修人、石神、笠井
84% ・・・ 船山、遠藤、後藤
82% ・・・ 大道

代表効果がよくわかる結果となりました。

というわけで、連戦が続くGWに入る前に溜め込んだ観戦記を書ききってしまいたいところなのですが、如何せん時間がなかなか取れないままなので(だったらこんな暇人の典型のような集計するな!って気もしつつ)、どうなることやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/04

2008年シーズンスタート。

オフの間に2007年をじっくり振り返る記事を書くつもりが、あっという間に時間が過ぎて2008年シーズン開幕直前となってしまいました。今更振り返るのもあれなので、今年への想いを軽く書いてみようかなと思います。

Jを見てきて思うことの一つに、28,29歳の選手が核となっているチームというのは、チームとしての円熟期であり最強の時期だなぁというのと同時に、その後の世代交代に失敗すると低迷期を迎える危険性もあるのではないか、ということで。今年、アントラーズは核だと思っている79年組が29歳を迎えます。今年のアントラーズに期待することは、79年組各々が過去最高のパフォーマンスを魅せることと同時に、彼らに危機感を抱かせる若手の台頭です。幸い、アントラーズは79年組以外のスタメン組は大岩とマルキを除くと既に若い世代に入替わってきているので、焦ることではないのかもしれないけれども、2008年中にスタメン組を脅かす85年以降組が出てきたら嬉しいなぁと。そして今年は、そんな若手の出場チャンスが増える可能性のある場として、ACLという大会があります。常勝軍団鹿島としては、結果を無視するわけにはいかないのだけれども、勝利を絶対とする中でも若い選手がいろんな経験を積んでいけたらいいなぁと。

目標はもちろんすべてのタイトルを獲ること。ってこれはいつだって同じだと思うけど、去年の経験で最後まで諦めない気持ちを改めて選手もサポも知ったと思うし、去年の経験を踏まえた『挑戦』が出来たらいいなぁと思っています。

アントラーズ以外の話もちょっとだけ。
このブログをはじめてからシーズンを迎えるたびに当たらない順位予想をしてきたわけですが、慣例行事ということで今年も一応書いてみると。
■J1リーグ■
1位 鹿島、2位 川崎、 3位 G大阪、 4位浦和、 5位 清水、6位 新潟、 7位 磐田、 8位 横浜FM、 9位 名古屋、 10位 FC東京、 11位 東京V、 12位 柏、13位 神戸、14位 大宮、15位 京都、16位 大分、 17位 千葉、 18位 札幌
アントラーズの優勝だけ当たればそれでいいのがJ1。
■J2リーグ■
1位 甲府、2位 山形、3位 広島、4位 C大阪、5位 横浜FC、6位 仙台、7位 福岡、8位 湘南、9位 鳥栖、10位 徳島、11位 草津、12位 水戸、13位 愛媛、14位 熊本、15位 岐阜
入替戦で、前田俊介祭が見たいだけです、すみません。

毎年全く当たらないので、下位予想したチームのサポの方には逆に縁起物だと思っていただけると幸い。

最後に、自分自身について。
2007年は遠征を諸事情により極力控えていたのだけれども、今年も昨年同様のスタンスになりそうです。アントラーズの試合を中心に、関東大学サッカーやユース世代を挟みながら近隣Jクラブの試合も適当に見ていければなぁと。ブログの更新もリアルタイム性を追求するまではいかなくともあまり滞り過ぎないようにしたいなぁと思っています。

というわけで、軽くといいながら結構な長さの文になってしまいましたが、今シーズンもよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ご挨拶 | サッカー・2005年J1 | サッカー・2005年J2 | サッカー・2005年天皇杯 | サッカー・2006年J1 | サッカー・2006年J2 | サッカー・2006年天皇杯 | サッカー・2007年J1 | サッカー・2007年J2 | サッカー・2007年天皇杯 | サッカー・2008年ACL | サッカー・2008年J1 | サッカー・2008年J2 | サッカー・2008年その他 | サッカー日本代表・2005年 | サッカー日本代表・2006年 | サッカー日本代表・2007年 | サッカー日本代表・2008年 | サッカー雑記・2005年 | サッカー雑記・2006年 | サッカー雑記・2007年 | ファンタジーサッカー | フジロックフェスティバル2005 | フジロックフェスティバル2007 | 大学サッカー・2005年 | 大学サッカー・2006年 | 大学サッカー・2007年 | 大学サッカー・2008年 | 川崎フロンターレ・2004年 | 川崎フロンターレ・2005年 | 川崎フロンターレ・2006年 | 川崎フロンターレ・2007年 | 横浜FC・2005年 | 横浜FC・2006年 | 横浜FC・2007年 | 横浜FC・2008年 | 高校&ユースサッカー・2004年 | 高校&ユースサッカー・2005年 | 高校&ユースサッカー・2006年 | 高校&ユースサッカー・2007年 | 高校&ユースサッカー・2008年 | 鹿島アントラーズ・2004年 | 鹿島アントラーズ・2005年 | 鹿島アントラーズ・2006年モブログ | 鹿島アントラーズ・2006年観戦記 | 鹿島アントラーズ・2006年試合展望 | 鹿島アントラーズ・2006年遠征記 | 鹿島アントラーズ・2006年雑記 | 鹿島アントラーズ・2007年モブログ | 鹿島アントラーズ・2007年観戦記 | 鹿島アントラーズ・2007年試合展望 | 鹿島アントラーズ・2007年雑記 | 鹿島アントラーズ・2008年観戦記 | 鹿島アントラーズ・2008年試合展望 | 鹿島アントラーズ・2008年雑記 | 鹿島アントラーズ・スタジアムグルメ