2006/11/01

大分屋台村潜入記。

いっそのことこのままナビスコカップ決勝まで現実逃避モードで。柏×横浜FCのこともまだ書いていないのだけ
ど、まあ。

というわけで、今回は、九石ドームのホームゴール裏の裏にある屋台村に潜入してきたのでその写真を。

2006110101 2006110102
2006110103 2006110104
2006110105 2006110106

一気に貼りましたが、規模としては博多の森のそれと同じくらい。メニューも所謂屋台メニューと名物料理が並んでいて、博多と大分、場所は違えど似てるなぁという印象を受けました。この日は、暖かかったこともあってなのか、それとも地元の方々はあまり外ではだんご汁を食べないのか、だんご汁の売れ行きがよくなかったように見えました。で、一番人気だったのが、焼いているお兄さんの笑顔がまぶしい?地鶏焼き。何を食べたらよいか迷ったときは並んでるところにとりあえずいっとけの法則でいただいてきました。とても美味しかったです。

一番気になったのが鳥のモモ肉が丸々揚げてあるやつで、かなり食べたいと思ったのですが、鳥ばかり食べられないので断念。次回こそ。関東では見かけない料理だなぁと思いました。

こんなステキな屋台村なのですが、アウェイ側ゴール裏にある売店は悲しいくらいシンプルなもので、隔離柵にいる警備員さんにお願いすれば屋台村に誰でも潜入できるのですが、知らないと出来ないわけで、なんかちょっともったいないなぁと思ったのですが、アウェイ側のサポが大挙して押しかけてしまうと人が溢れてしまうくらいのスペースなのでしょうがないのかな?

スタジアム外でも関あじ、関さばをはじめ様々な大分グルメを堪能して帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/07

オールスターでスタジアムグルメ。

本日、オールスターに出場する選手と監督が発表になりました。
いよいよあと1週間で、オールスターです。というわけで、カシマ開催なわけだから、鹿島サポとしてなんかできないかな?と思って考え付いたのがベタすぎるんですが、これ。J's GOAL内の特設サイトや大宮公式の敵地グルメをはじめグルメ特集を既にやっているサイトは沢山あるけれども、私なりにカシマサッカースタジアムが誇るスタジアムグルメを初めてカシマサッカースタジアムを訪れる方、行ったことはあるけれども、アウェイゴール裏だったためにスタジアムグルメとは疎遠だった方に向けてつらつらと書いてみたいと思います。写真は初出のものと既出のものがありますが、ご了承ください。

2006070701 2006070702
まずは、定番、といいつつイベントがないと出店しない五浦ハムのハム焼き。オールスターのときのイベントがまだ発表されていないけれどもまあ間違いなくハム焼きは出店するでしょうということで紹介。写真左のような炭焼きコンロで豪快に焼いています。湿度が高い日や風の強い日はスタジアムのコンコースが煙だらけになってしまう恐るべき火力です。右の写真の手前がハム焼き、後ろが見づらいのですが牛串焼きだったはず。このほかに数量限定でしゃも焼きがあったり常陸牛の牛串があったこともあった記憶が。ハムといいつつサンドイッチに挟まっているようなハムを想像すると全然違うものが出てきます。所謂ステーキにするタイプのハム。小食の人なら1本でおなか一杯になってしまうくらいのボリュームです。

2006070703 2006070704
で、こちらが五浦ハムのお店のサイドオーダー的存在の2品。左がハム汁、右がハムハムドッグ。子のほかに豚ドックというのがあるのですが、写真を探したのだけれども見つけられず。とりあえずドッグを挟むパンの倍くらいの長さの凄いドッグが挟まっているホットドッグと思っていただければ。かなり美味いです。ハム汁は、洋風だしで野菜が沢山煮込まれた汁と言うよりはポトフに近い感じの汁物です。汁物の宝庫、カシマサッカースタジアムの中でもお勧めの一品。ハムハムドッグは食べたことがありません・・・。

2006070705 2006070706
続いては、こちらも常設店ではないのですが、自然薯(「じねんじょ」と読みます)のお店のとろろ丼。左が、温玉とろろ丼、右が温玉とろろ丼にさらに鰻がのった鰻玉とろろ丼です。鰻が乗っていたほうが確かに美味いのですが、コストパフォーマンスがあまりよろしくないのが難点。1品500円が相場のカシマサッカースタジアムグルメにおいて、倍の出費をするほどの価値があるのか?と問われると答えに詰まってしまうというか。最近は、お店側で青海苔もたっぷり用意していてくれるので、温玉すら乗せずにシンプルにとろろ丼をお勧めします。

2006070707 2006070708
といいながらも、塩気が足りないなぁと感じたら、こちらもイベント店なんですけど鮎の塩焼きをおかずにするとさらに食が進みます。左の写真がやっと定番メニューなのですが、鹿島食肉事業協同組合のモツ煮。個人的には、数あるモツ煮の中でもここのモツ煮は1,2を争う美味しさかと。カシマサッカースタジアムの名物はモツ煮といわれていますが、一言にモツ煮といっても、いろんな味付けがあります。味噌ベースのもの、醤油ベースのもの、洋風のもの、辛いもの、甘いもの、モツが生のもの、モツが加工品のもの・・・。具もお店によって違います。ので、複数人でいらっしゃる方はいろんなお店のモツ煮を食べ比べてみるのもよいかもしれません。ちなみに、鹿島食肉事業協同組合はコロッケも美味です。っていうかここのお店の食べ物は全部美味しい・・・。要するに常連です。

2006070709 2006070710
続いては、最近モツ煮に続くカシマサッカースタジアム名物になりつつあるつみれ汁。どこのお店のだったか失念したんですが、片方はイベント時に100円で販売されたものだったように記憶しています。つみれ汁もお店によって差が激しいです。つみれのつなぎがどうなってるか?って点では魚のすり身っぽさがしっかり残ったものもあれば、しっかり加工品っぽくつなぎがはいっているものもあります。これはお好みで。私は前者が好みです。具のほうも一緒に煮込んでいるお店もあれば、鍋の中にはつみれだけがいてお椀に具が別に用意されていて汁をかけるタイプのお店もあります。右の写真のお店がそうだったかと。ここのはニラが中心ですが、ネギが多いお店もあり、モツ煮以上にバラエティに富んでいるかもしれません。

2006070711 2006070712
最後はちょっと趣を変えてデザートとお酒。左の写真はメロンシャーベット。お店が出店されるか?はまだわからないのだけれども、きね八のものだったかと。メロンシュークリームやメロンパン、メロンゼリー、メロンシフォンケーキ等いろんなメロンデザートが売られています。個人的には、このシャーベットとシフォンケーキがお好み。右の写真は、アントラーズサポーターカフェで売られているお酒です。「おがさわーら」「本山サワー」などいろんな名前のお酒がありますが、要するにサワーです。呑んだ事はないんですが、ネーミングセンスについ笑ってしまって写真を撮ってみたり。

と12枚の写真と共に書いてみたのですが、いざ書いてみると常設店の話が少ない!普段自分がどうしているかというと、イベント店があるとそっちに足を伸ばしつつも必ず常設店でも何か買っているし、ナビスコ杯や平日開催のときなどイベントがないときには常設店のお世話になりまくりなわけなのですが、常設=日常すぎて写真を撮らないでいるようです・・・。なので、まだオールスターまで1週間あるので機会があったら常設店のお話も書けたらいいなぁ。とにかく、カシマサッカースタジアムのグルメは日本一のスタジアムグルメだと自負しておりますので、当日はおなかをすかせてスタジアムにいらしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/05

4/2カシマサッカースタジアムでの出来事。

2006040501この日は、毎年慣例の新人研修デイ(篤人は試合出場のため欠席)ということで、今年のルーキー大道&佐々木両選手が、入場ゲートでのチケットもぎりをはじめさまざまな業務に従事してサポーターとの交流をはかっておりました。私も、1ゲートから入場して、大道君にチケットをもぎってもらいました。一生懸命に仕事をしながら、声をかけてきたサポーターに丁寧に応対している姿は、初々しさはもちろんなんだけれども、2選手の人柄の良さがにじみ出ているようにも思えて、このまま汚れない大人になって欲しいなぁなんて思ったり。これからどんどん活躍してスター選手になったとしても、初心をずっと忘れずにいて欲しいなぁと。こんなことを思ってしまうのは、2年目にして気だるそうに営業をしている選手の姿を最近見たからというのもあるんでしょうけれども。

で、入場して座席を確保したあとは、コンコースでグルメタイム。まず、100円で販売されていたいわしつみれ汁をいただき、そのあとは、マグロの解体ショー後、裁いたマグロをいただいたりして、銚子の海の幸を堪能させていただきました。つみれ汁もマグロもとっても美味しかったです。

2006040502さらに、コンコースをうろついていたら、はね太鼓の皆さんと遭遇。目の前で飛び跳ねながら太鼓を叩くパフォーマンスを見ることが出来て楽しかったです。カシマに慣れてしまうと当たり前な光景ではあるんだけれども、よくよく考えたら、サッカーを見に来ているのにマグロが目の前で解体されたり、太鼓を叩いている人が通っていったりって凄いことだよなぁと思ったです。んでも、観光アピールという意味では、アウェイゴール裏に対してもなんらかのアピールはできないものかしら?とも思ってしまうのだけれども。ヴァンフォーレ甲府なんかは、アウェイ側をターゲットに観光アピールのテントが出ていたりするそうですし。今のところは、東京方面の遠方~近郊サポ向けイベントになっているのかな?と思いました。

イベントを堪能したあとは、さらにグルメタイムを続け、いろいろなものを食べました。次の試合からはお店の配列が大きくかわるそうで、ちゃんと行きたい店に辿り着けるようになるか結構心配だったりします。んでも、売店難民になるとそれはそれで新しい出会いのきっかけにもなるので、まいいかな。

試合終了後は、普通に車に乗って帰ったわけですが、主に千葉県内で物凄い豪雨と遭遇してしまって大変でした。なんかこの日は、日本中が春の嵐だったようで。試合中にこの雨が降らなくてよかったなぁとそみじみ思いました。

次のホームイベントは、ストロベリーデイズだったはず。去年はいちごパックと菓子パンを買ったんですけれども、今年も楽しみにしています。せっかくのイベントだしせめて1万人くらいは入って欲しいなぁと思うのだけれども、まあこのまえの大分戦といい勝負ってところなのかなぁ。平日開催のゲームは遠方サポとしたら、なかなか友達を誘ったりすることもできないので、ホームタウンのサポの方にお友達も誘ってスタジアムに来て欲しいなぁと思うのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/23

3/21カシマサッカースタジアムでの出来事。

開幕戦とコンコースでのイベントに大差なかったのでそんなに書くこともないのですが、一応。

この日は、11時開門14時キックオフということで、通常より気持ち早めに出発したのですが、お彼岸渋滞というべきなのかな?東関道沿いには大規模な霊園があるからということもあってか、単発の祝日としてはかなり車の量が多かったように思います。東関道は混んでも成田までなんですが、大栄あたりまで渋滞ではないのだけれども、いつもの倍くらいは車が走っているなぁなんて思ったり。

で、スタジアムに到着。開幕戦のときと比べるとかなーり寂しい人の出足でした。って前売りの売れてなさから考えたら当たり前なんだけれども。でもって小学生の招待デーだったこともあって、子供の数が多かったです。この件に関しては思うことが多々あったんだけれども、またあとで。

開門後はとにもかくにもスタジアムグルメ。前回は長蛇の列が出来た挙句売切れてしまったという噂のキムカツをまず購入。普通に美味しかったんだけれども、コストパフォーマンスが悪いなぁと思ったです。スタジアムグルメが充実していないスタジアムならがんがん売れるだろう質と値段設定なんだけれども、いかんせんここは食の天国、カシマサッカースタジアム。美味しい食べ物を安価で買うことができる環境の中でこのままだと結構厳しい展開になるんじゃないかなぁと思ってしまったのでした。だって、ハム焼きやハム汁が400円で食べられるんですからねぇ。。。豚ドッグなんて300円ですし、定番メニューのモツ煮もたっぷり大盛なお店でも500円。そんな中での680円は結構チャレンジャーかな?と。あ、その場でカツを揚げてアツアツのサクサクが挟まっているならば680円出してもいいかも?なんて思ったり。

で、キムカツを1切れだけ食べたあとは、スタジアムグルメ続行。行く前は今度こそ別のモノも食べようと思っているのに、美味しそうな匂いと煙に惹かれてついつい買ってしまうハム焼きや、ハム汁、その他いろんなものを買ってその場で食べたりお土産にしたりと堪能しました。って、すっかりお腹いっぱいになってからそういえば今年はまだモツ煮を食べてないんじゃないか?ってことに気がつくわけですが。で、そのモツ煮なんですけど、私の一番のお気に入りのお店である食肉組合の売店が、とうとうアウェイ側との境界まで移動してしまって、このまま時計回りにお店がずれていくと今年の後半戦にはアウェイ側に入ってしまいそうな感じでそれがとっても心配だったりします。アウェイ側に行ってしまってもどうにか買う術を用意しておいて欲しいなぁと思ってしまうわけですが、まあワガママだよなぁ。まあ、これを機会に他店の味も堪能して第二のお気に入りを作るというポジティブな考えもあることにはあるのですが。

で、十二分にコンコースタイムを堪能してからキックオフ。

この日のゴール裏は後方から紙吹雪の紙で折られた紙飛行機が何度も飛んできてかなりうざかったです。で、試合終了後、ゴミ拾いをせずに速攻で帰る人たちの大半はこの日招待券できただろう子供を連れた家族連れで、ぽっかり空いた席の周りには食べ物のゴミから紙吹雪を細かく刻んだ紙くず、さらには何故か血のついたティッシュペーパーのゴミまでいろんなものが散乱していて、なんつーか悲しくなりました。

で、他にもいろんなことと絡んだ上でついつい考えてしまうのが、何故クラブはサポシに招待するんだろう?ってことで。一番安い席だからってのもあるんだろうけれども、それならばアウェイ側のホーム席限定にするとか2F席限定にすればいいのになぁと常々思うのでした。あえてホームゴール裏1Fには入れなくすることで、他の位置から次はあそこに行ってみたい!と思う子供がいたら、次はチケットを買って来てもらえる様になるかもしれないとか、営業的メリットを考えても招待席はある程度シバリを作ったほうがいいと思うのですが。他クラブと比べてもしょうがないのかもしれないけれども、新潟に行ったときは、アウェイゴール裏の隣が招待券専用自由席になっていて、ちゃんと隔離されていましたし。応援という意味でもいきなりその中に入ってしまうよりも外から眺めてからのほうがそこがどんな席なのか?ってのがわかるんじゃないかなぁ。ってここに書くだけじゃクラブには伝わらないと思うので、フリークスに投稿したほうがいいのかな。つーか、そもそもゴール裏は自由席じゃなくてサポーターズシートなわけで、と無限ループに突入しそうなのでこの辺でやめときます。

この日は帰り道も渋滞で首都高を抜けるのが大変でした。祝日の夜は比較的楽に帰れることが多かったんですけれども。昼間に野球があったせいでピークの時間がずれてしまったってのもあったのかもしれません。おうちに帰ってからお土産としてきね八で買ったいちご大福を食べたのですが、美味しかったです。

やっぱり、カシマサッカースタジアムのグルメは最高です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/14

3/11カシマサッカースタジアムでの出来事。

試合以外の話を。って広島遠征記をまだ書いていないことに気がついたのだけど、まいっか。

この日は、開幕戦ということもあって早めに家を出てスタジアムへ。早めに出たはずなんだけど既に1,6ゲートにはたくさんのシートが貼られていました。開幕だから?柳沢が帰ってきたから?まあ両方なのかな。そんなことを思いつつ、列について開門を待ちました。そういえば、去年の開幕戦は早朝凄い霧で前が見えなくて困ったんだけれども、この日はそんなことはなく。まあ、時間帯もちょっと違っていたんですけれども。

開門後、座席を確保したあとはコンコースグルメを堪能するべく移動。お目当ては、温玉うなトロ丼だったわけですが。水戸戦のときに食べた温玉麦トロ丼(600円)に鰻が1切れ(1串じゃないですよ。所謂蒲焼きの1串の1/3〜4なサイズ)が乗っただけで、+500円というのはどうにもぼったくり感があったり。少なくてもオフィシャルサイトに紹介されていた写真では1串乗ってるように見えるんだけどなぁ・・・。とぼやきつつも、美味しくいただきました。んでも、次回からは鰻は無しでいいかな。もしくは、以前食べたように鮎を添えて食べるのもオツな気が。

ここで終わらないのがカシスタグルメ。続いてはハム焼きの列に突撃。といいつつ、ここんところハム焼きは誰かから一口貰うくらいで自分で1本食べたりはあんましてなくて、そのかわり、ハム汁マニアになってしまって毎回毎回、ハム焼き屋さんが出るとハム汁を食べているんですが、この日もハム汁を堪能。ちと油っこくて、汁の表面に油膜が張られた様態になって最後までアツアツのハム汁でした。北海道のラーメンな気分?んでも、正直、ハム自体が油っこいので、汁はあまり油っこくないほうが好きだったりするんですが。

お腹一杯になって満足したあとは、オフィシャルショップで買い物をしたり、新しいショップの配置を確認したりしておりました。ここで実はまだ今年一度もモツ煮を食べていないことに気がついたのですが、お腹が一杯だったので次回でいっかとあっさり断念。

この日、コンコースで一番人気だったのはキムカツサンドのようでした。限定1000個を売り切るんだからどんだけ凄かったかがわかるかと思います。こちらは、今後スタジアムの定番メニューになるようだったので、私自身は今回はスルーしたんですが、等々力のカツサンドとどっちが美味しいか?は近いうちに食べ比べてみないとなぁと思ったのでした。

そうこうしているうちにキックオフ。

試合終了後は、渋滞が凄そうだったのでしばらくコンコースで時間を潰してから帰路につきました。首都圏のクラブ相手だと酒々井SAが大量のアウェイサポで埋め尽くされるのがしんどかったりするわけですが、特にFC東京とマリノスの方々は、コーヒールンバの自販機の前を占拠されるのがどうにも。他の対戦カードなら、あっさり買えるものが、興味本位で大量に並ばれてしまったりでなかなか買えなくなってしまうのでした。自販機のメーカーに曲変えてくれーって言いたくなるくらい。ってのはさすがに大袈裟ですが。

とまあ去年と比べて大きく変わったことも無く過ごした開幕戦でした。

話は変わって。今日はなんかいろいろと買わないとなぁというものがあったので、コンビニで買い物をしてきたんですけれども、まずは、ゲータレード。Jリーグのベアブリックがついてくるということで、当然満男目当てだったんですけれども、なかなか見つからなくちと苦戦してしまいました。それでもなんとか購入。こういうのって、ホームタウンに住んでいると益々入手しずらいんじゃないかしら?なんて思ったりしたんですが、どうなんでしょうか?って私が住む街も他所のクラブのホームタウンなんですけれども、そのクラブのベアブリックは普通に残っていたので、あんま関係ないのかな?

続いては、サッカーマガジンとダイジェスト。敗戦後の号は滅多に買わないんですけれども、今週号はマガにトレカのプロモーションカードが、ダイにJFLの選手名鑑がついていたので、購入。マガのトレカをドキドキしながら開封したわけですが、紫なカードとちょっと紫なカードが2枚出て終わりでした・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ご挨拶 | サッカー・2005年J1 | サッカー・2005年J2 | サッカー・2005年天皇杯 | サッカー・2006年J1 | サッカー・2006年J2 | サッカー・2006年天皇杯 | サッカー・2007年J1 | サッカー・2007年J2 | サッカー・2007年天皇杯 | サッカー・2008年ACL | サッカー・2008年J1 | サッカー・2008年J2 | サッカー・2008年その他 | サッカー日本代表・2005年 | サッカー日本代表・2006年 | サッカー日本代表・2007年 | サッカー日本代表・2008年 | サッカー雑記・2005年 | サッカー雑記・2006年 | サッカー雑記・2007年 | ファンタジーサッカー | フジロックフェスティバル2005 | フジロックフェスティバル2007 | 大学サッカー・2005年 | 大学サッカー・2006年 | 大学サッカー・2007年 | 大学サッカー・2008年 | 川崎フロンターレ・2004年 | 川崎フロンターレ・2005年 | 川崎フロンターレ・2006年 | 川崎フロンターレ・2007年 | 横浜FC・2005年 | 横浜FC・2006年 | 横浜FC・2007年 | 横浜FC・2008年 | 高校&ユースサッカー・2004年 | 高校&ユースサッカー・2005年 | 高校&ユースサッカー・2006年 | 高校&ユースサッカー・2007年 | 高校&ユースサッカー・2008年 | 鹿島アントラーズ・2004年 | 鹿島アントラーズ・2005年 | 鹿島アントラーズ・2006年モブログ | 鹿島アントラーズ・2006年観戦記 | 鹿島アントラーズ・2006年試合展望 | 鹿島アントラーズ・2006年遠征記 | 鹿島アントラーズ・2006年雑記 | 鹿島アントラーズ・2007年モブログ | 鹿島アントラーズ・2007年観戦記 | 鹿島アントラーズ・2007年試合展望 | 鹿島アントラーズ・2007年雑記 | 鹿島アントラーズ・2008年観戦記 | 鹿島アントラーズ・2008年試合展望 | 鹿島アントラーズ・2008年雑記 | 鹿島アントラーズ・スタジアムグルメ